Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




シーズンズ・イン・ジ・アビス



Country: United States
Type: Full-length
Release: 1990
Reviews: 89%
Genre: Thrash Metal


スレイヤーの1990年発表の5th。


スレイヤーの第5作目に当たる本作『Seasons in the Abyss』について、頻繁に『Reign in Blood』(1986)と『South of Heaven』(1988)の音楽性を合わせ持った作品であると指摘されるが、その表現こそ本作を最も忠実に再現した言葉であろう。初期スレイヤーの集大成でもある本作は、彼らの魅力を余すところなく詰め込んだ傑作である。
最初、スレイヤーは見境なく暴れ狂う怪人といった有様でデビューしたが、作品を重ねるごとに凶暴ではあるものの、より洗練されていった。その進歩は楽曲の世界観だけには留まらず、表現力を増したメロディ面での進歩にも及んだ。詰まるところ、スレイヤーの目指したスラッシュメタルの美学が、本作には表現されているということである。それはファンを熱狂させるに相応しい要素を有し、また背筋をゾクゾクさせるような恐怖をも伴っている。スレイヤーの血の王朝は終わりなく続き、今後も世界各地で人々に衝撃を与え続けることは間違いない。



1. War Ensemble
冒頭を飾るに相応しい圧倒的なスラッシュ・メタル。洗練されたサウンドがスレイヤーに更なるアグレッションを与えた。暴れ狂うリードギターも凄まじいが、ドラムの激烈さも見逃してはならない。
2. Blood Red
ザクザクしたリフに頽廃的な歌が乗る。リードの旋律は恐怖感を増大させる。
3. Spirit In Black
緩急を交えながらアグレッシブに展開していく。苛烈なリフを冷淡に繰り出していくところが素晴らしい。
4. Expendable Youth
犠牲者に襲い掛かるような、危険な雰囲気を宿したリフを持つ。随所にスレイヤーの得意とする悪魔的なメロディも登場。歌のラインも良い。
5. Dead Skin Mask
メロディを強調した楽曲。不気味な曲調で進む様は異様ですらある。
6. Hallowed Point
超絶な突進力を誇る名曲。その前にはあらゆるものが破壊されても可笑しくはない。
7. Skeletons Of Society
ヘヴィなリフが歯切れ良く刻まれる。表現力を増したトム・アラヤのヴォーカルと共に、ミドルテンポであるにも関わらず緊張感を宿している。
8. Temptation
ヘヴィネスと鋭利さを共存させたリフ、その先にあるのは至高のスラッシュメタルである。中間部から緊張感を増す転調も披露する。
9. Born Of Fire
破壊的な中にも整合性の断片を見出すことが出来る。吐き捨てるようなヴォーカルが特徴的である。
10. Seasons In The Abyss
初期スレイヤーの集大成ともいうべき傑作。緊張感、邪悪さ、攻撃性などすべてが凝縮されている。迫りくるようなリフはスレイヤーの中でも最高のものである。サビらしき部分も存在し、トム・アラヤは陰惨な呪術師の詠唱のような歌唱を披露している。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/368-86d4affe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック