Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




RETURN TO VIRGIN STEELE!!!!


virgin_steele_12th

 今日、10月25日は、我々エピックメタルファンにとって記念すべき日となった。このジャンルの創始者の一人であり、"エピック・メタルの帝王"として君臨してきた唯一無二のマエストロ、ヴァージンスティールはこの日、12枚目となるアルバム「Black Light Bacchanalia」を発表した(聖地ドイツでは10発22日に発売ずみのようだ)。今作では、前作で展開された《リリス・プロジェクト》を先延ばしにし、初期のアグレッシブかつバーバリックな作風に回帰した、ということがディファイのインタビューで既に明らかとなっている。しかし歌詞の内容的には、前作との関連性が高いという。重要なアルバム・コンセプトは、「キリスト教と異教」に関する叙事詩的な歴史の様で、壮大な構想に期待は大いに膨らむ。また私達は、ヴァージンスティールがエピックメタルファンの期待を決して裏切らない、という事実も承知済みのはずである。私は早くこのアルバムが聴きたくて仕方がなく、日々武者震いしている様だ。
 思えば、彼らの歴史はエピックメタルの歩んできた歴史そのものであった。デイヴィッド・ディファイの才能が爆発したあの時──1994年、「The Marriage of Heaven & Hell」が発表された時である──から、エピックメタルは独自の方向性へと飛躍するきっかけを得たのだった。そしてその頂点に君臨する偉大なるエピックメタルバンドが、今なお創造をやめることなく、意欲に満ち溢れ、作品を創り続けている事実は、多くの感動を生むことだろう。私達は彼らの新しい試みを受け入れ、世俗の冷ややかな嘲笑に屈することなく、共にこう叫ぶのだ。「Invictus!
 私を含めた全てのこの国のヴァージンスティールファンが最も悲しむべきことは、この歴史的な日に、彼らのアルバムを手に入れることが出来ないということだ。国境の差とは、時に非情なものとして牙をむく。しかし私達はメタルには国境がないということを知り、時に屈することなく、彼らの新作が届くのを根気よく待つことだろう。私達にできることは、一刻も早くアマゾンの11月9日発売予定の「Black Light Bacchanalia」のページに飛び、予約することだ(そして嬉しいことに、ボーナスCD付きのリミデッド・エディションの予約も可能である)。最後に、ディファイがよく使う言葉で、この文章を占めることとしよう。

By the gods!!!!
2010年10月25日 コスマン・ブラッドリー


Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/222-2b6e41ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック