FC2ブログ

【METAL EPIC】Instagram投稿にGatekeeper、Eternal Championらが反応 感謝動画も 「あなたは本物の漢だ」「アリガトゴザイマス」


この投稿をInstagramで見る

Gatekeeper / Eternal Champion - Retaliator / Vigilance I remember. This split has changed the history of American Epic Heavy Metal. I think the new era of the epic metal scene started here. Thanks to Robert E. Howard and Sword and Sorcery, their successors. @eternalchampion @gatekeeper_metal @metal.epic #metal #epic #heavymetaltshirt #gatekeeper #metalhead #heavymetal #heavymetalfashion #metalfashion #conan #bikerfashion #bikerstyle #bikercap #vintagefashion #rockfashion #silveraccessory #metallife #manillaroad #manillaroadband #markshelton #mensfashion #undergroundmetal #bandtshirt #punktshirt #epicdoom #epicheavymetal #epicmetal #instametal #heavymetalmaniac #eternalchampion #robertehoward

Daiki Oohashi(@metal.epic)がシェアした投稿 -



 2020年2月下旬、「METAL EPIC」のインスタグラム用アカウントにGatekeeper、Eternal Championのスプリット盤『Retaliator / Vigilance』(2015)の画像を投稿。同時期、GatekeeperとEternal Championがスプリット盤の再発をインスタグラム内で告知。Gatekeeperは、再発されたスプリット盤の画像を投稿するよう、ファンたちに呼び掛けていた。
 その後、GatekeeperとEternal Championの公式アカウントが「METAL EPIC」のインスタグラム・アカウントに反応。感謝のコメントが届けられた。
 また、Gatekeeperは、この投稿に感銘を受け、直接DMで感謝動画を送る事態に。完全にプライベートな動画内には、日本語で「アリガトゴザイマス」と丁寧に気持ちを綴るGatekeeperのJeff Black(Geoff Blackwell)の姿があった。
 最近、インスタグラム内で海外のエピック・メタル・バンドたちから反響を貰う機会が増え、ますますアンダーグラウンド・シーンに直接関わるようになった当サイト。今後も本場のエピック・メタル・バンドたちとの良好な関係を築き上げていきたい。Thank you Gatekeeper and Eternal Champion!


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【Instagram】エピック・メタル新譜情報 Cirith Ungol, Ironsword, Visigoth

この投稿をInstagramで見る

Cirith Ungol is back! Epic Metal Origins Cirith Ungol will release a new album on April 24. Their 5th album is named "Eternal Black". Cirith Ungol is now the top of all Epic metal bands. I pray their success to the Metal God. It is the dawn of the Epic Metal era! @cirithungolband @metalbladerecords @metal.epic #epicmetal #epic #epicheavymetal #epicblackmetal #undergroundmetal #cultmetal #truemetal #barbarianmetal #heavymetalband #heavymetalmaniac #metalcollector #metalband #metalmusic #heavymetalcd #metalalbum #instacd #epicpowermetal #manillaroad #cdcollection #medivalmetal #medievalmetal #swordandsorcery #symphonicepicmetal #cirithungol #epicdoommetal #epicdoom #metalbladerecords #cirithungolband #elricofmelnibone #elric

Daiki Oohashi(@metal.epic)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

Sword and Sorcery metal revival! Portuguese epic heavy metal band Ironsword will release a new album. Their 5th album is named "Servants of Steel". Released by Alma Mater Records. All epic metal fans will be satisfied with their new work. The lyrics are Robert E. Howard heroic fantasy. Crom! @metal.epic #epicmetal #epic #epicheavymetal #epicblackmetal #undergroundmetal #cultmetal #truemetal #barbarianmetal #heavymetalband #heavymetalmaniac #metalcollector #metalband #metalmusic #heavymetalcd #metalalbum #instacd #epicpowermetal #manillaroad #cdcollection #medivalmetal #medievalmetal #swordandsorcery #robertehoward #ironsword #epicdoommetal #epicdoom #swordandsorceryart #conan #conanthebarbarian #ironswordband

Daiki Oohashi(@metal.epic)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

Visigoth is the epic metal band I expect most. Visigoth a Salt Lake City band. Last year we released an EP from a Metal Blade Records. Epic metal fans around the world are counting on their new album. Metal fans who don't know Visigoth need to check now! @visigothslc @metalbladerecords @metal.epic #epicmetal #robertehowardconan #epicheavymetal #epicblackmetal #undergroundmetal #cultmetal #truemetal #barbarianmetal #heavymetalband #heavymetalmaniac #metalcollector #metalband #metalmusic #heavymetalcd #metalalbum #instacd #epicpowermetal #manillaroad #cdcollection #medivalmetal #medievalmetal #swordandsorcery #robertehoward #manillaroad #epicdoommetal #epicdoom #swordandsorceryart #conan #conanthebarbarian #visigoth

Daiki Oohashi(@metal.epic)がシェアした投稿 -




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Cirith Ungolのブレイクとエピック・メタル史

The Cirith Ungol And Epic Metal History.


cirithungola.jpg

エピック・メタルの夜明け
 2015年の再結成以降、世界中のアンダーグラウンド・シーンで着実に人気を高めていった"エピック・メタルの元祖"Cirith Ungol。このバンドの歴史は、1972年のアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラから始まった。
 "エピック・ヘヴィ・メタル(Epic Heavy Metal)"──一般的にそう呼ばれるサブ・ジャンルの元祖として、Cirith Ungolがデビューしたのが1981年だった。最初、Cirith Ungolの第1作『Frost and Fire』は、当時ヘヴィメタルを見下していた音楽評論家たちから散々に酷評された。一方、欧米の一部のマニアックなメタル・ファンたちからは、大きな反響があった。
 Cirith Ungolの功績は、あのエルリック(Elric of Melniboné)のイラストをヘヴィメタルのアルバム・ジャケットに採用したこと、"ソード・アンド・ソーサリー(ヒロイック・ファンタジー)"の世界観をサウンドに導入したこと等だった。そして、今日のメタル・シーンでは、Cirith Ungolが築き上げた音楽のスタイルが、一般的なエピック・メタルの基礎となっていた。
 ドイツ、イタリア、ギリシャ他、ヨーロッパ大陸で特にエピック・メタルの人気が高い地域では、Manowar、Manilla Road、Cirith Ungol、Omen、Brocas Helm、Virgin Steele等が支持を集めていった。その熱狂的な支持は、Virgin Steeleがヒットした90年代を超えて続き、地中海諸国で"New Wave Of Mediterranean Epic Metal(NWOMEM)"のムーブメントが起こるきっかけとなった。
 その後、2000年代後半のヨーロッパを席巻したNWOMEMが終わりを迎えると、アメリカで新たな時代が幕開けた。それは、"New Wave Of Traditional Heavy Metal(NWOTHM)"というムーブメントに影響を受けた、新世代のエピック・メタル・バンドたちが中心となったものだった。Eternal Champion、Gatekeeper、Visigoth等の驚異的なポテンシャルを持った若手バンドたちは、現代のエピック・メタル・シーンに新たな風を呼び込んだ。
 この出来事は、アメリカのアンダーグラウンド・シーンのものだったが、NWOMEMやNWOTHM以降、ヨーロッパでもエピック・メタルの勢力拡大は続いていた。エピック・ドゥーム・メタルの再評価も、この頃の出来事だった。そして、イタリアからギリシャへと主戦場を移したエピック・メタル・シーンは、Battleroar、Wrathblade等に率いられ、次の世代の到着を待った。
 しかし、2018年、"アンダーグラウンド・メタルの王"Manilla RoadのMark Sheltonの死という衝撃が、欧米のメタル・シーンを直撃した。ファンたちが悲しみに打ちひしがれるのも束の間、これによって、実質エピック・メタル・シーンのトップ・バンドは入れ替わることとなった。
 2015年に再結成していたCirith Ungolは、Mark Sheltonの死後、急速にヨーロッパのメタル・ファンたちからの支持を獲得した。新曲シングル『Witch's Game』(2018)、ライブ盤『I'm Alive』(2019)の発表は、完全復活を遂げたCirith Ungolの精力的な活動記録そのものだった。
 2019年後半、Cirith Ungolは、自身のインスタグラムで世界規模のメタル・フェス「Keep It True 2020」のヘッドライナーに選出されたことを発表した。今やCirith Ungolは、ヨーロッパ大陸で最も高い人気を誇るエピック・メタル・バンドの一つとなっていた。長らく彼らをサポートしてきた「Metal Blade Records」社長のBrian Slagelは、この出来事に大きな衝撃を受けた人物の一人だった「予想外の事態だ」
 2020年、メタル・シーンの衝撃は続いた。名作『Paradise Lost』(1991)以来、約29年振りに、Cirith Ungolが新作アルバムを発表するのだった。『Forever Black』と名付けられたCirith Ungolの5枚目のアルバムは、ジャケットにお馴染みのエルリックを配し、4月24日に「Metal Blade Records」から発売されることが決定した。
 2015年の再結成から、恰もドラマのような展開で、エピック・メタル・シーンの頂点へと上り詰めたCirith Ungol。しかし、一部のファンたちは、このように語った「ようやくCirith Ungolが正当評価された」

{Feb 23, 2020}


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【Instagram】Mark Sheltonの死に触発されたエピック・メタル・バンド、Throne of Ironがデビュー・アルバム『Adventure One』を紹介

この投稿をInstagramで見る

Adventure One CDs and LPs go live at 1PM (1300) Eastern Standard Time tomorrow. We only have SOME of the total printed stock, and this is strictly on a first come, first serve basis. Once these are out, everyone will have to wait for us to re-up on stock from @noremorserecords. For your LPs safety, your wallet's integrity, and our sanity, we will only be selling LPs to US and Canada orders. European and other International purchasers would do well to order direct from No Remorse, as they will get you the best rate and ensure your LP arrives safely, as they are professionals. May the odds be ever in your favor, and we thank you for hanging with us. ⚔⚔⚔ #dungeoncrawlingheavymetal #adventureone #heavymetal #speedmetal #powermetal #epicmetal #dndmetal #dnd #dungeonsanddragons #adnd #5e #thrashmetal #oldschoolmetal #oldschoolheavymetal #vintage #classicmetal #dandd #nerdmetal #d20 #nwothm #traditionalheavymetal

Throne Of Iron(@throneofironmetal)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

CDs and LPs are live on bandcamp. Go.

Throne Of Iron(@throneofironmetal)がシェアした投稿 -





続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

RAVENSIRE 「We March Forward」

RAVENSIRE1.jpg

Country: Portugal
Type: Full-length
Release: 2013
Reviews: 85%
Genre: Epic Heavy Metal


ポルトガル出身のエピック・ヘヴィ・メタル、レイヴンズイーレの2013年発表の1st。


元IronswordのRick Thor(b, vo)を中心としたレイヴンズイーレは、「Eat Metal Records」から第1作『We March Forward』を発表した。デビューEP『Iron Will』(2012)は、トラディショナル・エピック・メタルというバンドの方向性を打ち出した内容であり、アンダーグラウンド・シーンのマニアたちからも注目を集めた。また、バンドがManilla Road、Cirith Ungol、Omen等の後継者であった事実も、エピック・メタル・ファンたちの耳に響いた理由となった。

この『We March Forward』は、従来のエピック・メタル原理主義的なサウンドに加え、Rick Thorの個性的なヴォーカルを前面に押し出した作風が特徴だった。各楽曲を飾るギター・リフは、何れもヘヴィかつメタリックなものであり、その根底にはNWOMEMやNWOTHM等のムーブメントからの影響も存在していた。

エピックな要素を感じる部分としては、作品全体を覆い隠すヒロイックなムードや古代・中世への傾倒が挙げられた。こうした要素は、これまでのエピック・メタルの歴史の中でも、極めて重要な役割を担っていた。当然のように、レイヴンズイーレは、その過去の伝統を愚直に踏襲することで、一切妥協のない強力なエピック・メタル・アルバムを作り上げた。

これぞアンダーグラウンド・エピック・メタルのマニアたちが待ち望んだ作品であり、中身はヒロイックな興奮に満ち溢れていた。余計な楽器やアレンジ等を全て排除したレイヴンズイーレの信念に満ちたサウンドは、正にManilla RoadやCirith Ungolに連なる、エピック・メタル原理主義のそれだった。このレイヴンズイーレの登場によって、ヨーロピアン・エピック・メタル・シーンの未来は大いに明るくなった。



1. Dark Abyss
2. Night of the Beastslayer
3. Gates of Ilion
4. Fate Is Inexorable
5. Drawing the Sword
6. Iron Pits
7. Mire of Delusion
8. Homecoming
9. Beyond the Portcullis
10. Warriors to the Slaughter


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【Instagram】エピック・メタルの元祖、Cirith Ungolの最新アルバム『Forever Black』情報まとめ 「4月24日発売だ」「29年待った」

この投稿をInstagramで見る

Cirith fans! Your patience has all been worth it! On April 24th, the mighty @cirithungolband will release their new album, #ForeverBlack - their first collection of all-new material in 29 years! ⁠ ⁠ Click the link our bio to hear the new single, #LegionsArise and pre-order the new record in the following formats:⁠ - jewelcase-CD⁠ - digipak-CD (EU exclusive)⁠ - deluxe box set (slip-lid box, 2CD, 2LP mud-green vinyl, flag, slipmat, pin, patch - limited to 1000 copies)⁠ - ice blue / black marbled vinyl (US exclusive - limited to 400 copies)⁠ - purple / black marbled vinyl (US exclusive - limited to 100 copies)⁠ - 180g black vinyl (EU exclusive)⁠ - light blue / red marbled vinyl (EU exclusive - limited to 700 copies)⁠ - light olive green vinyl (EU exclusive - limited to 300 copies)⁠ - white / black marbled vinyl (EU exclusive - limited to 200 copies)⁠ - clear / black dust vinyl (EU webshop exclusive - limited to 100 copies)⁠ - pewter gray/black marbled vinyl - Artist Exclusive (Cirith Ungol Kings Road webshop - limited to 500 copies)⁠ * exclusive bundles with shirts and merch items, plus digital options are also available!⁠ ⁠ Forever Black track-listing⁠ 1. The Call⁠ 2. Legions Arise⁠ 3. The Frost Monstreme⁠ 4. The Fire Divine⁠ 5. Stormbringer⁠ 6. Fractus Promissum⁠ 7. Nightmare⁠ 8. Before Tomorrow⁠ 9. Forever Black⁠ ⁠ The street date of April 24th coincides with the band's historic double-headliner appearance at the Keep It True Festival in Germany. Cirith Ungol will have an exclusive Keep It True vinyl color (red/black marble) ONLY available at those shows! See below for all upcoming dates.⁠ ⁠ Cirith Ungol tour dates:⁠ April 24-25 - Lauda Konigshoffen, Germany - Keep It True (headlining both nights)⁠ May 9 - Plozevet, Brittany, France - Courts of Chaos Festival (headliner)⁠ June 6 - Leon, Mexico - Candelabrum Metal Fest (headliner)⁠ June 20 - Baltimore, MD - Maryland Doom Fest (headliner)⁠ June 26 - Madrid, Spain - Rock the Night Festival⁠ ⁠ #cirithungol #newrecord #newalbum #newsingle #metal #heavymetal #classicmetal #metalbladerecords #metalblade #preorder

Metal Blade(@metalbladerecords)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

Repost from @metalbladerecords • ICYMI: @cirithungolband announced their first new full length in 29 years earlier this morning titled, #ForeverBlack! If you haven't heard their new single yet then here you go - no more excuses! ⁠ Forever Black track-listing⁠ 1. The Call⁠ 2. Legions Arise⁠ 3. The Frost Monstreme⁠ 4. The Fire Divine⁠ 5. Stormbringer⁠ 6. Fractus Promissum⁠ 7. Nightmare⁠ 8. Before Tomorrow⁠ 9. Forever Black⁠ ⁠ The street date of April 24th coincides with the band's historic double-headliner appearance at the Keep It True Festival in Germany. See below for all upcoming dates.⁠ ⁠ Cirith Ungol tour dates:⁠ April 24-25 - Lauda Konigshoffen, Germany - Keep It True (headlining both nights)⁠ May 9 - Plozevet, Brittany, France - Courts of Chaos Festival (headliner)⁠ June 6 - Leon, Mexico - Candelabrum Metal Fest (headliner)⁠ June 20 - Baltimore, MD - Maryland Doom Fest (headliner)⁠ June 26 - Madrid, Spain - Rock the Night Festival⁠ ⁠ #cirithungol #newrecord #newalbum #newsingle #metal #heavymetal #classicmetal #metalbladerecords #metalblade #preorder

Cirith Ungol(@cirithungolband)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

ICYMI: @cirithungolband announced their first new full length in 29 years earlier this morning titled, #ForeverBlack! If you haven't heard their new single yet then here you go - no more excuses! ⁠ Forever Black track-listing⁠ 1. The Call⁠ 2. Legions Arise⁠ 3. The Frost Monstreme⁠ 4. The Fire Divine⁠ 5. Stormbringer⁠ 6. Fractus Promissum⁠ 7. Nightmare⁠ 8. Before Tomorrow⁠ 9. Forever Black⁠ ⁠ The street date of April 24th coincides with the band's historic double-headliner appearance at the Keep It True Festival in Germany. See below for all upcoming dates.⁠ ⁠ Cirith Ungol tour dates:⁠ April 24-25 - Lauda Konigshoffen, Germany - Keep It True (headlining both nights)⁠ May 9 - Plozevet, Brittany, France - Courts of Chaos Festival (headliner)⁠ June 6 - Leon, Mexico - Candelabrum Metal Fest (headliner)⁠ June 20 - Baltimore, MD - Maryland Doom Fest (headliner)⁠ June 26 - Madrid, Spain - Rock the Night Festival⁠ ⁠ #cirithungol #newrecord #newalbum #newsingle #metal #heavymetal #classicmetal #metalbladerecords #metalblade #preorder

