Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Atavism



Country: United States
Type: Full-length
Release: 2005
Reviews: 89%
Genre: Epic Power Metal


アメリカのペンシルベニア州出身のベテラン・エピック・パワー・メタル、スルー・フェグの2005年発表の5th。


『METAL EPIC』誌より抜粋:

第5作『Atavism』の発表後、バンドはザ・ロード・ウィアード・スルー・フェグ(THE LORD WEIRD SLOUGH FEG)という正式名称をスルー・フェグ(SLOUGH FEG)へと短縮。これが心機一転を図るものであるかどうか、本作『Atavism』はスルー・フェグのキャリアにおいて極めて重要な意味を持つ作品となった。以前の作品以上にシン・リジィ(THIN LIZZY)の影響を強めた作風である本作は、傑作『Down Among the Deadmen』(2000)を上回る完成度でリスナーを圧倒し、シンプルながらも情報量の多い洗練されたエピック・パワー・メタルを聴かせる。イントロダクションに続く"I Will Kill You / You Will Die"では強烈なギターソロを披露し、完璧な名曲"Hiberno-Latin Invasion"が高いテンションを維持する。タイトル・トラックでもある"Atavism"は本作の最後を飾る"Atavism II"のイントロダクション的な楽曲であり、従来のフォーキーな要素をミステリアスに絡めてムードを高めていく。そのフォークの要素は後半の"Man Out of Time"でも顔を覗かせ、スルー・フェグが一辺倒のエピック・パワー・メタル・バンドではないことをアピールする。『Atavism』の終盤の展開はこれまでで最高のもので、劇的なフレーズ満載の"Agony Slalom"、そしてスルー・フェグ最大の名曲といっても過言ではない"Atavism II"が、興奮と余韻の覚めやらぬうちに本作に幕を下ろす。間違いない。これはスルー・フェグの最高傑作だ。



1. Robustus
イントロダクション。
2. I Will Kill You / You Will Die
洗練されたサウンドを聴かせる佳曲。スルー・フェグの過去の内容が凝縮されたかのような印象も受ける。ギターソロは依然として劇的。
3. Portcullis
エピカルなリフを刻むインストゥルメンタル。
4. Hiberno-Latin Invasion
これまでに追求してきたメロディックな世界観を更に煮詰めた内容。扇情力の高いメロディの使用は完璧なまでの軌道を描く。本作を代表する名曲。
5. Climax of a Generation
インストゥルメンタル。
6. Atavism
"Atavism II"へと続くそのイントロダクション。フォークの要素で怪しげに雰囲気を高めていく。
7. Eumaeus the Swineherd
ミドル・テンポの中でドラマティックなフレーズを連発する楽曲。
8. Curse of Athena
9. Agnostic Grunt
テンションの高い小曲。ギターリフを駆使したメロディックな疾走をする。
10. High Season V
過去の作品に収録されたシリーズの関連曲。およそ1分の小曲。
11. Starport Blues
12. Man Out of Time
変則的なヘヴィメタルの代名詞。フォーキーな要素も絡めて圧倒的なクオリティを放つ。
13. Agony Slalom
大仰な雰囲気を宿す盛大な楽曲。終始劇的なツイン・リードに彩られる隙がない内容。
14. Atavism II
タイトル・トラックの続編。スルー・フェグの新たなアンセムともなる強力な名曲。メロディック・メタル、エピック・パワー・メタルのすべての利点が集合した内容といっても過言ではない。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/571-87a2cb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック