Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




ユニフィケイション



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 1999
Reviews: 88%
Genre: Power Metal


ピート・シールク(g,vo)とカイ・ハンセン(g,vo)によるジャーマン・パワー・メタル、アイアン・セイヴィアーの2nd。1999年に発表。


前作「Iron Savior」では、コンセプトの完成度に楽曲のトータルバランスが追いついていないため物足りない作品だったが、2作目となる本作においての完成度と総合性は目を見張るほど向上している。結果的に、壮大なSFストーリーとドラマティックメタルの融合がここに成されたわけである。このアルバムは私の愛聴盤として、実は昔から聴いている。一番初めに入手したアイアン・セイヴァーのアルバムがこのアルバムで良かったと今でも思っている。

今作は、従来のガンマ・レイ等のメロディックなツインリードをメインに、ピートの男らしいヴォーカルが愚直に響く正統派パワーメタルを踏襲。
また楽曲であるが、ピートの制作したナンバーの他にカイ・ハンセンが提供した楽曲が2曲収録されており、#3、#11(歴史的名曲)ではカイ自らリードヴォーカルをとっている。これもアルバムの大きな変化の付け方で、アルバムの中で只ならぬ雰囲気を放っている。その完成度が高すぎるためか他の楽曲を食っている(笑)感もしないでもないが、ピートの楽曲も名曲#1、#2を筆頭に熱いパワーメタルを叩きつける。

タイトルの「Unification」とは、人類の統一を表している。このアルバムは、機械的な未来を通して、またヘヴィメタルを通して、人類がどうあるべきか提示した壮大なSFメタル大作である。



1. Coming Home
ドラマティックなパワーメタの名曲として光を放つ名曲。本作からのシングルにもなっている。
2. Starborn
アルバムで最速のナンバー。ドラマティックかつスペースティックなソロバトルは最高だ。
3. Deadly Sleep
カイ・ハンセンの作った曲。イントロのリードから大いなる期待感を漂わせ、見事に期待を裏切らない秀逸の一曲である。SFの世界観とメロディックパワーメタルが見事にマッチした、名曲といえるだろう。
4. Forces of Rage
5. Captain's Log
6. Brothers (Of the Past)
7. Eye to Eye
8. Mind over Matter
9. Prisoner of the Void
10. Battle
重厚なクワイアにギターの雄大な重奏を加えた逸品。
11. Unchained
12. Forevermore
ヘヴィメタル史に残る歴史的バラード。間違いなくカイが作ったバラードの最高傑作であり、地球規模のスケールで綴られる宇宙的旋律が感動を与える。
13. Gorgar [Version '98]
14. Neon Knights
15. Dragon Slayer



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/143-7b8223d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック