Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




鋼鉄の処女


Country: United Kingdom
Type: Full-length
Release: 1980
Reviews: 90%
Genre: Heavy Metal


アイアン・メイデンの1980年発表の1st。


『METAL EPIC』誌から抜粋:

逸話では「ブラックサバスがヘヴィメタルの全てのリフを書いた」といわれているが、同じHR/HMの創始者としてイギリスのアイアンメイデンはヘヴィメタルにおけるすべてのメロディを生み出したといっても過言ではない。1975年にイギリスのロンドンでスティーブ・ハリス(b)を中心で結成されたアイアンメイデン──なんでもアイアンメイデンとは中世の拷問器具の名らしい──は、1980年に第一作となる本作『Iron Maiden』を発表。衝撃的な内容で瞬く間にヘヴィメタル・シーンのトップバンドとなった。クレジット・メンバーはスティーヴ・ハリス(Steve Harris:b)、デイヴ・マーレイ(Dave Murray:g)、ポール・ディアノ(Paul Di'Anno:vo)、クライヴ・バー(Clive Burr:d)、デニス・ストラットン(Dennis Stratton:g)の5人。ここまでは我々がよく知る物語だ。
真に名作と呼ばれるものは、歳月の蚕食による腐敗が遅いように感じる。当時を経験した老兵といわれる者たちとは違って、新しくアイアンメイデンに出会った若者たちは本作をどのように感じ取るであろうか。不朽の名作は、作品の素晴らしさにおいても時代性を超越するとはよく言われてきた。本作『Iron Maiden』はまさにその範疇である。"ヘヴィメタル"という言語すら殆ど無名であった時代に──本作が1980年に発表された作品だとは到底思えない。鋭角なツインリードの劇的なメロディ、突き抜けるような疾走感、緊張感のあるシリアスなサウンド、重厚な世界観、これらすべてをアイアンメイデンは第一作目で作り上げていた。ハードロックやパンクで培われてきた軽薄な音像を、ヘヴィメタルは微塵も必要とはしなかった(*)。まさに"ヘヴィメタル"という新しいジャンルの誕生の瞬間である。
驚くべきことに、我々が知る何十年以上も前に、彼らは伝統的なヘヴィメタルの基礎を築きあげていた。メロディック・メタルの誕生の瞬間がこの偉大なる傑作『Iron Maiden』には記録されおり、我々──生涯を通してヘヴィメタルの世界に関わっていく者たち──は必ずこの土俵の上を通らなければならない。即ち、ヘヴィメタルファンであるすべての者がこの作品を聴かなくてはならない。

追記:なお本作はオリジナル盤が全8曲であったのに対し、リマスター再発盤にはシングル曲"Sanctuary"が追加収録された全9曲構成となっている。

*ポール・ディアノの歌唱法がパンクからの影響を思わせることや、本作の攻撃性がパンクの延長線上にあることは否定できず、またアイアンメイデンがそういった方向性を完成させるのは後の作品であり、この指摘は正しいとは言えない。



1. Prowler
劇的な衝撃と共に駆け廻るメロディック・メタルの大傑作。当時、これほどまでに鋭利でドラマティックなツインリードを導入するバンドは他になかったであろう。アイアンメイデンは実力を作品中で惜しみなく披露している点が良い。
2. Sanctuary
緊張感を殺ぐパトカーのサイレン音などは邪魔でしかないが、ストレートにまとめられた内容は勢いに満ちていたポール・ディアノ時代を象徴している。
3. Remember Tomorrow
静かなメロディから徐々に盛り上がる。この重厚なサウンドが第一作目だというから驚きである。
4. Running Free
小刻みな疾走でノリが良い楽曲。
5. Phantom of the Opera
ガストン・ルルーの名作『オペラ座の怪人』を題材にした本曲については、"エピックメタル名曲選:「オペラ座の怪人」(1980)"で触れているので、そちらを参照にしていただきたい。
6. Transylvania
極めてスリリングなインストゥルメンタル。完成された劇的な展開には度肝を抜かれる。作品にインストゥルメンタル曲を収録するところはヘヴィメタルバンドらしい。
7. Strange World
アルペジオがドラマ性を際立たせる。この頃のアイアンメイデンはバラードも普通に作っていた。作品の一体感を損なうバラードの挿入はヘヴィメタル作品にはよくあるところだが、逆に傑作は上手く馴染む。
8. Charlotte the Harlot
アルバム・ジャケットにも登場している娼婦シャーロットについて歌った楽曲。鋭いメロディとスピード感が絶妙のバランスで配合されている。
9. Iron Maiden
アイアンメイデンのテーマ曲。ライブでは頻繁に演奏される。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/388-65914085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック