Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Quarterer


Country: Italy
Type: Full-length
Release: 1987
Reviews: 85%
Genre: Epic/Progressive Metal


イタリアン・エピック・メタルの始祖、ダーク・クォテラーの1987年発表の1st。




バンドの歴史は1974年から始まった。オメガ・エレ(Omega R、Omega Erre)と名付けられたバンドは、1980年まで活動を続けた。この頃はディープパープル、ブラック・サバス、シン・リジィ、レッド・ツェッペリン、ユーライア・ヒープ、ジェスロ・タル、クリームなどのカヴァーを演奏するのが主な仕事だった。バンドのミュージシャンたちはそこで演奏技術を磨いていった。やがて、トスカーナ州のピオンビーノという町で、オメガ・エレは新しい名前を得ることとなった。バンドの友人だった導師ドゥッチョ・マルチ(Duccio Marchi)は、数多くの古代の言語を知っていた。そして、バンドにダーク・クォテラー(Dark Quarterer)という名前を与えたのだった。"Quarterer"は牛を屠殺するという意味を持つ、古い時代の言葉だった。これが1980年の出来事だった。この後、バンドはプログレッシブなサウンドに焦点を合わせ、より具体的な音楽のスタイルを追及するようになっていった。



70年代のプログレッシブ・ロックとブラック・サバス、アイアン・メイデンなどに影響を受けたダーク・クォテラーは、1985年に『Demo』を制作した。バンドはマノウォーに代表される初期エピック・メタルの音楽性にも影響を受けており、これが70年代のアート・ロックと融合していくのは自然な流れだった。同年、ダーク・クォテラーは『Rockerilla』誌で非常に高いレビューを受け、9曲のデモ音源をレコーディングした。『Rockerilla』誌はダーク・クォテラーの音楽のスタイルを指して、エピック/プログレッシブ(epic/progressive)と表現した。加えて、この新しいサブ・ジャンルの創始者が、間違いなくダーク・クォテラーであることも強調した。言葉の通り、エピック/プログレッシブというロック音楽のサブ・ジャンルは、叙事詩的で壮大なサウンドを一つにまとめたものだった。アメリカのキリス・ウンゴルやスローター・エクストロイス、同国のアドラメレクなどがこのジャンルに含まれていた。



1987年、「Label Service」によって、デモ音源の6曲を含むダーク・クォテラーの最初の作品が発表された。ジャンニ・ネピ(Gianni Nepi、vo、b)、フルベルト・セレナ(Fulberto Serena、g)、パウロ・ニンチ(Paulo Ninci、d)がこの時のバンドのメンバーだった。叙事詩的な『Dark Quarterer』は、イタリアでエピック・ヘヴィ・ロックが拡大する最初のきっかけを作った。"Gates of Hell"と"Dark Quarterer"はバンドの代表曲となった。音質が悪いのが『Dark Quarterer』の欠点だったが、当時はどのバンドも似たようなものだった。それよりも、叙事詩的な音楽のスタイルが、ヨーロッパ圏で再興したという話題の方が、ロック音楽のファンには価値のある事実だった。後にダーク・クォテラーは80年代のイタリアン・エピック・メタル・シーンを象徴する存在となった。



1. Red Hot Gloves
2. Colossus of Argil
3. Gates of Hell
4. The Ambush
5. The Entity
6. Dark Quarterer



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/719-64eab385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。