Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘディング・フォー・トゥモロウ

GAMMA RAY the 1st album in 1990 Release
★★★★★★★★☆☆...(名作)

ガンマ・レイの1990年発表の1st。

すべてのメロディック・パワーメタルの始祖ハロウィンを脱退したカイ・ハンセン(g)が結成したバンドこそ、ガンマ・レイである。音楽性はスピーディなメロディック・パワーメタルにオペラ的要素を配合したオーソドックスなもの。後にこれがスペース・オペラになったりするのは、また別の話だ。
細分化されたヘヴィメタルのジャンルにも教科書があるように、本作『Heading For Tomorrow』はジャーマン・メタルの偉大な教科書である。ドラマティックなイントロダクション#1"Welcome"に始まり、スピーディな名曲#2"Lust For Life"へと流れる。次いでノリのいい#3"Heaven Can Wait"が響く。バラードの#6"The Silence"で哀愁に浸り、最後を飾るのは大作の#9"Heading For Tomorrow"である。完璧なアルバム構成が存在するのだとしたら、本作はそうなのかも知れない。古典的なロックの時代から受け継がれてきた様式美である。不朽の名作とは昔からこういうものだ。
なお本作は他の6枚のアルバムと共に2002年にリマスター再販され、ジャケットの変更とボーナストラックの追加が行われた。11曲目よりボーナストラックに該当する。


1. Welcome
本作の序曲。
2. Lust For Life
かつて七色のギターリフと形容されたメロディックなパートが印象的な名曲。ガンマ・レイのアンセムである。
3. Heaven Can Wait
ヘヴィメタルでありながらも、キャッチーな雰囲気を醸す楽曲。クワイアが良い感じだ。
4. Space Eater
5. Money
6. The Silence
名バラード。オペラティックな手法が取り入れられた楽曲であり、後のガンマ・レイに大きく通じる。
7. Hold Your Ground
8. Free Time
9. Heading For Tomorrow
超大作に値する壮大なメタル・オペラ。カイ・ハンセンはこういったヘヴィメタルをプレイしたかったのであろう。
10. Look At Yourself
11. Mr. Outlaw
12. The Lonesome Stranger
13. Sail On



Review by Cosman Bradley

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/341-50fd8d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。