Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anthology



Country: United States
Type: Compilation
Release: 1997
Reviews: 70%
Genre: Epic Metal


マノウォーの1997年発表のベスト。


本作は"ヘヴィメタル史上最悪のアルバム・カヴァー"と称された経歴を持つマノウォーの伝説のベスト・アルバムである。アルバム・ジャケットに披露されている強烈にハワードの『コナン』を意識した各メンバーの強靭な裸体は、それらのファン以外からは痛烈な批判を受けることとなった。マノウォーの熱狂的な信者以外には、これらがゲイの取る行動に思えたようである。無論、強烈なインパクトを視覚的に与えるアルバム・ジャケットと内容の差異は殆どない。これらの肉体的な主張が外見のみのイメージであるならば一般大衆から嘲笑されるのも無理はないが、我々はマノウォーの剛直な楽曲を聴いた後、果たして同じ意見を述べることが出来るであろうか。

本作に収録されている楽曲は主に第一作『Battle Hymns』(1982)、第4作『Sign Of The Hammer』(1984)、第5作『Fighting The World』(1987)、第6作『Kings Of Metal』(1988)、第7作『Triumph Of Steel』(1992)から選曲されており、レーベル側の問題が生じたために第2作『Into Glory Ride』(1983)、第3作『Hail To England』(1984)からの選曲はない。本作の選曲は必ずしもマノウォーのベスト盤と大仰に形容することはできず、要所で重要な名曲が抜け落ちている。マノウォーの初心者には良い内容かも知れないが、長年慣れ親しんでいるファンにとっては不満が残る内容であろう。我々の想像するマノウォーは更に劇的でヒロイックであるし、作品の構成にも非常に気を使うバンドだ。本作を契機にマノウォーの勇壮な世界観を理解できれば良いが、これが単にレコード会社の金儲けのために取られた措置であるならば、それは極めて悪質な行為だ。悲しいかな、これまでにヘヴィメタル界では似たようなベスト盤が山ほど発表されているのが現状である。



1. Manowar
第一作『Battle Hymns』(1982)から収録。ファンにはお馴染みの名曲である。
2. Metal Daze
第一作『Battle Hymns』(1982)から収録。
3. Fast Taker
第一作『Battle Hymns』(1982)から収録。
4. Battle Hymns
第一作『Battle Hymns』(1982)から収録。マノウォーの劇的かつヒロイックな音楽性を主張する名曲中の名曲である。
5. All Men Play On 10
第4作『Sign Of The Hammer』(1984)から収録。
6. Sign Of The Hammer
第4作『Sign Of The Hammer』(1984)から収録。ドラマティックなサビが印象的な勇壮なエピック・ナンバー。楽曲がリマスターされているのは嬉しいが、名作『Sign Of The Hammer』 からの選曲が二曲のみというのは痛い。
7. Fighting The World
第5作『Fighting The World』(1987)から収録。アメリカン・ロックンロール的な作風に回帰した本作では一部のファンから批判を受けた。タイトル・トラックである"Fighting The World"は悪い楽曲ではない。
8. Blow Your Speakers
第5作『Fighting The World』(1987)から収録。
9. Heart Of Steel
第6作『Kings Of Metal』(1988)から収録。マノウォーのもう一つの名作である『Kings Of Metal』からこの名バラードが選曲されるのは当然のことであろう。
10. Blood Of The Kings
第6作『Kings Of Metal』(1988)から収録。本作の最後に収録されたワイルドなエピックメタルの傑作であり、要所に過去の歌詞が再登場する。雄々しいエピローグも健在だ。
11. Violence And Bloodshed
第5作『Fighting The World』(1987)から収録。
12. Wheels Of Fire
第6作『Kings Of Metal』(1988)から収録。スラッシュメタルを意識したスピーディなナンバーである。
13. Metal Warriors
第7作『Triumph Of Steel』(1992)から収録。シングル・カットもされたヘヴィかつメタリックなメタル・アンセム。
14. The Demon's Whip
第7作『Triumph Of Steel』(1992)から収録。第7作から何故この楽曲が『Anthology』 の最後に選曲されているのかは未だに謎だ。マノウォーなら絶対にこのような中途半端な構成にはしないと考えられる。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/449-b29d4354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。