Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




 日本への本格的なラウド・ミュージックの輸入以降、大勢の人間たちに嫌われてきたヘヴィメタル。かつて、日本のメディアは、この音楽を「ヘビメタ」と呼び、子供たちの親世代や高齢者たちから大きな非難を浴びることがあった。
 そして、2010年代に入った現在では、日本国内で新たに「ヘビメタ・アレルギー」という病気が蔓延している。この特殊な病気は、ハード・ロックやヘヴィメタルなどの過剰な大音量を使う音楽(ラウド・ミュージック)に対して、精神的な苦痛を感じるというものだ。
 実際に「ヘビメタ・アレルギー」を発症している人間は、ラウド・ミュージックに対する免疫がないというケースが殆ど。つまり、近所や街中でそういった過激音楽を聞くと、何故か精神的に耐えられなくなるのである。
 例えば、都心の自宅や庭でヘヴィメタルを聴いていた子供たちが、近所の住人によって、一方的に警察に通報されるというケースが増加している。ツイッター上でも、「ヘビメタ騒音で通報しました、されました」という報告例が後を絶たない。
 こうした事件の背景にあるのは、間違いなく「ヘビメタ・アレルギー」を発症している人間たちの存在だ。
 詰まるところ、「ヘビメタ・アレルギー」を発症している人間たちは、どうしてもこの音楽を受け入れられないため、最終的には、警察への通報や集団での圧力といった方法に頼るのである。最悪の場合、ツイッター上で大炎上した神奈川県の青山学院大学(正確には青山学院大学相模原キャンパス)のように、「ヘヴィメタル禁止令」が発令されることとなる。
 現在、日本の大勢のヘヴィメタルのファンたちは、この「ヘビメタ・アレルギー」という深刻な問題に直面しており、一刻も早く明確な治療法を探す必要がある。この「ヘビメタ・アレルギー」問題が解決されない限り、日本でのヘヴィメタルに対する悪いイメージや圧力はなくならないだろう。

Metal Black





Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/1361-32257ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック