Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




H/P

Howard Phillips Lovecraft 1890-1937

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

"20世紀最高の怪奇小説家"


「ラヴクラフトは極めて知的な人間である。私が彼の作品に徐々に没頭していく度、その膨大な知識量に圧倒され、叩きのめされたのを鮮烈に覚えている。彼は希少な人間であった。殆どの人間が達しえない未知なる境地に達し、それを我々に残したのだから」


主な経歴:
1890年に、ロードアイランド州プロビデンス市、エインジェル・ストリートに生まれる。幼少に祖父のフィップル・V・フィリップスの影響を受け、彼の所有していた2000冊に上る物語や古い書物等を屋根裏で読むのが日課であった。6歳(5歳)頃から自分で物語を書くようになり、この幼少の時期に、「アラビアン・ナイト」に感銘を受け、アラブ人の詩人"アブドゥル・アルハザード"の名を思いついた。8歳になると科学に関心を持ち始め、徐々に地理学、天文学へと移行する。13歳では天文学の同人誌を発行。1904年頃からは天文学への関心を特に極め、非常に博学だった彼は、16歳の時、地元の新聞に天文学のコラムを書くようになっていた。しかし病弱のため、ブラウン大学への進学を断念し、18歳の時には小説の執筆をやめてしまった。当時の彼の生活は、隠者のようであったという。30歳、1914年4月にアマチュア文芸家の交流組織に参加。これが後の作品を創るきっかけとなる。この時であった作家達は彼にも大いに影響を及ぼしていく。また1915年には添削の作業をしている。彼は文通を好み、、ロバート・ブロック、クラーク・アシュトン・スミス、ロバート・E・ハワードら後に歴史を動かす作家達と幾度となく文章を交換した。1923年には幻想怪奇パルプ雑誌<ウィアード・テイルズ>に『ダゴン(Dagon)』が初掲載され、以後は<ウィアード・テイルズ>誌の常連となっていった。その後も自らの見た夢を題材にした『夢の国(Dreamland)』等作品を書き上げたが、これらが公に受け入れられることはなかった。1924年にはソーニャ・H・グリーンと結婚し、ニューヨークへ引っ越す。しかし1926年には離婚を経験し、故郷のプロビデンスへと戻る。彼は終始、この故郷プロビデンスを愛し続けた。1937年3月15日、*腸癌により病死。46歳にてその生涯を終えた。後に彼の友人、作家オーガスト・ダーレスはラヴクラフトの小説を系列化し"クトゥルー神話"と命名して発表し、ラヴクラフトの存在を明るみに知らしめた。そしてダーレスが1939年に創立した出版社「アーカム・ハウス」より出版されたラヴクラフトの小説群は、大いに絶賛されたのである。彼が公平な評価を受けたのは皮肉にも、死後のことであったのだ。(生前の単行本は『インスマウスの影(The Shadow Over Innsmouth)』の一作のみが発表された)墓碑が作られなかった彼の墓所は、1977年、多くのファンが集めあった資金で墓石が購入され、彼の故郷プロビデンスに「われはプロビデンスなり」という言葉が刻まれ、共に埋められた。これが本当の意味での、H・P・ラヴクラフトの永眠だったのかもしれない。最も、彼の残した宇宙的な恐怖は、今なお惑星的規模で拡大し、我々を戦慄と迫真の奈落に日々招き続けているのである。

*彼の病気には謎が多く、何故か体温が異様に低かったという。もちろんこれは、彼の物語によく登場する人物の最期に頻繁に起こる"邪神の知識を公にさらしたため死を迎えた"、"人間が知ってはならない知識を得てしまったために死を迎えた"結末とは無縁であることを祈りたい。しかし詳細は未だ謎である。

代表的な作品:
彼の作品は大きく2つにわかれている。ダンセイニ卿やエドガー・アラン・ポーに影響を受けた作品を残す初期、宇宙的恐怖や彼自身が見た「夢の国」を舞台とする後期に主に分けられる。作品の特徴は、潜在意識にある恐怖を描き出すという、一種の怪奇小説に近く、それを最大の魅力としている。代表的な作品としては、後にクトゥルー神話の基となった『クトゥルフの呼び声(The Call of Cthulhu )』、『インスマウスの影(The Shadow Over Innsmouth)』、彼の宇宙観を究極の域にまで高めた傑作『時間からの影(The Shadow Out of Time)』、謎の都市を驚異的な迫真性で描く『無名都市(The Nameless City)』、人間が夢の中で訪れる未知の世界「夢の国(Dreamland)」を舞台とした一連の作品群『セレファイス(Celephais)』、『未知なるカダスを夢に求めて(The Dream-Quest of Unknown Kadath)』、『銀の鍵の門を越えて(Through the Gates of the Silver Key)』等がある。まさにおびただしい数の名作が、生前残されていたといっていいだろう。それが再評価されたのは、然るべき処遇である。