Metal Blade(@metalbladerecords)がシェアした投稿 -






続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ポルトガルの正統派エピック・メタル、Ironswordが新作『Servants of Steel』(2020)を発表「剣と魔法の復活だ」

The Return Of Sword And Sorcery Heavy Metal.


ironsword5.jpg

"ソード・アンド・ソーサリー"の帰還
 2020年1月下旬、ポルトガルのエピック・ヘヴィ・メタル・バンド、Ironswordが第5作『Servants of Steel』を「Alma Mater Records」から発表。Ironswordの新作には、"エピック・メタルの元祖"Manilla RoadのヴォーカリストだったBryan "Hellroadie" Patrickがゲスト参加。2020年を彩る、アンダーグラウンド・エピック・メタル・シーンの大きなニュースの一つとなった。
 ポルトガルのリスボン出身のIronswordは、第1作『Ironsword』(2002)でのデビュー以来、一貫して"ソード・アンド・ソーサリー"(ヒロイック・ファンタジー)とヘヴィメタルの融合に挑み続けてきた。サウンド面では、Omen、Running Wild、Cirith Ungol、Manilla Roadなどの古いエピック/ヘヴィ・メタル・バンドたちからの影響を受けていた。
 Ironswordの意欲的な挑戦は、その後、NWOMEMのムーブメントとも重なり、第3作『Overlords of Chaos』(2008)で一気に爆発した。当時、地中海のエピック・メタルのムーブメントで求められていたのは、容赦のない、強烈無比な叙事詩金属音楽だった。これは、後に多くのメタル・ファンたちが語ったことだが、Ironswordのサウンドに一切の妥協や迷いはなかった。
 詰まるところ、このIronswordは、NWOMEMの代表作である『Overlords of Chaos』を経て、多くのエピック・メタル・ファンたちからの確固たる支持を獲得したのだった。
 さて、近年、ヨーロッパのエピック・メタル・シーンは、急成長を遂げたエピック・ドゥーム勢や若手バンドたちが群雄割拠する場となっていた。例えば、そこから登場したドイツのAtlantean KodexやLunar Shadowは、既にヨーロッパを代表するエピック・ヘヴィ・メタル・バンドとして、圧倒的な人気を博していた。また、若手バンドで言えば、Ironswordと同じく、ポルトガルから登場したRavensireもメタル・ファンたちから大きな注目を集めていた。
 更に、2020年4月開催のドイツ最大規模の「Keep It True 2020」からは、"エピック・メタルの元祖"Cirith Ungolがヘッドライナーを務めるというビッグ・ニュースが飛び込んできた。Manilla Road亡き今、全世界のエピック・メタル・シーンの頂点に君臨するのがこのCirith Ungolだった。また、同じく80年代のアメリカン・エピック・メタルのレジェンドであるBrocas Helmは、1月開催のヨーロッパの「Hammer And Iron Festival」で見事な復帰を遂げた。
 今やエピック・メタルというサブ・ジャンルは、ヨーロッパ大陸のメタル・ファンたちを本気で熱狂させるものとなっていた。
 その圧倒的な熱気に呼応する戦士の如く、ここにIronswordも強力な新作を発表した。Ironswordの『Servants of Steel』という作品は、やはり、ソード・アンド・ソーサリーの世界観に強く影響を受けたものであり、その根底にあるのがロバート・E・ハワードやH・P・ラブクラフトなどのパルプ作家たちが生み出した小説だった。言うまでもなく、これこそが、世界中の真のアンダーグラウンド・エピック・メタルのファンたちが追い求め続けた世界観だった。
 伝説の剣と魔法の物語との完全なる融合を果たしたIronswordの数多の作品群は、地下に眠る叙事詩金属音楽のファンたちを魅了してやまなかった。世界のメタル・シーンが新たなる時代へと向かう中、そこには、確かにエピック・・ヘヴィ・メタルの曙が刻み込まれていた。そこで真のエピック・メタル・ファンたちが目にするのは、忘れ去られた古代や中世の英雄たちの輝かしい武勇や栄光、血と勝利だった。
 ここにManilla Roadの伝統は継承された!

1. Hyborian Scrolls
2. Rogues in the House
3. Upon the Throne
4. Tower of the Elephant
5. In the Coils of Set
6. Red Nails
7. Gods of the North
8. Son of Crom
9. Keepers of the Crypt
10. Black Colossus
11. Isle of the Damned
12. Servants of Steel

Servants of Steel


In the Coils of Set



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

The Course of Empire

by Atlantean Kodex (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Servants of Steel

by Ironsword (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Stone Engraved in Red

by Ravensire (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Comment
Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。