Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




saurom2 ラテン国スペイン出身のサウロム(旧名サウロム・ラムダース)は、長年『指輪物語』に通じる欧州のファンタジー・エピックメタルの新鋭として活躍し続けてきた。彼らは、その歴史の中で名前をより分かりやすいサウロムと改めた時、サウンドも改める結果となった。2006年『JuglarMetal』以降発表されたサウロムのアルバムは、エピカルなメロディック・パワーメタル作品として傑出した出来だった──特に2008年に発表された『Once romances desde al-Ándalus』は、エピックメタルの未来を予感させる歴史的な傑作だった──が、初期の頃に花開いた民謡的要素は僅かながら薄れていった。しかし、サウロムは初期に残した3枚の名作でこれらの要素を含むエピックメタルをやり尽くしてしまっていたのだ。本日は、そんな不朽の名作に舞い戻ってみるとしよう。
 エピックメタル史では、ヴァージンスティールに次ぐ2枚組の作品として発表されたサウロムの『Sombras del Este』(2003)。西洋ファンタジーに傾向したエピックメタルの名作である。ストーリーアルバムである本作は、欧州におけるファンタジーの原点である『指輪物語』の壮大な物語に沿って展開されていく。アルバムは、彼らが得意とする民族楽器が余すところなく詰め込まれ、時に荘厳なヒロイックなムードも漂う。そして、本作にはサウロムが生み出した最高の名曲"Trancos/Aragorn"が眠っているのである。『指輪物語』の英雄アラゴルンを歌ったこの幻想的な名曲は、英雄的なロマンスを牧歌的に奏でてくれる。馴染み深いファンタジーの世界が眼前にあるのだ。幼い子供の夢のように、大人がそれらの世界に触れる貴重な機会を、彼らは私達に与えてくれたのである。



Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/296-da5294ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック