Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Ironsword.jpg

Country: Portugal
Type: Full-length
Release: 2002
Reviews: 81%
Genre: Epic Heavy/Power Metal


ポルトガルのエピック・パワー・メタル、アイアンソードの2002年発表の1st。


2002年、第1作『Ironsword』をイギリスの「The Miskatonic Foundation」から発表したアイアンソードは、ムーンスペル(Moonspell)、ディケイド(Decayed)、アラストル(Alastor)などで活躍したタン(Tann:vo、g)を中心として、1995年のポルトガルで結成された。デビュー以前からバンド側が追求していたサウンドは、世界各地のアンダーグラウンド・シーンで着実に勢力を拡大させていたエピック・メタル的なものだった。

そして、エピック・メタルという暗い歴史に包み込まれたジャンルの中で、マニラ・ロード(Manilla Road)やキリス・ウンゴル(Cirith Ungol)などのバンドが王座に君臨しているように、この『Ironsword』もそういったサウンド・スタイルを継承していた。アイアンソードの骨格となったサウンドは、80年代のマニラ・ロード、キリス・ウンゴル、マノウォー(Manowar)、オーメン(Omen)、ブローカス・ヘルム(Brocas Helm)などを彷彿とさせるものであり、その根底にはアンダーグラウンド主義やヒロイズムなどがあった。

また、アイアンソードは、従来の「剣と魔法の物語」(Sword And Sorcery)から多大な影響を受けており、『Ironsword』という作品は、ロバート・アーヴィン・ハワードの創造した世界観とローマ帝国の歴史をテーマとしていた。これらの叙事詩的なテーマは、古典的なエピック・メタルのメタリックなサウンドと溶け合い、極めてヒロイックな楽曲を作り上げていた。言うまでもなく、アイアンソードが選択したテーマは、トールキンの『指輪物語』や『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(Dungeons & Dragons)などのハイ・ファンタジーとは、"似て非なる"世界だった。

この『Ironsword』という作品は、凡そ40分間の短い内容だったが、アンダーグラウンド・シーンのエピック・メタルのファンたちを魅了するだけの力は持っていた。結果的に、アイアンソードは、伝統的な「剣と魔法の物語」の世界観を受け継ぐ真性のエピック・メタル・バンドとして、直にファンたちから認められた。



1. Intro
2. March On
3. King of All Kings
4. Legions
5. Under the Flag of Rome
6. Into the Arena
7. Ancient Sword of the Dead
8. Call of Doom
9. Guardians
10. Burning Metal
11. Outro



Click Ranking for epic metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/1335-0fb2fef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック