Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピック・メタルの父(The Father of Epic Metal)


著者:Cosman Bradley
翻訳:METAL EPIC


 以下は以前コスマン・ブラッドリー博士が書いた文章を『METAL EPIC』誌が新たに編集し直したものだ。ここではロバート・E・ハワードとエピック・メタルの関係性についての研究の成果が記されている。

作家の生涯
Robert_E_Howard 1906年、アメリカのテキサス州ピースターにて、父アイザック・モルデカイとアイルランド人の血を引く母へスター・ジェイン・アーヴィンの間に子供が生まれた。男の子は、ロバート・アーヴィン・ハワード(Robert Ervin Howard)と名付けられ、両親たちから大事に育てられた。
 当時、ハワード一家はテキサス州を転々とする生活を送っていた。ハワードが8歳を迎える頃には、既に7回の移住を体験した。この頃、ハワードは母親から民話や詩について学び、幼いながらも読書に熱中した。
 9歳(10歳)の時、ハワードは初めて小説を書いた。最初の小説は、北欧の英雄叙事詩ベオウルフを題材としたものだった。活発な少年は、北欧の神話や英雄叙事詩などに魅了されて育った。
 1919年、ハワード一家はテキサスのクロス・プレインズに引っ越した。13歳のハワードは、クロス・プレインズ・ハイスクールに入学し、当時のテキサス州の石油ブームを直に経験した。この石油ブームが、若いハワードの心情に大きな衝撃を与え、一夜にして文明の興亡が起こり得ることを学ばせたのだった。
 15歳の時、ハワードは地元で出会った冒険小説総合パルプ雑誌『アドヴェンチャー』に魅了され、本誌に投稿する意味も兼ねて、本格的な創作活動を始めた。同誌の人気作家だったハロルド・ラムとタルボット・マンディは、当時のハワードに大きな影響を与えた人物だった。
 16歳の時、ブラウンウッド・ハイスクールに進学したハワードは、幸運にも最初の友人たちと出会った。トルエット・ヴィンスンとクライド・スミスとは、文学について多くのことを語り合う仲となった。また、この頃には、ハワードの作品が始めて学内誌『タットラー』に入選して活字となった。
 1923年、17歳のハワードは、ブラウンウッド・ハイスクールを無事卒業するも就職後に失業。ハワード・ペイン・ビジネス・スクールにて学業に戻り、下宿生活で新たな友人のリンジー・タイスンと出会った。リンジー・タイスンの影響で、ハワードはひ弱な体を変えるためにボクシング、乗馬、ボディビルに打ち込み、その結果、強靭な肉体を手にした。
 しかし、実際のハワードは、鍛える以前から既に大柄であり、決してひ弱ではなかった。当時のハワードのあだ名は、“二丁拳銃のボブ”だった。また、1923年には、幻想怪奇パルプ雑誌『ウィアード・テイルズ』が創刊された。
 18歳の時、ハワードは本格的に作家活動に没頭するために、ハワード・ペイン・ビジネス・スクールを中退した。しかし、本人の想像以上に投稿が上手くいかず、収入を得るために行った様々なバイト生活の果てに、ハワード・ペイン・ビジネス・スクールに再入学する結果となった。この時、ハワードは父親との間に、作家としての“ある約束”を交わした。
 1925年、ハワードが19歳の時、念願の『ウィアード・テイル』誌に短編小説『Spear And Fang』が始めて採用された。これをきっかけとして、ハワードは本格的な作家デビューを果たした。
 1927年、ハワード・ペイン・ビジネス・スクールを無事卒業したハワードは、クロス・プレインズに帰り、直に新たな小説の執筆に励んだ。この時期に書いた小説が『影の王国』(The Shadow Kingdom, 1929)であり、〈キング・カル〉シリーズの第1作目となった。本作は後に『ウィアード・テイルズ』誌の編集長ライトに絶賛され、凡そ100ドルの稿料の値が付いた。
 1928年、ハワードの創作と投稿は続き、〈ソロモン・ケイン〉(Solomon Kane)シリーズの第1作目となる『赤き影』(Red Shadows)が『ウィアード・テイルズ』誌に掲載された。この時、『アーゴシー』誌はハワードの作品に消極的な態度を示し、『赤き影』を送り返してきたが、『ウィアード・テイルズ』誌の反応は好意的なものだった。この成功を皮切りとして、ハワードは小説のジャンルで次々と成功を収めていった。
 1929年、〈ブラン・マク・モーン〉や〈レッド・ソニア〉(Red Sonja)などの魅力的なキャラクターたちを生み出したハワードは、別ジャンルでも成功するきっかけを作った。『ファイト・ストーリーズ』誌で連載していたボクシング小説〈スティーヴ・コスティガン〉(Sailor Steve Costigan)シリーズが、読者たちから高い支持を獲得したのだった。
 1931年、ハワードの下を悲劇が襲った。大恐慌時代の波が押し寄せ、銀行の預金を全て失ったのだった。この時期、人気を博していたはずの『ファイト・ストーリーズ』誌も休刊に追い込まれ、ハワードは必然的に、唯一残された『ウィアード・テイルズ』誌に投稿を絞る形となった。
 1932年、休暇中のハワードに最大の転機が訪れた。フレデリクスバーグ近郊の丘陵地帯で着想を得た新たな国家のイメージが、ハワードに強烈な物語のヒントを与えたのだった。直にハワードは、“By This Axe I Rule!”という小説を大幅に改変し、その勢いで『不死鳥の剣』(The Phoenix On The Sword)を完成させた。これが後の代表作〈コナン〉シリーズの第1作目となり、『ウィアード・テイルズ』誌で大きな人気を博すこととなった。
 その後、ハワードは破竹の勢いで〈コナン〉シリーズの続編を執筆した。そして、1933年までの間に8篇の小説を完成させた。このキンメリア出身の野蛮人コナンの活躍を描いた英雄冒険譚は、「ヒロイック・ファンタジー」という新たな小説のジャンルの確立を決定付けた。これは後に、フリッツ・ライバーによって「剣と魔法の物語」と呼ばれるサブ・ジャンルの原型だった。最終的に〈コナン〉シリーズは、完成した全21篇が『ウィアード・テイルズ』誌に発表された。
 1933年、ハワードは小説の枠を更に増やすためにエージェントを雇い、オーティス・アデルバート・クラインと正式な契約を結んだ。オーティス・アデルバート・クラインはハワードに様々なジャンルの小説の執筆を勧め、ウエスタンで新たな可能性が拓けた。
 1934年、『アクション・ストーリーズ』誌の3・4月号に掲載された〈ブレッキンリッジ・エルキンズ〉(Breckinridge Elkins)シリーズが、読者たちから高い支持を集めた。この〈ブレッキンリッジ・エルキンズ〉シリーズは、ハワードの代表的なウエスタン小説として人気を博した。
 1935年、徐々にハワードは、病気を繰り返す母親の看病に追われる生活となった。母親の看病のために、小説を執筆する時間は大きく削られていった。家族の強い愛情を受けて育ったハワードは、癌に冒されていく母親の姿を見て、次第に自らも精神を病んでいった。この頃から、親しかった友人たちは、頻繁に自殺の話をするハワードを目撃するようになっていった。
 1936年、ハワードは看病中の母へスターの病状が著しく悪化していく姿に苦しみ抜いた末、タイプライターにアーネスト・ダウソンの詞を打ち込み、自宅の車の中で最期を迎えた。友人リンジー・タイスンから借りたコルト三八口径自動拳銃の銃声一発が周囲に反響し、ハワードは自らの筆跡でその生涯に幕を引いた──「私には老人の死が、若者の死以上の悲劇に思えてならない」これは生前のハワードがよく語っていた言葉だった。
 ハワードの死後、多くの作家たちが悲しみに暮れ、事件の真相を求めた。研究の末、ハワードがタイプライターにアーネスト・ダウソンの詞を打ち込んだという定説は、間違であることが発覚した。これはハワードが自ら打ち込んだのではなく、持ち歩いていたヴィオラ・ガーヴィンの“House Of Caesar”からの引用句が、「財布の中に発見された」という真実だった。発見されたヴィオラ・ガーヴィンの詞は、“すべては去りぬ。すべては終わりぬ。ゆえにわれを火葬の薪に載せよ。饗宴は終わりを告げ、灯は消ゆる”というものだった。
 これまでにハワードが発表した作品は数知れず、主に幻想怪奇や秘境冒険譚(これらは剣と魔法の融合と呼ばれた)、ボクシング、後年はウェスタンやSF、ミステリーなどの豊富なジャンルの小説を執筆した。一般的に、後年のハワードは、母親の看病のために筆を折ったという話があるが、生前の執筆力は凄まじく、未完も含めて凡そ400篇の作品が現代に残された。
 ハワードは歴史や考古学に対する知識が深く、有史以前の古代や秘境を舞台としたり、時には自ら架空史を生み出した。また、生前のハワードの壮絶の生き様は、彼と2年間恋仲だったノーヴェリン・プライス・エリスとの恋愛ドラマを描いた映画『草の上の月』(The Whole Wide World, 1996)にも見ることができた。

>>To be continued in:The Father of Epic Metal:Next...


*この記事は『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史2』に収録されました。

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史2



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/523-9c1f753e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。