Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一部の例外を除き、ヘヴィメタルはあまりヒットを飛ばさないという実績がある。それはCD売上やMP3ダウンロードにまで及び、時にはサイトのヒット数に影響を及ぼすこともある。コンテンツ(内容)が如何に充実してようとも、ヘヴィメタル系のサイトは伸び悩んでいるようだ。かつて商人によって取引された高値の金銀細工のように、価値を見定めることが出来なければ、自ずと客足は減り需要がなくなっていく。ヒットとは万人が認めるものに起こる現象である。
 私も本ブログ"通称エピックメタル専門ブログ"を開始するにあたり、ある程度のヒット数は切り捨てた。エピックメタルがそうだったように、地下でひっそりと活動することを選択したのである。考えて見てほしい。影の世界──ある者はカルト世界と表現する──で脈動し続けてきたこれらの分野が、現在まで生き永らえてこられたのは何故かという疑問に。
 その答えは、宗教にヒントがあるとみて良いだろう。世界各地の秘境に未だ残る民族部族間の異端崇拝がその最もな例である。それらの宗教は、悠久の太古から世代を超えて受け継がれてきた。恰も、かの有名な『スター・ウォーズ』の一子相伝のシスのように。ならばこの法則が、エピックメタルという分野にも適用されるのではないだろうか。私はその可能性を熟考した。少数派の思想や文化が何世紀も生き永らえるためには、一子相伝の方法で、なおかつ厳重に守護していかなくてはならない。つまりは、普遍的な大多数の民衆よりも、堅実で知的な者の方が伝達者(Herald)としては適しているということに繋がる。彼らは俗にアウトサイダーと呼ばれたり、支配的5%と呼ばれることもある。彼らが多数派に紛れることは少ない。カルト的なごく少数の中に、その者らは隠れ潜んでいる。そうした人物を見出すために、何を選択すれば良いのか……。博学な『METAL EPIC』の読者なら、既にお気付きだろう。



Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/305-90d76592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。