Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recommended Epic Album.


 
 ヘヴィメタル作品を購入する際に失敗を避けたい気持は誰にでもあるが、膨大な作品数から良作を抜き出すことは難しい。希少なエピックメタルにおいては更に成功率が下がることになろう。我々のために、コスマン・ブラッドリー博士はエピックメタルに相応しい5つの入門書を用意した。


エピックメタルの歴史を網羅。

VIRGIN STEELE 「Hymns to Victory」(2002)

Hymns to Victory


──エピックメタルを聴く上で最重要バンドであるアメリカのヴァージンスティールを避けて通ることはできない。本作はヴァージンスティールの代表曲を網羅した定番のベスト盤。ファンの意見を参考にした選曲が素晴らしく、ヴァージンスティールの名曲を殆ど収録している。過去のリマスターされた音源はすこぶる良く、全収録時間は70分を超えており、ここからエピックメタルの世界を広めることは十分に可能。当然の如く本作には両方収録されているが、"Burning of Rome (Cry for Pompeii)"、"Emalaith"を知らない者はエピックメタルファンではない。


ヒロイズムの原点。

MANOWAR 「Sign of the Hammer」(1984)

SIGN OF THE HAMMER (サイン・オブ・ザ・ハマー)(直輸入盤・帯・ライナー付き)


──エピックメタル界ではヴァージンスティールと並び双璧を成す、アメリカのマノウォーの第4作。1984年に発表された歴史的名盤であり、その力強く雄々しいサウンドはエピックメタルの基礎を確立した。既に北欧神話を題材にした"Thor (The Powerhead)"から"Mountains"への流れは伝説的であり、最後の"Guyana (Cult of the Damned)"はマノウォーのドラマ性を極めた偉大な名曲である。本作にはエピックメタルに必要な要素がすべて詰まっている。


壮大なる異世界。

BAL-SAGOTH 「Battle Magic」(1998)

Battle Magic


──他のエピックメタルバンドとは全く異なる手法でこの分野を極めたのがイギリスのバルサゴスだ。ブラックメタルを基盤とするシンフォニックなエピックメタルは、一部のエピックメタルファンから絶賛された。詩人バイロン・ロバーツの創作による壮大な世界観も魅力の一つ。本作はバルサゴスの作品中最も明確なサウンドを用いた傑作であり、キーボードによる壮麗な装飾が聴き手の視覚を刺激する。斬新なエピックメタルを求めるなら、バルサゴスは間違いなく必聴であろう。


エピックメタルにおけるファンタジー世界の再現。

BLIND GUARDIAN 「Somewhere Far Beyond」(1992)

Somewhere Far Beyond


──欧州のエピックメタルの重鎮、ブラインドガーディアンの第4作。J・R・R・トールキンの『指輪物語』やマイケル・ムアコックの『永遠の戦士』シリーズ等を題材にした幻想的な作風が特徴であり、アメリカのエピックメタルとは異なるメディーバル(中世的)な音楽性を持つ。メロディック・パワーメタルを踏襲した楽曲群は、エピックメタルの中では非常に分かりやすい部類に属する。欧州の伝統的なファンタジーに興味を抱く向きなら、本作を押えておいて損はない。


ヒロイック・ファンタジーの源流。

DOMINE 「STORMBRINGER RULER -The Legend of the Power Supreme-」(2001)

ストーム・ブリンガー・ルーラー


──イタリアの古豪、ドミネの第3作。過去『METAL EPIC』で何度も取り上げられてきたエピックメタルの定番中の定番。本作は幻想的なヒロイック・ファンタジーの世界観を再現した数あるヘヴィメタル作品の中で、未だ色褪せることのない名盤である。"ファンタジックかつヒロイックなエピックメタル"という表現は本作のためにあるようなもの。マイケル・ムアコックの『永遠の戦士』シリーズを題材とした楽曲群は実に正統派らしい。





Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/407-5445e502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。