Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンプラグド(unplugged)

アンプ等の電子装置を一切使わない、楽器の生演奏のことを指す言葉。

エレキギター等のアコースティックもあり、主にエリック・クラプトン、キッス等が有名である。
それらのヒットの発端となったMTVは現在、「アンプラグド」という名称を商標登録したため、「プラグレス」という言葉が使用されるようになった。

エピックメタルでの使用頻度:
ハードロック界でのアンプラグト作品は多くも、メタルというジャンルでのアンプラグドは基本的に御法度である。それはメタルとしての一貫性が揺らぐばかりでなく、メタルからの脱却を図るに他ならないためである。しかし雰囲気としてアンプラグドを導入したり、ボーナストラック、企画盤(ハロウィンの『Unarmed』(2009)、フィントロールの『Visor Om Slutet』(2003)、ダークムーアの『Between Light & Darkness』(2003)、ブラインド・ガーディアンの『Forgotten Tales』(1996)等が有名である)等での使用頻度は比較的高い。そういう使用法では、ファンを異なった視点で楽ませるために行われたりする。エピックメタル界では、マノウォーがライブでのファンサービスの一環としてアンプラグド曲(バラードのアコースティックヴァージョン)を数曲演奏した。また中世への傾向を見せるエピック・バンドは、民族楽器(スパニッシュギター、ハープ、カンテレ等の弦楽器)のみの楽曲をアルバム中に収録したりするが、インストゥルメンタルまたはバラッドの場合が多い。

参考作品:
Bob Dylan、KISS、Helloween、FINNTROLL、BLIND GUARDIAN、DARK MOOR

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/152-6be5306b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。