Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




フォーゴトゥン・テイルズ


Country: Germany
Type: Compilation
Release: 1996
Reviews: 80%
Genre: Epic Power Metal


ブラインド・ガーディアンの1996年発表の企画盤。

本作『The Forgotten Tales』はそのアルバム・タイトルが示す通り、ブラインド・ガーディアンの忘れられたルーツを網羅した作品である。ブラインド・ガーディアンの音楽的ルーツがメロディック・パワーメタルのみに属していないことは、既に『Somewhere Far Beyond』(1992)から顕著となった。本作にはこれまでの作品には収録されなかった過去の楽曲のアコースティック・ヴァージョンやカヴァー曲が収録されており、どれもブラインド・ガーディアンらしい魅力を十分に備えている。ブラインド・ガーディアンの熱心なファンであるならば本作が持つ重要性はよく分かるであろう──なぜなら、本作には中世音楽のトラディショナルな要素があるからだ。
企画盤であるこの『The Forgotten Tales』にヘヴィメタルの要素は殆ど登場しない。しかしアンドレアス・マーシャルの幻想的なカヴァー・アートワークに惹かれた者であるならば、本作に宿った遠い昔の音楽に酔いしれることが出来るであろう。"亡者の守護神"は意味深な素振りで我々をファンタジー文学の世界へと手招きしている。現実での葛藤から簡単に脱却する方法がここにはあるが、我々は帰ることを忘れてはならない。
なお本作は2007年の再発の際に新たにボーナストラック3曲が追加収録された。楽曲はそれぞれディープ・パープルのカヴァー#14"Hallelujah"、ジューダス・プリーストのカヴァー#15"Beyond the Realms of Death"、ディオのカヴァー#16"Don't Talk to Strangers"である。



1. Mr. Sandman
1995年のシングルに収録された楽曲であり、ザ・コーデッツのカヴァー。
2. Surfin' USA
世界的にも有名なザ・ビーチ・ボーイズのカヴァー。
3. Bright Eyes
第5作『Imaginations From The Other Side』収録曲のアコースティック・ヴァージョン。アレンジには中世音楽の影響が顕著に表れている。ブラインド・ガーディアンのアコースティック楽器の使い方は非常に上手い。
4. Lord Of The Rings
第3作『Tales from The Twilight World』収録の名曲のリメイク。ハンズィ・キアシュは始め、思うように本曲を再現できていなかったと語っている。しかしこの完成品を聴けば、誰もがあの『指輪物語』の世界にトリップすることであろう。
5. The Wizard
魔術師について歌ったユーライア・ヒープのカヴァー。『Imaginations From The Other Side』の日本盤ボーナストラックとしても収録されている。
6. Spread Your Wings
クイーンのカヴァー。オペラティックなロックで世界中に影響を与えたクイーンは、当然の如くブラインド・ガーディアンにとっても重要なバンドだ。
7. Moudred's Song
第5作『Imaginations From The Other Side』収録曲のアコースティック・ヴァージョン。「アーサー王物語」のモードレッドについて歌った名曲であり、アコースティック・アレンジで中世の英雄音楽として生まれ変わった。弦楽器の生み出す高潔なドラマ性には驚くものがある。
8. Black Chamber
第4作『Somewhere Far Beyond』収録の小曲のリメイク。ピアノによるドラマティックな内容である。
9. The Bard's Song
第4作『Somewhere Far Beyond』収録の名曲のライヴ・ヴァージョン。本曲ではブラインド・ガーディアンとファンとの間で行われる合唱による駆け引きが楽しめる。
10. Barbara Ann/Long Tall Sally
第2作『Follow the Blind』収録のカヴァー曲。
11. A Past And Future Secret
第5作『Imaginations From The Other Side』収録曲のバラード。アーサー王の物語を魔術師マーリンが語るこの楽曲は、ブラインド・ガーディアンが生み出した最高のバラードの一つに数えられる。
12. To France
マイク・オールドフィールドのカヴァー。中世時代の民謡の雰囲気が漂う、郷愁に満ちたナンバーである。
13. Theater Of Pain
第4作『Somewhere Far Beyond』収録の楽曲のインストゥルメンタル・ヴァージョン。本作に幕を下ろすファンタジックなエピローグだ。終盤までのドラマティックな展開は企画盤としてのクオリティではない。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/435-b9579479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック