Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




All American Leather Rider!!!!



Leather_jacket02


Leather_jacket01


 11月7日のことになるが、このレザーライダースに一目惚れし衝動買いしてしまった。ヘヴィメタルを通じてレザーの魅力に気付いて以来、私はレザーが非常に好きになった。タフな外見に漆黒のフォルム、最高ではないだろうか。自身がレザーを着るようになって、ヘヴィメタルファンが何故レザーを好むのが分かってきた。その研究報告については、また別の日にコラムで触れるとしよう。今回はほぼ余談となる。
 私がオールアメリカンレザーライダース──メイド・イン・アメリカのタグにそう記入してある──に出会ったのは、「お宝発見」という巨大な解放倉庫の中でだ。福島にこの便利な店が開店したのは約1年前で、今では私のヘヴィメタル購入や衣服の購入に大いに役立っている。程良い感じにミリタリーテイストがあり、古き良きロック調の雰囲気を醸し出している店内は、ワイルドかつディープだ。売っている商品は全て中古品で、その数は圧倒的としかいいようがない。正直なところ、店内には何でもあるのだ。アニメやゲーム、フィギュア、洋楽CD、そして服、店内に流れるポップスやロックの音楽が気持ちを心地よくさせ、好きな向きならば1日中見ていることが出来るかもしれない。その一角にロックコーナーがあるのだが、そこが私のお気に入りのスペースなのだ。80年代を席巻した数々のロック・ミュージシャン──ガンズやキッス、ローリングストーンといったバンド達──のTシャツやピンバッチが並び、付近にはレザーコーナーがある。そこでこのレザーライダースを発見したのだ。メタルの名盤を運よく見つけた時と同じ購入欲にかられ、私はレザーを手に取った。手に取った実感は、重い、硬い、黒いの3拍子であった。試着してみると、私の直感の通りにピッタリで、すぐさまなけなしの金を払って購入した。値段は6300円で、安くはないが、よい買い物をしたと思っている。この他にピンバッチも購入したが、このロックピンバッチでレザーを埋め尽くすのが私の夢の一つだ。できればヘヴィメタル系のピンバッチが揃っていればなおいいのだが、あるのはメタリカくらいで、私の好みのバンドのものはない。バルサゴスやヴァージンスティールのピンバッチはあるのだろうかとふと疑問に思う。しかし私はあきらめが悪い人間だ。なければ自分で作る、それが基本的なスタンスなのだ。追記する形になるが、ヘヴィメタルの有名どころのTシャツは店内に一通り揃っている。メタルグッズに触れる機会が極端に少ない田舎ではありがたい限りだ。
 もし町でこのライダースを着ている危険そうな者がいたら、それは私だと思うので、エピックメタルについて質問があれば何でも答えるつもりだ。その他、スタッズ付のヘヴィメタル仕様ダブルライダース愛用しているので、気付く人は気付くかもしれない。メロイックサインをされたらそれを瞬時に返そう。もしファンがよくやるように中指を突き立てられたら……どうやら悪ふざけが過ぎたようだ。メタルとレザーの話になると異様にテンションが上がってしまう。ご了承願いたい。田舎でレザーというだけで浮くことは必至だが、そう思う者達に対しても私が動じず、メタルの正装を心がけているのには、こういう思いがあるからだ──

「FACK YOU!!!!(全てくそくらえ!!!!)」

 下品な終わり方で申し訳ない(笑)。ちなみに、ヘヴィメタルファンが敵視するものに対して、中指を突き立てながらよく言う「FACK YOU!!」という言動は、発言者の態度・目的を考慮すると「くそくらえ!!」と似通った意味合いになる。恐らくは、言っている本人も「お前なんてくそくらえ!!」という感情を込めて言っているのだろう。



Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/228-abf1ca66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック