Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ⅰ. 歴史的名曲とは

 文字通り、歴史に名を残すべき、傑出した名曲のことである。今まで私は様々なエピックメタルの楽曲に対し、「歴史的名曲」という言葉を用いてきたが、改めて読んだだけでは分からないはずである。そこで、ここではそのような名曲群をユーチューブへのリンクで視聴できるようにした。この偉大なる名曲たちは、劇的な旋律を持って我々を驚異と興奮の極地へ誘ってくれるはずである。


Ⅱ. 記録

Legacy of EPIC METAL Pt.Ⅰ


この曲は、ヴァージンスティールが世に送り出した最高の名曲の一つである



自らコンポで聴いた時は、信じられない感覚に襲われた



究極のエピックメタル



もはやバルサゴスはエピックメタルを超越した



これぞ究極の戦慄である



神の戦士たちの聖歌は、我々をヴァルハラへと導く



恐らくこの時、エピックメタルの歴史は定まったのだろう



彼らの行進に加わるのだ



彼らの存在は神話となった



年振りた古い伝説…


To be continued...

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
良いですね
エピック・メタルの名曲の数々、楽しみました。一人でも多くの人達に聴いてみてもらいたい曲ばかりですね。Virgin SteeleのCDが欲しくなっちゃいます。(笑)「The Crown And The Ring」・・・もし自分が天に召されるときは、大音量でこの曲をかけて見送ってもらいたい。そう願うメタルファンは少なくないはず。(僕だけ?)
2010/09/12(日) 12:22 | URL | Taka #-[ 編集]
返信
名曲の選出には私も非常に悩みましたね。バルサゴスだけでも夥しいほどの名曲がありますから。6thなどは私にとってはすべて名曲なのです。しかし今回は、多岐に渡って名曲を集めたく思い、こういう結果になりました。更に私は、第3回目のエピックメタル名曲集も考慮しています……
そしてヴァージンスティールのCDですが、7thの「The Marriage of Heaven & Hell, Pt. Ⅱ」と8thの「Invictus」をお勧めしますよ。前者はレビューにも以前書いたように、歴史的なエピックメタルの名盤ですし、何より私が愛してやまない名曲「Emalaith」が8曲目に入っています。1曲目のヒロイックなイントロが高揚感をもたらす「A Symphony Of Steele」と2曲目の劇的・勇壮極まりない「Crown Of Glory (Unscarred)」もかなりの名曲ですよ。2008年にリマスター再販盤が出ていますので、可能であれば、そちらの購入を勧めます。音がよくなっています。後者は、ヴァージンスティールのアルバムの中で最もアグレッシブかつヒロイックなアルバムです。大作はラストの名曲「Veni, Vidi, Vici」がありますが、何れの曲も信じられないような完成度とドラマ性を有しています。率直なバーバリックさとエピカルな楽曲群はどれも素晴らしいですよ。そしてトータルでの密度と構成力も最高のものです。また、2002年に発表された「HYMNS TO VICTORY」というベスト盤も出ています。このベスト盤はファンとディファイ本人による選曲によるもので、リマスターも施され、初心者としてはこれ以上ない作品でしょう。私もこれをよく聞きますよ。先述した8th以降の作品は、現在11th「Visions of Eden: The Lilith Project (A Barbaric Romantic Movie of the Mind)」まで出ていますが、どれもエピックメタルの理想形といえるものです。特に11thに至っては、エピックメタルの神と形容される次元まで上り詰めています。ヴァージンスティールは、極めて偉大なエピックメタルバンドですよ。
「The Crown And The Ring」を葬儀に使うのですか。それは盛大な葬儀になりますね。あの曲はまさに戦士たちのレクイエムです。その考えには賛同しますよ。そういった崇高な曲を見つけられたというのも、いいことではありませんか……
2010/09/12(日) 15:35 | URL | コスマン・ブラッドリー #-[ 編集]
叙事詩の世界からこんにちは
 お久しぶりです。まぎーです。
 夏のあいだ静養なさっていたと聞き、驚きました。
 その後お元気でお過ごしでしょうか?

 じつは私はコスマン様のおかげでCIRITH UNGOLを試聴する機会に恵まれ、1stと2nd、そして3rdを購入しました。
 全曲素晴らしいというところまでは残念ながら達していないようですが、"Frost And Fire""Cirith Ungol"等、背筋の凍るような、捨て身のメタルを聴くことができたのは幸運でした。

 アルバム4枚で解散するには本当に惜しいバンドですが、一番のけぞったのは、彼らが陽光きらめくカリフォルニアはヴェンチュラの出身だったということです!
 てっきり、ニューヨークかその周辺だと、思い込んでいました。

 ドラマーのロバート・ガーヴェンは、myspaceを開設していて、今もお元気な様子ですが、ティム・ベイカーは今どこで何をしているのでしょう?
 ちょっと、気がかりです。

 ところで、上にあげておられるVIRGIN STEELEの"Vini Vidi Vici"はYOUTUBEで今年夏のブエノスアイレス公演のを試聴することができます。
 屋外の会場(夜)だったらしく、デイヴィッドその人がMCをしていると、ステージの隅に何やら黒い物体が動いています。
 正体は猫。"Oh,Beautiful Cat!"とデイヴィッドは呼びかけ、猫を抱きあげて"Beautiful,beautiful"と声を掛けながら何度か撫で、そして放してやっていました。
 この間、他のメンバーもお客も実にいい笑顔というか和んだ雰囲気で、また再びMC→曲へ…といった展開でした。

 南米らしい?大らかさで、ちょっと面白かったので、ご報告しました。それでは。
2010/09/13(月) 09:53 | URL | まぎー #-[ 編集]
返信
あなたもお元気でなりよりですよ。私の体調のことですが、今は良くなりました。一ヶ月前くらいまでは、全身の疲労と頭痛で何もできない状態が続き、酷く苦労したものです。私は昔から感受性がとても強い人間で、微小な状況の変化や人間の内向的な感情──公には隠されている、人間の邪悪な部分、といえば分かりますでしょうか──も感ずいてしまうのですよ。それが心理的な要因で身体に悪影響を与えているのでしょうね。現実には腐敗と堕落が蔓延していますから……全く現実などはくそくらえです!
キリス・ウンゴルを購入されましたか。それはなによりです。私も「Frost And Fire」は名曲だと思っています。それよりも、あなたがキリス・ウンゴルのCDを購入できてよかったものです。何しろ通信販売以外で入手するのは難しいですからね……。私はアマゾンに感謝ですよ!後、是非4thも聴いてみてください。彼らは3rdで独自のエピックメタルを完成させたといってもいいですが、最終作となった4thには"ティム・ベイカー三部作"といわれる伝説的なトリロジーが最終部で展開されています。特に「Chaos Rising」と「Fallen Idols」の二曲は彼らの最高の名曲と称されています。……それでティム・ベイカーのことですが、私も知りません。もちろんヴァルハラに旅だったことはないと思いますが、今は彼らの残した遺産にただただ圧倒されるばかりであります。
ヴァージンスティールのブエノスアイレス公演は、全く知りませんでした。あなたの細かな描写のおかげで、そのファニーな雰囲気が幾分か伝わってきました。あなたの情報量には感服するばかりです!これからもエピックメタルのよき理解者として、人生をより良いものにしていってください!
2010/09/15(水) 11:10 | URL | コスマン・ブラッドリー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/205-92c23e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。