下記には、ラブクラフトの代表的作品を年代と共に選出しておいた。

『代表的作品』
・「インスマウスの影」The Shadow Over Innsmouth(1936)
・「クトゥルフの呼び声」 The Call of Cthulhu(1928)
・「ダゴン」 Dagon The Vagrant (1919) *(1923)
・「無名都市」 The Nameless City (1921) *(1938)
・「アウトサイダー」 The Outsider (1926)
・「時間からの影」 The Shadow Out of Time (1936)
・「狂気の山脈にて」 At the Mountains of Madness (1936)
・「ダニッチの怪」 The Dunwich Horror (1929)
『夢の国(Dreamland)作品群』
・「ウルタールの猫」 The Cats of Ulthar (1920)
・「蕃神」 The Other Gods 1933 (1938)
・「セレファイス」 Celephais 1922 (1939)
・「銀の鍵の門を越えて」 Through the Gates of the Silver Key (1934)
・「未知なるカダスを夢に求めて」 The Dream-Quest of Unknown Kadath (1948)
・「イラノンの探求」 The Quest of Iranon (1935)

*は『Weird Tales』誌での掲載年。

邦訳作品:
ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
(1974/12)
H・P・ラヴクラフト
商品詳細を見る
ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))
(1976/08/20)
H・P・ラヴクラフト
商品詳細を見る
ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))
(1984/01)
H・P・ラヴクラフト
商品詳細を見る
ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))
(1985/11)
H・P・ラヴクラフト
商品詳細を見る
新編 真ク・リトル・リトル神話大系〈1〉新編 真ク・リトル・リトル神話大系〈1〉
(2007/09)
H.P. ラヴクラフト
商品詳細を見る
新編 真ク・リトル・リトル神話大系〈2〉新編 真ク・リトル・リトル神話大系〈2〉
(2007/11)
H.P. ラヴクラフト
商品詳細を見る
クトゥルー〈1〉 (暗黒神話大系シリーズ)クトゥルー〈1〉 (暗黒神話大系シリーズ)
(1988/12)
H.P. ラヴクラフト

商品詳細を見る


エピックメタルに与えた影響:
エピックメタルよりは、暗黒界のヘヴィメタルに与えた影響の方が図られるが、それでもラヴクラフトの宇宙観、知的探求性はエピックメタルに多大な影響を与えたかと思われる。現に、怪奇的なコンセプトを根差すエピック系アルバムの根底には彼の存在がある。より壮大でオカルティックな世界観を求める際、ラヴクラフトの幻想怪奇小説を題材に取るケースは多い(あのメタリカでさえ、ラヴクラフトから影響を受けた楽曲を残している)。または、神秘性への探求を表現する際、といってもよいだろう。ヘヴィメタル全般におけるSF、ホラー、ファンタジィとの関連性は昔から指摘され続けている。そのジャンルの創造者の一人でもあるラヴクラフトが、エピックメタル世界への貢献に果たしているのは想像に難くない。

影響を受けた主なメタル作品:
Metallica 「RIDE THE LIGHTNING」(1984) "THE CALL OF KTULU"、「MASTER OF PUPPETS」(1986) "THE THING THAT SHOULD NOT BE"、Dark Moor 「Beyond The Sea」(2005) "Through the gates of the silver key" "The silver key"、Nile 「ANNIHILATION OF THE WICKED」(2005) "VON UNAUSSPRECHLICHEN KULTEN"、 「Black Seeds Of Vengeance」(2000) "The Nameless City Of The Accursed"、Rage 「TRAPPED! 」(1992) "Beyond the Wall of Sleep"、「THE MISSING LINK」 (1993) "Lost In The Ice" "The Missing Link" "Wake Me When I'm Dead"、「BLACK IN MIND」(1995) "The Crawling Chaos" "Shadow Out Of Time" "In A Nameless Time"、「SOUNDCHASER」(2003) *All Concept、Mercyful Fate 「Time」(1994) "THE MAD ARAB"、「Into The Unknown」(1996) "KUTULU [THE MAD ARAB PART TWO]"、Vader 「THE ULTIMATE INCANTATION」(1993) "DARK AGE" "TESTIMONY" "BREATH OF CENTURIES"、「DE PROFUNDIS」(1995) "An Act Of Darkness" "Blood Of Kingu" "Of Moon, Blood, Dream And Me"、Bal-Sagoth All Concept、メタル他 Nox Arcana 「NECRONOMICON」 All Concept

*「All Concept」と書かれたアルバムは、全ての楽曲がラヴクラフトから影響を受けた、コンセプトアルバムにあたる。バルサゴスの場合、全アルバムに影響がある。

metallica02nilerage002gurobal-006

Click Ranking for epic metal!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/139-21034f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック