Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Bloodlust



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2000
Reviews: 76%
Genre: Epic Power Metal


ドイツのエピック・パワー・メタル、セイクリッド・スティールの2000年発表の3rd。


クラシックなエピック・メタルの音楽のスタイルを踏襲し、そこにドイツ的な攻撃性を加えたセイクリッド・スティールの作品は、アンダーグラウンド・シーンのマニアたちにとって、最も分かり易いサウンドを有していた。そのため、過去の『Reborn in Steel』(1997)や『Wargods of Metal』(1998)などの作品も、一部からは高い支持を獲得したのだった。しかし、この手のエピック・メタル・バンドが必ず持っているヴォーカル面での力量不足が残る限り、セイクリッド・スティールがその先に進めないのは事実だった。

2000年、セイクリッド・スティールの第3作『Bloodlust』は、再び「Metal Blade Records」から発表された。この作品は、過去の音楽性の無駄な部分を削ぎ落とし、更にシンプルにした内容だった。メタリックなギター・リフを前面に押し出した作風は以前のものだったが、そこに重厚感も加わったのが本作の特徴だった。
また、セイクリッド・スティールは、『Bloodlust』から雄々しいコーラス・パートを頻繁に楽曲に導入するようになり、時にはメロディアスなフレーズでマニアたちの耳を刺激した。しかし、肝心のヴォーカルが全く上手くなっていない点に関しては、他のアメリカやヨーロッパのエピック・メタル・バンドと同じように、セイクリッド・スティールもアンダーグラウンド・シーンから抜け出す道を模索していなかった。こういったバンドたちは、一部の熱狂的なマニアたちのために演奏しており、または自らが追求する世界観を完成させることにのみ、全力を尽くしているのだった。

なお、この『Bloodlust』は、世界各地のエピック・メタルのファンたちから高く評価され、アンダーグラウンド・シーンにおいて、セイクリッド・スティールの名前は更に有名となった。この音楽シーンの特徴は、一途なサウンドを演奏し続けることで、そこに真面目なファンたちが集まってくることだった。ヘヴィメタルのファンたちは、バンドの進化や変化には極めて敏感だった。



1. Stormhammer
2. The Oath of Blood
3. By the Wrath of the Unborn
4. Blood on My Steel
5. Metal Is War
6. Sacred Warriors of Steel
7. Dark Forces Lead Me to the Brimstone Gate
8. Master of Thy Fate
9. Lust for Blood
10. Throne of Metal



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/975-2f6c87b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック