FC2ブログ

Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2019




Warning of Danger


Country: United States
Type: Full-length
Release: 1985
Reviews: 88%
Genre: Epic Metal


アメリカのエピック・メタル古参、オーメンの1985年発表の2nd。


オーメンの第2作『Warning of Danger』は、「Roadrunner Records」から発売された後、バンドの代表作のような存在となった。オーメンのサウンド・スタイルは、従来のNWOBHMに影響を受けたものであり、そこにマニラ・ロード(Manilla Road)やキリス・ウンゴル(Cirith Ungol)などのように、「剣と魔法」(Swords and Sorcery)の世界観を加えることで完成した。詰まるところ、ヒロイックで劇的な正統派メタルが、オーメンの最大の武器だった。

前作『Battle Cry』(1984)は、サウンド的にはチープな中身だったが、この『Warning of Danger』は、全く違っていた。実際に本作に収録された楽曲は、スピード、パワー、メロディ、ドラマ性が高次元で融合したものだった。例えば、ここで表現されていたのは、アメリカ的に解釈されたアイアン・メイデン(Iron Maiden)のようなサウンドだった。叙情的なギター・メロディにアグレッシブなリフ、J.D.キンボール(J.D. Kimball:vo)のユニークなヴォーカル・スタイルが、オーメンの全てを物語っていた。

結果的に、『Warning of Danger』を発表したことで、アンダーグラウンド・シーンにおけるオーメンの地位は、約束されたものとなった。ここでバンドは、数多くのファンを獲得し、カルト的な人気を誇った。80年代のアメリカ・アンダーグラウンド・シーンにおけるエピック・メタル伝説は、このようにして形作られていった。

『Warning of Danger』─その毒々しいアルバム・ジャケットと勇壮極まるサウンドは、カルト・メタル史の中に、永久に刻み込まれる伝説となった。



1. Warning of Danger
2. March On
3. Ruby Eyes (of the Serpent)
4. Don't Fear the Night
5. V.B.P
6. Premonition
7. Termination
8. Make Me Your King
9. Red Horizon
10. Hell's Gates



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/1468-3e0baccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック