Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Epic Song In History.






 1982年に結成されたアメリカのエピック・メタル・バンド、メディーバル・スティール(Medieval Steel)のEP『Medieval Steel』(1984)から楽曲の一部を紹介。本作は、80年代のアメリカのエピック・メタル・シーンを代表するカルト的な名盤であり、バンドは解散後、伝説の存在となった。なお、バンドは2012年に再結成。現在はアンダーグラウンドのエピック・メタル・シーンを中心に活動を続けている。

Dungeon Tapes



Dark Castle




▼続きを読む

The Most Important Bands Of The NWOMEM.




Battleroar01

 2000年に結成されたギリシャを代表するエピック・メタル・バンド、バトルロア(Battleroar)の第4作『Blood of Legends』(2014)から楽曲の一部が公開。この"Poisoned Well"は、バンドの叙事詩的な世界観を視覚的に表現したビデオ・クリップが制作されており、欧州でどういうタイプのエピック・メタルのサウンドが、ファンたちに求められているのかが分かる。なお、本作でヴォーカルを務めているのは、セイクリッド・スティール(Sacred Steel)でも活躍するゲリット・ムツ(Gerrit Philipp Mutz)。

Battleroar-Blood of Legends





▼続きを読む

The Artistic Epic.




 1980年に結成されたイタリアのトスカーナ州ピオンビーノ出身のエピック/プログレッシブ・メタル・バンド、ダーク・クォテラー(Dark Quarterer)の第3作『War Tears』(1994)から楽曲の一部を紹介。この"Lady Scolopendra"は、バンドの代表曲であり、イタリアのエピック・メタル・シーンに残る名曲。

War Tears




▼続きを読む

The Epic Metal Warriors.




 1997年に結成されたドイツのエピック・パワー・メタル・バンド、セイクリッド・スティール(Sacred Steel)の第7作『Carnage Victory』(2009)から楽曲の一部が公開。この"Carnage Victory"は、バンドの姿を映した貴重なビデオ・クリップであり、アンダーグラウンド・シーンの一端を垣間見ることができる。

Carnage Victory




▼続きを読む

The Greece Epic Heavy Metal.






 1999年に結成されたギリシャのエピック・メタル・バンド、ダーク・ナイトメア(Dark Nightmare)の第3作『Tortured Souls』(2016)から楽曲の一部が公開。これらの楽曲は、まさにギリシャ産というべきオリエンタルなエピック・メタル。こういったバンドからは、現在のギリシャのエピック・メタル・シーンのレベルの高さを実感することができるだろう。

Tortured Souls




▼続きを読む

The 80s Epic Power Metal.






Omen1.jpg

 1983年に結成されたアメリカのエピック・メタル・バンド、オーメン(Omen)の第7作『Hammer Damage』(2016)から楽曲の一部が公開。このオーメンは、アメリカの典型的なアンダーグラウンドのエピック・メタル・バンドであり、その長いキャリアも含めて、一部でカルト的な人気を誇る。本作は、世界各地のエピック・メタルのファンたちが待望した内容であり、既にバンドの復活を温かく迎える声も多い。

Hammer Damage




▼続きを読む

The Greek Epic Doom Metal.








 2007年に結成されたギリシャのエピック・ドゥーム・メタル・バンド、ウィッシュドゥーム(Wishdoom)の第1作『Helepolis』(2011)から楽曲の一部が公開。本作は、ロバート・E・ハワードやギリシャ神話の世界観に影響を受けた、典型的なカルト・エピック・メタル。

Helepolis




▼続きを読む

The Epic Doom Return.




 1984年に結成されたスウェーデンのストックホルム出身のエピック・ドゥーム・メタル・バンド、キャンドルマス(Candlemass)の新曲「Death Thy Lover」(2016)が公開。この楽曲は、バンドの復活EP『Death Thy Lover』(2016)に収録され、世界各地のエピック・メタルのファンたちに衝撃を与えた。

Death Thy Lover




▼続きを読む

The Epic Metal Anthem.






 1977年に結成されたアメリカのカンザス州ウィチタ出身のエピック・メタル・バンド、マニラ・ロード(Manilla Road)の第3作『Crystal Logic』(1983)から楽曲の一部を紹介。この"Crystal Logic"は、エピック・メタル史に残る名曲。一方、"The Riddle Master"は、ロック・ミュージシャンやファンたちから特に人気が高い、マニラ・ロードのエピック・メタル・アンセム。こうした楽曲が収録されたマニラ・ロードの『Crystal Logic』は、今やエピック・メタルのクラシックである。

Crystal Logic




▼続きを読む

The NWOMEM Of Rising Star.




 1997年に結成されたキプロスのエピック・パワー・メタル・バンド、アラヤン・パス(Arrayan Path)の新曲「Gabriel is Rising」(2015)が公開。この楽曲は、バンドが第5作『Chronicles of Light』(2016)のプロモーションのために制作したビデオであり、ここでは、メンバーたちの貴重な映像を見ることができる。言うまでもなく、このアラヤン・パスは、2000年代後半のNWOMEMから登場したバンドの代表格である。

Chronicles Of Light




▼続きを読む

The Romantic Epic Songs.






 1993年に結成されたスペインのマドリード出身のシンフォニック・エピック・メタル・バンド、ダーク・ムーア(Dark Moor)の第10作『Project X』(2015)から楽曲の一部が公開。本作でも、ロマンティックなシンフォニック・エピック・メタルのサウンドは健在。

プロジェクト X(初回限定盤)(ボーナスディスク付)




▼続きを読む

The Symphonic Epic Metal.






 1993年に結成されたイタリアのシンフォニック・エピック・メタル・バンド、ラプソディー・オブ・ファイア(Rhapsody of Fire)の第10作『Into the Legend』(2016)から楽曲の一部が公開。本作は、ルカ・トゥリッリの脱退後、従来のエピックな作風に戻り、ファンタジックな世界観を追求した内容。

Into the Legend




▼続きを読む

The Pioneer Of Epic Doom Metal.






solsticeband2013_638.jpg

 1990年に結成されたイギリスのエピック・ドゥーム・メタル・バンド、ソルスティス(Solstice)のEP『Death's Crown Is Victory』(2013)から楽曲の一部が公開。かつてヨーロッパのアンダーグラウンド・シーンで、"エピック・ドゥーム・メタルのパイオニア"と呼ばれた勇壮なサウンドは健在。このバンドは、その音楽性で世界中から熱狂的な支持を集め、今なお数多くのロック・ミュージシャンやファンたちから評価され続けている。

New Dark Age



Lamentations




▼続きを読む

The Epic Metal Legend.






 1977年に結成されたアメリカのカンザス州ウィチタ出身のエピック・メタル・バンド、マニラ・ロード(Manilla Road)の第16作『The Blessed Curse』(2015)から楽曲の一部が公開。本作は、2枚組の豪華仕様で発表され、世界各地のアンダーグラウンド・シーンのファンたちを熱狂させたことも記憶に新しい。また、既に海外のファンたちの間では、この『The Blessed Curse』を傑作と呼ぶ声も多い。

The Blessed Curse/After the Mu




▼続きを読む

The New Hellenic Metal Band.






Wrathblade1.jpg

 2003年に結成され、ギリシャのアテネを拠点に活動するエピック・メタル・バンド、ラースブレイド(Wrathblade)の新曲が公開。この楽曲は、同郷のコンフィクシオン(Convixion)とのスプリット盤『Alive Aftershock』(2013)に収録。本作では、NWOMEMにおけるキリス・ウンゴルとマニラ・ロードの重要性を再確認することが可能だ。

Alive Aftershock




▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。