Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slaughter Prophecy



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2002
Reviews: 75%
Genre: Epic Power Metal


ドイツのエピック・パワー・メタル、セイクリッド・スティールの2002年発表の4th。


2002年、セイクリッド・スティールの第4作『Slaughter Prophecy』は、ドイツの「Massacre Records」から発表された。このバンドは、過去の作品の中で、ピュアなエピック・パワー・メタルの音楽性を追求し、それがアンダーグラウンド・シーンのマニアたちに注目された。セイクリッド・スティールの主なサウンドは、従来のジャーマン・メタルを基礎とした、メタリックでスピード感のあるエピック・メタルだった。これは同郷のウィザード(Wizard)やマジェスティ(Majesty)に接近した音楽性だった。

この『Slaughter Prophecy』という作品も、間違いなくセイクリッド・スティールが一部のファンたちに認められるべき内容を有していた。バンドの愚直な音楽性やヒロイックな側面は過去と殆ど同じであり、本作では高度なドラマ性も追求するなどの工夫も目立っていた。具体的には、冒頭の"The Immortal Curse"やアルバム・タイトル曲"Slaughter Prophecy"でヘヴィメタルの様式美を強調し、凡そ9分の大作"Invocation of the Nameless Ones"では、エピック・メタル的な大仰さを表現することに成功した。

こういったファンたちを決して裏切らない徹底した姿勢が、80年代から続くエピック・メタルのアンダーグラウンド・シーンで生き残る王道の手段だった。この方法論は、既にドイツのランニング・ワイルド(Running Wild)が実践し、多くのファンを獲得できる結果を導き出していた。しかし、セイクリッド・スティールの現代のロック・シーンを完全に無視した音楽的な方向性を見る限り、バンドはエピック・メタル的な信念を貫いているだけだった。



1. The Immortal Curse
2. Slaughter Prophecy
3. Sacred Bloody Steel
4. The Rites of Sacrifice
5. Raise the Metal Fist
6. Pagan Heart
7. Faces of the Antichrist
8. Lay Me to My Grave
9. Crush the Holy, Save the Damned
10. Let the Witches Burn
11. Invocation of the Nameless Ones



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/980-bd599b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。