Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Kings of Dreams



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2003
Reviews: 78%
Genre: Epic Power Metal


ドイツのエピック・パワー・メタル、ソレムニティの2003年発表の2nd。


エピックメタルにとって明るいドイツの土地で純粋培養されたソレムニティのサウンドは、恐らく酷く薄暗い地下で一部のマニアによって絶賛された。第一作『Reign In Hell』(2001)は音楽市場に安心して出荷できる基本水準に達してはいなかったものの、ソレムニティの目標とする幻想的な世界観の限りない魅力は捨て難かった。

第2作『Kings of Dreams』でも強烈に古い時代のヒロイック・ファンタジーを彷彿とさせるソレムニティのアルバム・ジャケットは、本作の内容と全く異なっていない故にマニアは安心して手を出せる。前作で披露されたスピーディなサウンドはそのままに、より重厚感とヒロイックなメロディを研ぎ澄ました本作は、ソレムニティの追求するファンタジックな世界により接近した作品と言って良いであろう。
未だにソレムニティが地下の薄暗いサウンドから脱することはないが、このように継続して、また一貫性を持って作品を作る様には敬服する。男に信念が必要なように、エピックメタルには揺るぎない志が必要である。



1. Fire In Mainstreamland (Open Fire Part II)
ヒロイックなメロディがヘヴィに展開されるエピックメタル。スピード感に溢れ、コーラスは無骨ながらも勇壮に聴かせる。
2. Kill The Majesty
ヘヴィかつメタリックなリフで攻め入る正統派ナンバー。サビのメロディは以外にもキャッチーである。
3. The Ninth Gate
哀愁のあるメロディを奏でるダイナミックなエピックメタル。楽曲にはヒロイック・ファンタジー特有の妖艶な雰囲気が漂う。戦士的なシンガロング・パートも配し、仕上がりは非常にドラマティック。
4. King Of Dreams
幻想的なイントロダクションから始まりスピーディに展開していく大作。シリアスなリフは高いドラマ性を醸し出しているが、不安定なヴォーカルが完成度を著しく低下させている。中間部には静のパートも盛り込む。
5. Vampire´s Dance
9分に及ぶ大作。ヘヴィかつダークなヒロイズムに溢れた楽曲であり、ソレムニティが目標とする世界観を惜しみなく表現する。なおイタリアの伝説的なカルト・ホラーメタルバンド、デスエスエス(DEATH SS)のヴォーカルSteve Sylvesterをゲストに迎えている。これは余りにも斬新なコラボである。
6. Spirits Of The Dead
マニラ・ロードのカヴァー。カヴァーの選曲もエピックメタルバンドらしい。
7. In Dubio Pro Sathanas
バーバリックなリフで暴れ狂う楽曲。これはアルバム・ジャケットのままの世界観である。
8. Heart Of A Raven
重厚な大作。作りは荒いが、ソレムニティの持つヒロイックな手法のすべてを結集させている。しかし、それでもなお世界的なヘヴィメタルバンドとの完成度の差は歴然である。エピックメタルバンドは無闇に他のバンドと比べてはいけない。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/427-9f250985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック