Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Guardi・n de las Melod・as Perdidas



Country: Spain
Type: Full-length
Release: 2001
Reviews: 88%
Genre: Epic Folk Metal


異国スペイン出身のエピック・フォーク・メタル、サウロム・ラムダースの2001年発表の1st。


サウロム・ラムダースのレビューをするにあたり最初にお詫びを。
彼らは先述したようにスペイン出身のメタルバンドであり、歌詞、ブックレット、本国ウィキペディア等の言語が全てスペイン語で表記されている。只でさえ英語に明るくない私なので、ましてやスペイン語の解読は非常に時間がかかる。なので、彼らの経歴やアルバムの概要について詳細な資料を載せることが出来ないということをいっておく。言語障害の大きさ、なにより自分の学力の無さを恥じたい気持である。しかし彼らの詳細が分かり次第加筆も当然していくので、このレビューが完全なものではないことを理解していただきたい。では気を取り直してレビューに移ろう。


サウロム・ラムダースの遍歴を少し...
彼らはスペインのサンフェルナンドにて1996年、José A. GilとNarci Laraを中心にして結成された、フォーク・エピックメタルバンドである。同年の96年に「La cripta del duende」と題された1stデモを制作。翌年の97年には2ndデモ「Regreso a las tierras medias」を完成し、99年に続いて3rdデモ「Legado de juglares」をリリース。そして2000年にはデモとしては4つ目となる「Orígenes」を完成させる。それら4つのデモを経て今回、念願の1stアルバムである「El guardián de las melodías perdidas」の発表に至った。


まず記念すべき本作のサウンドは、いわゆる民族音楽にヘヴィメタルの要素を加味した紛いのないフォーク・メタルである。様々な民族楽器を奏を操る6人のバンド・メンバーに加え管弦楽器、クワイアに多数のゲストを迎えて本作は制作された。この多民族的なスタイルはElevenking(エルヴェンキング)との共通性も見いだせるだろう。一方の音楽性に関しては同郷のMago de Oz(マゴ・デ・オズ。オズの魔法使いの意)に類似しているが、サウロムの場合はシリアスなヒロイックさとエピカルな雰囲気において大きく上回っているといえる。しかしそうしたシリアスな雰囲気は2nd以降で顕著なものとなってくる。さしあたってこの1stアルバムにおいては、スパニッシュ・メタルの持てる技を全て駆使したとでもいうような情熱的な爆発力に満ちているのである。バイオリンやチェロ、オーボエ、バクパイプ等の管弦楽器を駆使し、そこに必殺の破壊力を宿した笛のファンタジックな音色が踊り狂う。加えて、スペイン語の独特の発音で勇ましく歌われる巻き舌も強烈だ。ある意味、民謡テイスト・ヘヴィメタルの極限の領域ともいえるサウンドがサウロム・ラムダースの第一作たる本作では遺憾なく発揮されている。

民謡色が強くエピカルなサウンドとくれば、世界観は当然中世ファンタジーであることが想像できる。彼らはその期待を裏切ることなく、中世幻想世界への本格的な傾向をみせている。その世界観は、戦士や妖精等の彩るケルト神話を想起させる。楽曲に配されたメロディに関しても、非常にケルト色が濃いものだ。要約すると彼らの描く世界はエピック・ファンタジーといえるだろう。エピック・ファンタジーとはハイ・ファンタジーの一種である。ハイ・ファンタジーはよく異世界に誘われる、というがサウロムの楽曲を視聴すればその意味がわかるだろう。
とにかく民謡、エピックメタルファンなら否応なしに本作はお勧めである。



1. El Guardián de las Melodías Perdidas
2. Regreso a las Tierras Medias
本作には民謡メタルの歴史的な名曲が二曲収録されている。一曲目は#7、そしてもう一曲は本曲である。この曲はとにかく言葉では表現のしようのない名曲で、民謡が高速で乱舞する様はただただ悶絶以外の何物でもない。2分という時間が嵐のように過ぎ去っていく。後、曲が始まった途端聴者はあまりのファンタジックさに笑いが止まらなくなる。
3. El Saltimbanqui
4. Saloma
5. La Ley de las Hadas
6. Canto das Sireas (Susurros)
7. El Arquero del Rey I
途轍もなく田舎臭い民謡旋律が巻き舌と乱舞する神曲。展開も非常にドラマティックであり、エピカル極まりない。溢れ出るメロディ全てが驚異的なまでに臭い。
8. El Arquero del Rey II
9. El Ermitaño
10. Pequeño Lombardo
冒頭のバグパイプの旋律が過剰に雰囲気を弾きたてる。更にそこに郷愁を誘うもの悲しいメロディも加わり、笛の劇的な展開ともうお手上げである。本作中最もヒロイックな名曲。
11. La Danza de Nathaniel
12. Fiesta
13. El Baile del Juglar
14. Penumbra
15. La Ley de las Hadas (Acoustic Version) (Bonus Track)
16. El Flautista (Bonus Track)



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/181-6b7456ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。