FC2ブログ

メタル・レジェンズ:「雷鳴の轟き」スコット・コロンバス

-Scott Columbus-



「かくして、オーディンの手により不滅の戦士はヴァルハラの門を潜り伝説となった」
 ──"Hymn Of The Immortal Warriors"より

columbus_scottスコット・コロンバス追憶
 今から30年以上も昔のことだった。80年代初期のヘヴィメタルという音楽は若く、アメリカでは支持者も少なかった。同じように、エピック・メタルの王者マノウォーも、楽器の練習を重ね、毎日のように演奏技術の向上に勤めていた。
 マノウォーのメンバーがまだ若い頃に制作された第2作『イントゥ・グローリー・ライド~地獄の復讐~』の中には、不世出のドラマー、スコット・コロンバスの最初の功績が残されていた。マノウォーがエピック・メタルの基礎を他の先人たち──キリス・ウンゴル、マニラ・ロード、ヴァージン・スティール──と築きあげようとしていた時期、スコット・コロンバス自身も、その名をロック音楽史に刻み込んだ。
 軽快なロックンロールのイメージから始まったマノウォーの歴史を変えたのは、スコット・コロンバスの重厚なドラム・プレイだった。スコット・コロンバスが最初に加入して制作された『イントゥ・グローリー・ライド~地獄の復讐~』は、後のマノウォーの音楽的な方向性を決定付けた。当時のヘヴィメタルのファンたちは、この一流のミュージシャンによるドラム・プレイを絶賛し、兄弟たちの輪の中へと迎え入れた。
 マノウォーの熱狂的なファンたちは、スコット・コロンバスの演奏を指して「雷鳴の轟き、軍隊の行進のようなドラム」と表現した。そのドラム・プレイが最大限に生かされたのが、第4作『サイン・オブ・ザ・ハンマー』に収録された《Thor (The Powerhead)》の中だった。マノウォーのファンたちは、スコット・コロンバスの迫真の演奏に北欧神話の英雄、雷神トールのミョルニルの一撃を重ねていた。
 スコット・コロンバスは、キャリアの中で重厚な演奏を追求し、ヘヴィメタルという音楽のスタイルに徹底的に拘った。マノウォーのファンたちは、その演奏が永久に聴けるものだと信じていた。しかし、間もなくファンたちは、悲劇的な現実に直面することを強いられたのだった。
 2008年、不動の体制のマノウォーからの突然の決別だった。かつて、ヴァージン・スティールのギタリストとヴォーカリストがそうであったように、よりエピックでシンフォニックなヘヴィメタルを標榜するジョーイ・ディマイオと、ストレートな音楽性への原点回帰を訴えたスコット・コロンバスの揺るがぬ意志は、当然のように、相容れることがなかった。
 この衝撃のニュースは、エピック・メタルのファンたちの間に暗い影を投げ掛け、一部からは、マノウォーの未来を懸念する声も飛び出した。しかし、長年活躍したマノウォーから脱退しても、スコット・コロンバスのドラマーとしての生涯が終わった訳ではなかった。
 スコット・コロンバスも何れは、メガデスのデイヴ・ムステインのように、ヘヴィメタル界への突然の帰還を果たし、鈍った腕前を直に回復させるはずだった。そう信じることで、ファンたちは幾分か慰められた。
 嬉しいニュースも舞い込んだ。2010年5月、『クラシック・ロック』誌に掲載されたインタビュー記事の中では、スコット・コロンバスがインストゥルメンタルのソロ・プロジェクトを推し進めていることが分かった。スコット・コロンバスの復帰は近いかも知れない──
 しかし、大きな期待は、最も悲劇的な形で幕を閉じることとなった。誰もが自らの耳を疑った。スコット・コロンバスの突然の訃報だった。
 2011年4月4日、スコット・コロンバスは、54歳という若さでヴァルハラの門を潜り、ヴァイキングの古い言い伝えにあるように、英雄たちの仲間入りを果たした(このヴァルハラの伝説は、マノウォーの『ゴッズ・オブ・ウォー』にも描かれている)。天国のヴァルハラの英雄の館では、同じく39歳という若さでこの世を去ったヴァイキング・メタルの始祖、バソリーのクォーソンも、共に戦士の饗宴の席に肖っているはずだった。
 スコット・コロンバスは偉大な人物だった。最も尊敬すべきドラマーだった。その日、ファンたちが失ったものはあまりにも大きかった。死因が何であれ、彼のドラムセットが主人の手で打ち鳴らされる日は、永久に訪れなくなったのだった。
 ファンたちは、不世出のドラマーに対して、最後の讃美を捧げる必要があった。《The Crown And The Ring》という楽曲は、この日のために存在していたのかも知れなかった。スコット・コロンバスの魂に永遠の安らぎあれ。

Metal Epic, Jul 2011
Cosman Bradley


*この記事は『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史2』に収録されました。

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史2



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

The Course of Empire

by Atlantean Kodex (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Servants of Steel

by Ironsword (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Stone Engraved in Red

by Ravensire (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Comment
Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。