Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




JuglarMetal (Official)



Country: Spain
Type: Full-length
Release: 2006
Reviews: 84%
Genre: Epic Folk Metal


スペインのエピック・フォーク・メタル、サウロムの2006年発表の4th。


バンド名を「Saurom Lamderth」から「Saurom」と改名して発表に至った本作『Juglar Metal』は、見逃すことのできない内容を多く含んでいる。まず本作のサウンドであるが、過去の作品で民族楽器を多用してきた作風がよりパワーメタル然としたものへと変化を遂げた。これらは伝統的なエピックメタルの血脈としてドイツのブラインド・ガーディアンの部類に数えられるものとなろう。叙事詩的な欧州ファンタジーの世界を題材とし、時に魅惑的な中世の民謡を織り交ぜながら、劇的なエピック・パワーメタルを展開していくスタイルこそが、この血統のサウンドの特徴である。「森の精霊」、「モルドールの軍勢」と題されたクワイアの編成隊を率い、今作においてサウロムは急速にこの分野に接近することとなった。そしてこの変化こそが、サウロムの創造するエピックメタルを飛躍的に洗練させる結果になったのである。彼らは過去に傑出したエピックメタルの名盤を三枚残したが、更に大化けする可能性をも秘めている。サウロムは、未来のエピックメタルを担っていく存在になるであろう。

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史を振り返るよりも遥かに古く、中世の歴史は脆く膨大なものであった。数多の叙事詩が数世紀のうちに紡がれ、芸術と共に中世の時代を彩ってきた。伝説の担い手である騎士らは君主のために戦い、名もなき詩人らは後の時代にそれらの物語を語り継いだ。その歴史の語り部の中に、奇術師(Juglar)と呼ばれる者らがいた。吟遊詩人と異なる彼らは中世ヨーロッパの伝説の語り手であった。情熱的なラテン圏で奇抜な催し物が重宝されているように、奇術師はナイフによる舞踏、空中曲芸、手品を得意とした。名のある奇術師は、レコンキスタにおけるスペイン最大の英雄エル・シッドの結婚式にも招かれた。
爾来、久遠の歳月が過ぎ去ったが、時が忘れ去る叙事詩とは異なり、奇術師の役割が失われることはなかった。吟遊詩人の血脈は主にドイツや北欧で見出されたが、スペインでは奇術師がその役割を担った。サウロムは中世時代の奇術師の役割を引き継ぎ、現在に至っている──



1. Las Tropas del Génesis
叙事詩的で不穏な幕開けが、新たなサウロムの時代を物語る。スピーディなリエピック・リフに雄々しい歌声、サビでの壮大なクワイアを駆使し、妖艶な一大エピックメタルを築きあげる。サウロムの秘めたるポテンシャルは尋常ならざるものである。
2. Krisâlida
トライバルなリフを用い異国情緒を歌いあげる。急激にメロディックになったサウンドは、サウロムを大きく飛躍させた。女性ヴォーカルの配置も素晴らしい。
3. Missa Pro Defunctis
シンフォニックさに加えつつ、デスヴォイスも用いた多彩な楽曲。ファンタジックであることは変わらず、ヒロイックなムードを醸し出す。
4. La Batalla con los Cueros de Vino
サウロムが得意とするバグパイプをイントロに用いた娯楽的な楽曲。中世の奇劇とでも表現すれば分かりやすいかも知れない。
5. La Musa y el Espíritu
オリエンタルな旋律を用いた異国的なエピックメタル。歯切れのいいリフに魅惑的な女性ヴォーカル、ヒロイックなサビ、踊るフルートと中東のサーカスのような内容である。
6. Dracum Nocte
幻想的な異国情緒に奇抜なヒロイズムを混入した傑作。こういった楽曲はサウロム以外からは決して生まれないであろう。
7. Dioses Eternos
メロディアスなギターの旋律に追尾する笛の音色が印象的。ヒロイックな雰囲気は相変わらずである。
8. Estrella sin luz
ファンタジー映画に頻出するような牧歌的な楽曲である。
9. La Taberna
1st『El guardián de las melodías perdidas』(2001)収録の"Fiesta"(フィエスタとはスペインの祝祭を指している)に類似する楽曲。笛が乱舞する別ヴァージョンともとれる。ここまで劇的に変わるものかと思わずにはいられない。まるで妖精の演舞である。
10. Marcha Inca
愉快な雰囲気が漂うイントロダクション。これは蛇足か。
11. Historias del Juglar II
前作『Legado de juglares』(2004)のエピローグの続編。元来魅惑的であった旋律がある程度の速度を得たことにより、高揚感をも誘発する楽曲に生まれ変わった。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/320-33b985af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック