Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アヴァンタジア パートII-ザ・メタル・オペラ-

AVANTASIA the 2nd album in 2002 Release
★★★★★★★★☆☆...(意欲作)

アヴァンタジアの2002年発表の2nd。


豪華なゲストと壮大なコンセプトで発表されたトビアス・サメットのメタル・オペラ・プロジェクトの第一作『The Metal Opera』(2001)は欧州で大成功を収め、続編となる次回作への期待は大いに高まった。トビアス自ら創作したファンタジー物語に加え、すべての楽曲を手掛けた彼の才能に誰もが生唾を飲んだ。そこに各ミュージシャンの完璧な演奏や歌唱が加味され、まさにアヴァンタジアは大きな飛躍を遂げた。アヴァンタジアのやっていることがエドガイの延長に過ぎないという非難は受けたが、それをも跳ね返す圧倒的なパワーが『The Metal Opera』にはあった。
アヴァンタジアの第2作目となる本作『The Metal Opera Pt.II』では、新しくゲストにボブ・カトレイ(vo:マグナム)を迎え、前作以上のスケールで壮大な世界観が披露される。古代ローマを舞台にしたアヴァンタジアの物語は終盤へと向かい、楽曲は緊張感や重厚感を増している。主人公のガブリエルは幻想的で精神的なアヴァンタジアの地で何を手にするのか、オペラティックなクワイアが紡ぎだす物語は、舞台役者の迫真の演技であるかのように聴き手を魅了していく。
トビアスの才能も素晴らしいが、ゲストの実力も安定したものだ。メロディック・パワーメタルの大御所たちはアヴァンタジアのために完璧な仕事をしているし、トビアスのやりたいことに忠実である。彼らとトビアスの壮大な創造性と意欲が見事に融合して本作『The Metal Opera Pt.II』という新しい名作がここに誕生した。


『METAL EPIC』誌より抜粋:

我々が認識しなくてならないのは、飽くまで楽曲を作っているのはトビアス本人である、ということだ。前作で指摘されたエドガイと類似したサウンドは今作でも顕著であり、メタル・オペラ・プロジェクトらしい壮大さやエピックメタル的な世界観がメロディック・パワーメタルの領域を脱していないことは否定できない。スケール感の問題では大作"The Seven Angels"で十分に克服できるが、楽曲全体での構成や緻密さは欠如している部分が大いにある。元々トビアスはエドガイで活動してきた身なので、メロディック・パワーメタルの基礎には長けているが、伝統的なエピックメタルの範疇には属していない。詰まるところ、アヴァンタジアの音楽性は繊細さに欠け、単純なものであるのだ。そのキャッチーな明確さがメロディック・パワーメタルのファンには応えたのであろうが、本作が物語を描くドラマティックなヘヴィメタル作品である以上、このような大雑把な内容では完成品と呼ぶには相応しくない。当然の如く、メロディック・パワーメタルの中にもエピカルな作品を作るバンドはいるが、本当に劇的で芸術的な作品を作り上げようとしたのなら、『The Metal Opera Pt.II』の基準で推測すると従来のメロディック・パワーメタルでは適していない、ということになろう。




1. The Seven Angels
14分に及ぶ大作。ゲストが総出演し、ティモ・トルキ(vo:STRATOVARIUS)がギターソロを披露する本曲は、アヴァンタジアの集大成として受け止められる。
2. No Return
メロディアスなフレーズが連発するメロディック・パワーメタル。スピード感も十分。ファンなら間違いなく溜飲が下がる完成度の高い名曲だ。
3. The Looking Glass
4. In Quest For
5. The Final Sacrifice
ヘヴィなリフが歯切れよく刻まれ、エピックメタル界の大御所デイヴィッド・ディファイ(vo:VIRGIN STEEL)が歌う。トビアスの歌い方もディファイに類似しているが、エピカルウィスパーはハイトーンのトビアスには合わない。ヴァージンスティールと形容されても不思議ではない、高いドラマ性を模倣している点が特徴的。
6. Neverland
7. Anywhere
8. Chalice Of Agony
9. Memory
10. Into The Unknown



Review by Cosman Bradley

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/409-8461c697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。