Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blazon Stone

Running Wild the 6th album in 1991 Release
★★★★★★★★☆☆...(名盤)

船長ロックン・ロルフ(g、vo)率いるジャーマン・パワー・メタルの権化ランニングワイルドの6th。

私が所有しているのは1997年のノイズからのリマスター盤である。前作でも書いたが、リマスターにより異常なほどメタリックでダイナミックな音質へと変化しているため(もともと楽曲がパワフルということもあるが)、#1冒頭のツインリードが炸裂するパートには鳥肌が立った様だ。
作風は前作と全くと言っていいほど変わらぬ伝統的なヘヴィメタルスタイルを今作でも披露。といっても前作よりも更に楽曲のメタルサウンドが野太くなり洗礼の度を磨いているので、その手のメタルファンにはもちろんのこと、正統派メタルを聴き始める向きにも十分薦められる。
特に先ほども挙げた#1はこれ以上ないほど劇的な幕開けを持つ、孤高の名曲である。他にもキャッチーなまでに親しみやすいメロディを持つ#5も名曲に値するだろう。
このヘヴィかつメタリックなテンションは前編に渡って繰り広げられるが、前半に名曲が集中しているせいと漢らしい熱い世界観も相まって、後半には少々聴き疲れも覚える。最も、それは本作のボリュームが満足いくものであることに他ならないのだが。彼らの圧倒的なポテンシャルの高さと、独特の世界観を継続したという意味では、今作は最高のヘヴィメタルアルバムに位置する。その絶対的な個性である、シン・リジィからの影響を伺わせるケルティック/アイリッシュ調のメロディの導入も、完成されたメタルサウンドに物語を想起させるに至るまでストーリーテリングである。ランニングワイルドの放出するケルティックメロディは洗礼されたものであり、極めて明確な旋律を耳に残すことが出来る。

今作に限らず思うことだが、ランニングワイルドのメタルは、徹底された"海賊"に代表される勇壮な世界観と漢臭い楽曲で唯一無二の個性を持っている。充実とはまさに彼らの作品のことである。ロルフ船長の操舵は、ジャーマンの伝統的な古い香りを潮風の如く運び、中世の哀愁の旋律を歌って、我々を変わらぬ冒険に連れ出してくれるのだ。


1. Blazon Stone
メタル界広しといえど、これほど劇的なイントロダクションを設けたバンドはいないだろう。キーボードなどは一切使用せず、鋼鉄のツインリードとドラムスのみで形成される伝統のサウンドは、魅惑的なほど漢らしい。この名曲の2分以上も続くイントロは、名演どころかドラマティック・メタル史に残るかと思われる。その後の展開も、ドラマ性と勇壮さに満ちた、見事なエピックパワーメタルが展開される。爽快感すら溢れるサビでのメロディアスな歌パートと扇情的なギターのフレーズも、この上ないほど高揚感を昂ぶらせる。クライマックスでのツインリードパートでは、またもや激烈なケルティックメロディが早弾きされ、雄大なそのメロディは圧巻のスケール感を放つ。まさに名曲中の名曲、前作収録の「Riding the Storm」と並び彼らの歴史を語る上で欠かせない曲である。
2. Lone Wolf
3. Slavery
4. Fire & Ice
5. Little Big Horn
陽気な雰囲気とメロディが印象的な曲だが、明白な展開と程良い洗礼がなされた充実の名曲である。ランニングワイルド特有のケルトメロディは大放出だ。
6. Over the Rainbow
7. White Masque
8. Rolling Wheels
9. Bloody Red Rose
10. Straight to Hell
11. Heads or Tails
12. Billy the Kid
13. Genocide

Click Ranking for epic metal!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cosmanbradley.blog129.fc2.com/tb.php/103-0d6d80d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。