Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Megadeth 

コメント:このメガデスの有名な2ndアルバム「PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?」(1986)を捩った絵は、私が確か16歳の時に書いたものだ。ラトルヘッド──アイアンメイデンのエディに相応するメガデスのマスコットキャラである──の看板には「NOT ENTER(入るな)」と書かれており、部屋への無断侵入を警告する良い壁紙となっている。しかし私はこの絵を自室に入る際毎日見るのだが、エド・レプカのラトルヘッドのデザインはつくづく素晴らしい!



Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ジャケット等に一貫して登場するマスコットキャラって意外と少ないんですよね。このメガデスのラトルヘッドやアイアン・メイデンのエディは1stアルバムから登場していたということで共通点があります。
他にもガンマレイのファング・フェイス、ハロウィンのかぼちゃ君(名前わからない・・・)、レイジのサウンドチェイサー、映画で一躍脚光を浴びたアンヴィルも毎回ジャケットにアンヴィル(金床)を登場させてますがあれはキャラクターではないか。あとイタリアのドミネは毎回エルリックを登場させてますね。
こういう遊び心やユーモアもヘヴィメタルの楽しみの一つですね。
2010/12/26(日) 19:47 | URL | taka #-[ 編集]
返信
ヘヴィメタルの世界で用いられる、そういったマスコットキャラ達はいわゆるバンド自体の"象徴"を示すものとして意味を持っていると思います。中世の時代に家系を表すために用いられた紋章等とも共通点が見い出せるでしょう。自身の印章でもあるそれらの代表的なキャラ達は、私達にとって明白な"象徴"で持って存在を誇示しているのです。
2010/12/27(月) 20:31 | URL | コスマン・ブラッドリー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/244-5d923427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。