Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




 時を忘れ色彩豊かな異国情緒に酔うのは、古くからの知識人の嗜みである。私にとっての異国とは、スペインやメキシコなどの情熱的なラテン国が思い浮かぶ。人によってはエジプトや中東などを思い浮かべることもあるだろう。私達には、"訪れたことのない故郷"というものが存在し、時々思いを馳せる。そう強烈に思わせるのが何であれ、郷愁は心地いいものだ。
 私はヘヴィメタルを通じて様々な異国の故郷を訪れてきたのだが、荒涼とした大地に陰鬱な哀愁の漂う北欧の地を忘れたことはない。ヴァイキングメタルという素晴らしい音楽の幻想で、私はそれらの雄大な光景を目にしたのだ。荒々しい海にもやがては穏やかな季節が訪れ、雪を降らす黒雲の隙間から僅かな光が覗くことがある。その光が黒ずんだフィヨルドの肌をを撫で、異国の光景を映し出す。私が垣間見る北欧の情景は、まだ訪れたことのない故郷の影を明るく照らし出しているのである。

▶「Tiurida」(2011) Falkenbach
Tiurida



Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/289-759de6d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック