Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gathered Around The Oaken Table

Mithotyn the 3rd album in 1999 Release
★★★★★★★★★☆...(名盤)
"ヴァイキングメタルの王"ミソティンの3rdアルバム。1999年発表。誠に残念ながら、今作を最後に彼らは解散する。

1st、2ndとヴァイキングメタルの金字塔的名盤をリリースしてきた彼らであるが、アルバムを重ねるごとにそのヴァイキングサウンドは洗礼されていった。そして3rdに当たる今作においても完成度、洗礼度は更に飛躍的に向上している。いや、過去最高に安定感のあるアルバムではないだろうか。初期の強烈なアンダーグラウンド臭などもはやほとんど皆無である。マニアでなくとも十分聞ける。それに代表されるように#1の重厚かつメタリックなサウンドからは正統派への傾向も幾分か見られるのである。なんと#11においてはデス声を使わずにクリーンヴォイスで歌い上げている。デス/ブラックから正統派スタイルへとシフトした、とも考えられようが激烈な疾走感は強烈に維持されている。もちろん彼らの代名詞であるケルト音階によるコード進行も大仰に見られる。今作は1stのようになりふり構わずメロディをまき散らすというのではなく、曲構成、ドラマ性を考慮して最も劇的な部分に配置されている、というのがポイントだろう。初期の彼らなら不可能であった洗礼度を極め中世ゲルマン騎士の如き高潔なメロディを紡ぐ#4においては歴史的名曲といっても過言ではない。楽曲全体に整合性があるといえる。また先ほど挙げた#4に代表されるように、土着的な戦士の世界観は元より中世の騎士のような気品のある雰囲気も漂うのには大きな飛躍だといえる。例えるなら、辺境ヴァイキング戦士からノルウェー貴族への成り上がりである(笑)私はヴァイキングメタルの王たるミソティンに思いを巡らす。彼らが極めたギターメロディの哀愁漂う民謡旋律に勇壮な疾走感が加わるスタイルはメロディック・ヴァイキングの基本形となった。今から約1千年も前もの昔、中世英雄時代に偉大な武勇を打ち立てたヴァイキングの英雄達のように、今度は彼らが偉業を成し遂げたのである。ミソティン亡き後も多くのヴァイキングメタルバンドがこのスタイルを継承していく。その代表的な例がエンシフェルムである。このように古い時代の伝統的な精神性、文化は受け継がれていくものだ。願わくば、この自論が私の誇大妄想でないことを祈ろう。



1. Lord of Ironhand
かつて強大な王座に座し独裁と暴政で人々を支配した残虐な王がいた。彼はIronhandと呼ばれ恐れられたという。強力かつ豪傑なリフが民族調メロディを加味され疾走する、最高のオープニング曲だといえるだろう。また、リフに絡む幻想的な笛の音色も、ヴァイキングメタルの教科書のようなものだ。
2. Watchmen of the wild
北欧の陰気な森の洞窟の森に住まうとされるトロルについての曲。
3. In the clash of arms
重量感と勇壮なメロディで魂を高揚させるヴァイキング曲。男臭いコーラスの勇ましさは最高だ。
4. Hearts of stone
後半より奏でられる高潔極まりない北欧民族騎士の旋律がとてつもないスケールと幻想的魅惑をまき散らす歴史的名曲。今勇名を馳せるエンシフェルムもこの高潔なメロディを踏襲していることは明らかだろう。
5. The well of Mimir
ユグドラシルの根元にあると伝えられる二つの泉のうちの一つ、それがミミールの泉である。神でさえ求めるその泉には究極の知恵が宿っているのだ。
6. Chariot of power
7. Nocturnal riders
8. The guardian
守護者とはビフロストを守る番人、神話に歌われるヘイムダールのことである。アコースティックギターの悲哀を帯びた美しい旋律に始まり、メタルパートへと流れてそれを受け継ぐような泣きのギターが紡がれる箇所には酔うこと必死である。重厚なハーモニーが非常にしっとりと聴かせる曲だ。
9. Imprisoned
10. Guided by history
11. The old rover
野太く勇敢な漢の歌声で歌われ、北欧の雪ではなく緑に覆われた雄大な大地を思わせるバラード調の名曲。雄大な歌のメロディラインには胸を打たれる。サビの力強く、スケール感に満ちた熱唱においては感動的ですらある。これが彼らヴァイキングが生き抜いてきた土地なのだろう。

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/96-593504fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。