Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




-The Battle Jacket-



「袖無しパッチGジャン」と世間の白い目
patch-bros.jpg ヘヴィメタルのファンたちの間に浸透しているファッション・スタイルの中には、一般人たちがドン引きするようなものが数多く存在している。
 その中でも、圧倒的な"ダサさ"で一般人の目を釘付けにするのが、「袖無しパッチGジャン」である。これらは「パッチ付きGジャン」、「バトルジャケット」(Battle Jacket)とも呼ばれる。
 この異様なファッション・スタイルが音楽シーンに定着したのは80年代頃。主にバンドTシャツやデニム系アイテムが、世界中のロック・ファンたちの間に浸透した時期である。
 そして、満を持して「袖無しパッチGジャン」の登場。
 やがて、ヘヴィメタルのファンたちは、まるでお互いを高め合うかのように、自らカスタマイズしたオリジナルの「袖無しパッチGジャン」を、世界中のコミュニティ・サイトやライブ会場などで披露するようになっていく。
 これを最初に考えた人物は定かでないが、現在では、ヘヴィメタル系のバンドのライブ会場では、必ずこうしたファッション・スタイルに身を包むファンたちが目撃される。
 ここまでファンたちの間に浸透した「袖無しパッチGジャン」だが、一般人(特に若い女性たち)の評価を考えると、極めて恐ろしい結末を迎える。何故なら、身近な男性に対して、常に清潔感を求める現代の女性たちは、唯でさえ不潔な印象を持つバイク/ロック系のファッションを毛嫌いしているからだ。
 汗臭いハーレー乗りたちが愛用してきた袖無しGジャンと、極悪なヘヴィメタル・パッチが合わされば、正に鬼に金棒。一瞬にして、全ての若い女性たちを敵に回すこととなる。
 当然のように、個人のファッション・スタイルは自由なものだ。
 しかし、家庭を持つ大人にもなれば、必ず周囲の目を気にする時期がやってくる。その時、私たちは「袖無しパッチGジャン」を着て、親戚や友人などの前に出ていけるのだろうか。
 実際のところ、これらの過激なファッション・スタイルは、ラウド・ミュージックのファンたちがライブ会場で着る衣装のような意味合いを持ってきた。ライブ会場で派手な衣装を身に纏うのは、何もミュージシャンたちだけではないのだ。
 そういった熱狂的なファンたちの存在によって、巨大なヘヴィメタル・カルチャーの基盤は支えられている。
 そして、ライブ会場で着る派手な衣装も、一度でも会場の外に出てしまえば、一般人たちの感情を煽る凶器になるのである。



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/1360-631fa6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック