Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Terra Incognita



Country: Cyprus
Type: Full-length
Release: 2010
Reviews: 79%
Genre: Epic Power Metal


キプロス出身のエピック・パワー・メタル、アーヤン・パスの2010年発表の2nd。


アメリカ発祥のエピック・メタルの音楽のスタイルが、時代を超えて、ヨーロッパ諸国に伝わったことは以前に語った。ヨーロッパではイタリアやギリシャを拠点として、新しいエピック・メタルの世界が築かれていた。2000年代に入ったイタリアでは、エピック・メタルのファンたちにとって、既に見逃せない動きが幾つもあった。

2004年に第一作『Road to Macedonia』を発表したアーヤン・パスは、キプロス出身というルーツを活かして、古代ギリシャの世界をモチーフとした、劇的なエピック・メタルを作り上げていた。ニコラス・レプトス(Nicholas Leptos、vo)という強力なヴォーカリストによって支えられたバンドは、2010年にようやく第2作『Terra Incognita』を発表することができた。この作品はキプロスの「Pitch Black Records」から配給され、アーヤン・パスが前作よりも遥かに進化した存在だということをアンダーグラウンド・シーンに証明した。

前作から続く叙事詩的な音世界は、この『Terra Incognita』で更に強調されている。ギリシャ神話の後にバンドが題材としたのは、悠久の太古のエジプト神話であり、そこにアラビアやアジアに共通するエッセンスを見出すのは容易なことだった。『Terra Incognita』では強烈無比なギター・サウンドが表現されており、中東風のメロディが叙事詩的な世界観を彩っている。このアルバムのジャンルは一般的にはエピック・パワー・メタルだが、ファンの感性によっては、プログレッシブ・メタルの雰囲気を感じることも可能だった。この時点で、バンドには大きな可能性があった。本作には、サンボイゼン(Sanvoisen)のヴァゲリス・マラニス(Vagelis Maranis)がゲスト参加。サウンド面に大きな影響を残している。



1. Cassiopeia
2. Molon Lave
3. Terra Incognita
4. Open Season
5. Ishtar
6. The Blood Remains on the Believer
7. Elegy
8. Angel with No Destination
9. Minas Tirith
10. The Mind



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/772-67c25bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック