Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Voimasta Ja Kunniasta

MOONSORROW the 2nd album in 2001 Release
★★★★★★★★★★...(神盤)

フィンランドのシンフォニック・ヴァイキング、ムーンソロウの2001年発表の2nd。

同国ヘルシンキのスパインファーム(Spinefarm Records)からリリースされた本作は、"Epic Heathen Metal"を掲げる彼らにとって記念碑的な作品になったと言わざるを得ない。前作で提示した北欧の民謡的美旋律の導入は本作でより顕著になり、時には大仰なシンセサイザーの音色が木霊する。それは北欧の土着民族に古来より伝わってきた旋律であり、叙事詩的な異郷の物語と相俟って、古き世界の情景を私達に思い出させる。本作の視覚的な効力はバルサゴスにも匹敵する箇所がある。全ての曲が物語なのである。
アルバムは強烈な郷愁を誘うインスト#1で静かに幕を開ける。北風に乗ってヴァイキングの勇士らの叙事詩が蘇ってきたとでも表現すべきだろう。余韻も覚めやらぬまま開始される名曲#2は荒涼とした雪原で繰り広げられる異教徒の戦いとでも言うべきだ。私は映画『ニーベルングスの指輪』(2004年、ドイツ)の映像を使った本曲の動画が非常に好きだ。ジークフリートは偉大な英雄であるし、ドイツのこの叙事詩は北欧神話とも密接な繋がりを持っている。#3は本作のハイライトともとれる名曲。中間部からのポルカ──フンパという説もある──調が民族的な酒宴の有様を浮かばせ、ケルト的な美旋律の導入が絶妙に決まる。#4は印象が薄い微妙な曲だ。#5は#1と同様に、郷愁を誘う笛の音色で幕を開ける魅惑的な曲であり、北欧の苛烈さや雄大な自然美をも抱かせる。本編の最後を飾る#6はエピック・ヴァイキング史に残るべき一大叙事詩であり、およそ14分の間に渡って怒涛の情景が荒波の如く押し寄せる。この曲にこそ異教叙事詩の神髄がある。これは忘れられた戦士らの叙事詩である。
劇的な進化を伴って見事に完結された本作はヴァイキング史に悠然と輝く名作であり、過ぎ去った過去からの遺産である。それはキリスト教の流布によって忘却された民族の伝承でもあり、禁じられた民謡の旋律でもある。彼らによって、私達は異教徒の文化を知る絶好の機会に恵まれたのである。


1.Ukkosenjumalan Poika
2.Sankarihauta
剣の響きが打ち鳴らされ、重厚に行進する楽曲。
3.Kylän Paassä
歓喜に満ちた雰囲気も醸す、劇的なヴァイキングトラック。
4.Hiidenpelto incl. Hapean Hiljaiset Vedet
5.Aurinko Ja Kuu
郷愁を誘う荒涼としたエピック。
6.Sankaritarina
さざ波、焚き火、泥声が織りなす異教徒の叙事詩。曲の最後に、#1の静寂を伴った麗しい旋律が風に吹かれ流れ込んでくるのが余韻を残す。


Review by Cosman Bradley

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/253-90583c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック