Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




...En Their Medh Riki Fara..

Falkenbach the 1st album in 1996 Release
★★★★★★★★☆☆...(異教徒)

ハラルド美髪王にノルゥエーを追われたヴァイキング達が住まったと伝えられる本場アイスランド出身のヴァイキングメタル、ファールケンバックの1996年に発表された1st。

ドイツとの混合バンドでもあるため、彼らはアイスランド/ドイツ出身といっておいた方が正しい。彼らの真性ヴァイキングメタルは"Blackened Folk/Viking Metal"と称され、ドイツでは相当の支持があるようである。バンドのメインコンポーザーであるVratyas Vakyas(g、vo、key)が全てを手掛け、このファールケンバックというペイガン・バンドもプロジェクトの一つとして始動した。彼は1989年以降本作を発表するまでに七つのデモを制作した。このデモの中には、彼がCrimson Gatesというバンドで制作した二つのデモも含まれている。
こうして舵を取ったペイガン・ヴァイキングメタルバンド、ファールケンバックであるが、Vratyas Vakyasの目指すサウンドにより本作は接近しようとしている。ファールケンバックのサウンドを例えるなら、バルト海の大海原、アイスランドの戦士達の雪原という表現に落ち着くだろう。はっきりしていることは、彼らのヴァイキングメタルサウンドがEINHERJERに連なる真性のものであるということである。本格的な異国の濃密な臭気、幻想的な中世時代の北欧の雰囲気でアルバムは満ちている。これが、真性ペイガンメタルである。本作では、ブラックのサウンドも伝統的で硬派な方向性を示し、ある種の安堵感を抱かせる。ブラックメタルの影響が色濃い本編の作風は、後の彼らのアルバムと対比の対象に挙げられる。これに民族的な旋律を多様なキーボードの音色やアコースティックギターで盛り込んでいくのが彼らの築きあげたサウンドであり、朗々としたクリーンヴォイスが肝となる。大人が聴くに相応しい真摯な音楽とは、まさに彼らのことなのである。

1. Galdralag
ヒロイズムを鼓舞するトレモロリフに乗って突き進む真性ヴァイキングメタル。勇壮な雰囲気の中に潜む漢の哀愁や激情は聴者の胸に訴えるものがある。彼らの掲げる"Blackened Folk/Viking Metal"に通じる見事な名曲である。
2. Heathenpride
鳥の鳴く声が静かに聞こえ、笛の音色を伴った勇壮なクリーンヴォイスがそれを引き裂く。彼らの定番ともいえるスタイルで展開されるエピック・ヴァイキングメタルである。幻想的で神秘的な雰囲気を朧に表現する様は絶妙といえる。後半からは牧歌的な民謡メロディが導入される。
3. Laeknishendr
ブラックメタルの激情とシンフォニックの優美さが上手い具合にブレンドされた名曲。突如としてアコースティックパートに移行する展開は本作でも特筆して劇的なものとして数えられる。またアコースティカルな音色が高潔さとロマン主義をなぞっており魅力を一層そそる。こういった中世音楽的なパートは、今後の彼らの作品でもトレードマークとなっていくものの原型である。
4. Ultima Thule
神話に謳われる伝説のウルティマ・テューレを題材としたエピック。朗々とした民族的要素が神秘的に響く。
5. Asum ok Alfum naer...
6. Winternight
この曲は非常にブラックメタルを意識した曲である。故に民族的な要素は薄い。
7. ...Into The Ardent Awaited Land...
8. The Heralder
イントロのメロディが異教徒極まりない。楽曲のエピカルな内容も合わさり、この曲を盛り上げる。勇壮なリズムや後半のクラシカルなパートも素晴らしい。そしてここに語りとくれば、これは立派な異教徒の叙事詩なのである。ちなみにこの曲と#3は4thアルバムでリ・レコーディングされている。原曲の方も音質を除けば名曲である。


Review by Cosman Bradley

Click Ranking for epic metal!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/211-75069c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック