FC2ブログ

Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2019




The Highest Peak Of Epic Metal.


The_Course_of_Empire.png

現代エピック・メタルのマスターピースが完成
 2019年9月、ドイツのエピック・ドゥーム・メタル・バンド、アトランティアン・コデックス(Atlantean Kodex)の第3作『The Course of Empire』が「Ván Records」から発売された。本作が発売されると、直ぐに世界中のエピック・メタル・ファンたちから大絶賛の声が上がり、再びバンドは、大きな成功を手にした。
 そして、『The Course of Empire』に対する称賛の声は、今最も叙事詩音楽が熱い地域、ギリシャからも上がった。
「これぞエピック・ミュージックだ」
 2005年のドイツで結成されたアトランティアン・コデックスは、前作『The White Goddess』(2013)で大きな成功を収め、欧州における最高のエピック・メタル・バンドの地位を確立。その後、当然のように、新しいアルバムに対する期待が、世界各地で高まっていった。
 凡そ6年の歳月を掛け、アトランティアン・コデックスは、前作を凌駕するポテンシャルの高さで、この『The Course of Empire』を作り上げた。ドゥーム・メタル、トラディショナル・エピック・メタルを下敷きとした本作のサウンドは、正にアンダーグラウンド・シーンのファンたちが追い求めていたものだった。それを圧倒的なクオリティの高さで完成させ、再びバンドは、ファンたちからの支持を獲得した。
 ゲートキーパー(Gatekeeper)、スモウルダー(Smoulder)、ルナ・シャドウ(Lunar Shadow)、ブレイヴライド(Braveride)に続き、またしても、2019年のエピック・メタル・シーンを代表する傑作が誕生した。
「究極のアルバムだ」
 あるエピック・メタル・ファンは、そう言い放った。そこには、称賛しかなった。
 アトランティアン・コデックス──ドイツのエピック・ドゥーム・メタルの最高峰は、音楽シーンやファンたちの期待を軽々しく超えてきた。

1. The Alpha and the Occident (Rising from Atlantean Tombs)
2. People of the Moon (Dawn of Creation)
3. Lion of Chaldea (The Heroes' Journey)
4. Chariots (Descending from Zagros)
5. The Innermost Light (Sensus Fidei)
6. A Secret Byzantium (Numbered as Sand and the Stars)
7. He Who Walks Behind the Years (Place of Sounding Drums)
8. Spell of the Western Sea (Among Wolves and Thieves)
9. The Course of Empire (All Thrones in Earth and Heaven)
10. Die Welt von Gestern (Abendland)

The Course of Empire


White Goddess




Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/1963-beba8634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック