FC2ブログ

Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2019




THE CROWNING OF THE FIRE KING [CD]


Country: Sweden
Type: Full-length
Release: 2017
Reviews: 87%
Genre: Epic Doom Metal


スウェーデン出身のエピック・ドゥーム・メタル、ソーサラーの2017年発表の2nd。


トラディショナルなエピック・ドゥーム・メタル・バンドとして、ソリチュード・イターナス(Solitude Aeturnus)やキャンドルマス(Candlemass)などと並び評価されてきたソーサラーは、2017年に「Metal Blade Records」から発表された第2作『The Crowning of the Fire King』を経て、アンダーグラウンド・シーンにおける地位を不動のものとした。

この『The Crowning of the Fire King』は、ダークかつドラマティックなエピック・ドゥームの世界観を重厚なサウンドで描き出しており、時には、メロディアスなギター・リフやヴォーカル・パートなども多用した。それは、これまで以上にバンドのサウンドの完成度の高さを証明する結果となり、次々と押し寄せる本作の怒涛の楽曲群に、ファンたちは納得せざるを得なかった。

また、ソーサラーは、ここで実験的な手法も用いた。クラシック・メタル、パワー・メタル、プログレッシブ・メタルなどの要素も加えた『The Crowning of the Fire King』は、より複雑で強烈なフックを持った内容となった。しかし、サウンドの根底にあったのは、間違いなく、伝統的なエピック・ドゥーム・メタルであり、これが揺らぐことはなかった。歴史、ファンタジー、戦争、死などをモチーフとした詞世界も、陰鬱で力強いサウンドに躍動感を与えた。

詰まるところ、ソーサラーは、『The Crowning of the Fire King』という最も完成度の高い作品を生み出したのだった。言うまでもなく、本作は、アンダーグラウンドのエピック・メタル・ファンたちから大絶賛され、これまでのエピック・ドゥーム・メタルの歴史に新たな名作が加わることとなった。

80年代後半に活動をスタートさせたスウェーデン出身のエピック・メタル・バンドが、今尚、著しい進化を続けていることは、驚愕すべき出来事だった。2010年代を迎えても、欧州のアンダーグラウンドのエピック・メタル・シーンは、決して衰えることなく続いていた。



1. Sirens
2. Ship of Doom
3. Abandoned by the Gods
4. The Devil's Incubus
5. Nattvaka
6. Crimson Cross
7. The Crowning of the Fire King
8. Unbearable Sorrow



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/1448-f243dcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック