Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




ハロウィン・エクスパンディッド・エディション・コレクション 守護神伝-第一章

HELLOWEEN the 2nd album in 1987 Release
★★★★★★★★★★...(神盤)

ハロウィンの1987年発表の2nd。


本作『Keeper of the Seven Keys Part Ⅰ』は、世界で極めて有名なヘヴィメタル作品の一つである。どの分野にも代表的なバンドは存在するが、メロディック・パワーメタルにおいてはドイツのハロウィンが特に有力となろう。そしてハロウィンの本作を含む二部作は、それらの分野において革命的な作品であったことはもはや疑いようがない。
カイ・ハンセン(g)、マイケル・ヴァイカート(g)の偉大なギタリストによる強力なツインリードが踊り、新たに加入したマイケル・キスク(vo)の雄々しいハイトーンが劇的に乗る本作は、後のメロディック・パワーメタルのスタイルを方式化した。馴染みやすいメロディ、爽快な疾走感、コンセプチュアルな内容、それが即ちメロディック・パワーメタルであったということである。


我々が長らく気にかけていたことは、カヴァー・アートワークに描かれたローブの魔術師であった。この不思議な人物は幻想的な物語を導くが、古典的なファンタジーの語り部や賢者と役割が似通っている。始祖であるハロウィンがこういった世界観を用いたことは、特にメロディック・パワーメタルが欧州ファンタジーに傾向している事実を証明していることになる。このイメージを後のブラインドガーディアンが踏襲したことは想像に難くない。
なお本作は2006年にエクスパンデッド・エディションで再発され、大幅に音質が向上した。この際、4曲のボーナストラックが新たに収録されている。


1. Initiation
アルバムの序章。
2. I'm Alive
ドラマティックなイントロダクションから強力な名曲への流れは、後のメロディック・パワーメタルでは定番となる。
3. A Little Time
4. Twilight Of The Gods
5. A Tale That Wasn't Right
6. Future World
7. Halloween
本作のハイライトともいうべき大作。劇的なツインリードと構成力を有し、ハロウィンを代表する名曲である。
8. Follow The Sign
次作へと繋がるRPG的なエピローグ。



Review by Cosman Bradley

Click Ranking for epic metal!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/350-2c2ddbab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック