FC2ブログ

広瀬すずの「デスメタル炎上」について思うこと

「メタル発展途上国」の実状とマスメディアの影響力
 近日、2020年3月20日公開の映画『一度死んでみた』のMVが公開されると、デスメタルの定義を巡って、ツイッターで炎上騒動が起こった。
 女優/ファッションモデルの広瀬すずが、音楽プロデューサーのヒャダイン氏によるデスメタル曲を歌ったMVに対して、それを「デスメタルではない」として、ツイッターの日本人メタル・ファンたちが激怒。前述の通り、ツイッター上では、「ナメてんのか」「全然違う」「冒涜行為」といった意見まで飛び出した。
 この「デスメタル炎上」の背景には、日本のマスメディアが“デスメタル”という音楽を正確に捉えていない部分があった。日本のメタル・ファンたちが激怒した最大の理由は、MVの中で、「デスメタルが誤った形で表現」されたからだった。
「これはデスメタルじゃない。デスメタルを馬鹿にしてる」
 本来、デスメタルという音楽は、「死、死体、血、地獄」等を歌詞や世界観のテーマとした、デスメタル・ヴォーカルを用いる激しいサウンド・スタイルのエクストリーム・ミュージックの一種だった。それを映画内のバンド“魂ズ”は、全く意識しておらず、特に広瀬すずが可愛い声を出して歌っていたことに対して、日本のメタル・ファンたちは怒りを表した。
 これが、ツイッター内での「デスメタル炎上」の一部始終だった。
 結果として、日本のマスメディアが再び(DMCのように)デスメタル・カルチャーを誤ったやり方で表現したことで、この国のメタルに対する理解・認識力の低さが目立つ状況となった。
 良くも悪くも、SNSの中で、デスメタルが大きく話題となったことは事実であり、今後、ファンたちがどのような行動を取るのか、一般人たちからも注目を集めた。
 結局のところ、最終的な問題は、こうした騒動の先に、日本が「メタル発展途上国」を脱する道があるかということだった。


続きを読む
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【ツイッター】広瀬すず、ヒャダインによるデスメタル曲PVを公開し炎上 「ナメてんのか」「全然違う」「冒涜行為」























続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エピック・メタルの元祖、Cirith Ungolが完全復活 一大メタル・フェス「Keep It True 2020」のヘッドライナーに抜擢

World's Largest Epic Metal Festival Begins.


keep-it-true-2020.jpg

Return to Lankhmar
 2020年4月24日~25日、世界的なメタル・フェス「Keep It True 2020」が開催決定。ドイツのラウダ=ケーニヒスホーフェン(Lauda-Königshofen)のタウバー・フランケン・ハレ(Tauber-Franken-Halle)から開始される一大メタル・イベント。
 出演バンドは以下の通り。

・Acid (exklusive erste Reunionshow)
・Cirith Ungol (Headliner an beiden Tagen, mit unterschiedlichen Sets)
・Elixir
・Genocide Nippon (erstmals live in Europa)
・Gravestone
・Heathen (Old School-Set)
・Legend (exklusive und einzige Reunionshow)
・Loudness (exklusives Achtziger-Set)
・Metalucifer
・Realm (erstmals live in Europa)
・Riot City
・Sabbat (Achtziger-Set)
・Sanctuary
・Sölicitör
・Trespass (Achtziger-Set)
・Visigoth
・Vulture
・Witchkiller

 ヘッドライナーは、アメリカン・エピック・メタルの元祖、Cirith Ungol。現在、ヨーロッパを中心に最も再評価されているバンドのうちの一つ。
 もう一つのエピック・メタルの元祖、Legendも再結成後の参加を発表。
 その他、Visigoth、Riot City等、今世界的に注目を集めている若手エピック/トラディショナル・メタル・バンド勢も多数参加。
 日本からは、Loudness、Metalucifer、Sabbat、Genocide等の重鎮メタル・バンドたちが参加予定。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エピック・メタル研究:「エピック・メタルの定義」論争に対する答え

 エピック・メタルとは、1980年代初期に登場したヘヴィメタルのサブ・ジャンルであり、Manilla RoadやCirith Ungol等を起源としていた(Legendの『Fröm the Fjörds, 1979』という説も)。その後、Manowar、Virgin Steele、Brocas Helm、Omen、Warlord等の登場で、80年代のアメリカのアンダーグラウンド・シーンに定着した。
 エピック・メタルとは、80年代以降も更に細分化していったが、その中で登場したのが、「エピック/プログレッシブ」、「エピック・パワー・メタル」、「エピック・ドゥーム・メタル」、「エピック・ブラック・メタル」、「シンフォニック・エピック・メタル」等のサブ・ジャンルだった。これらのサブ・ジャンルのオリジネーターには、諸説あるが、Candlemass、Solstice、Solitude Aeturnus、Dark Quarterer、Adramelch等のバンドが挙げられた。
 さて、エピック・メタルの定義だが、厳密には、Manilla Road、Cirith Ungol、Manowar、Solstice等に接近していることだった。具体的には、サウンド、世界観、音楽的ルーツ等が、上記のバンドたちが提示したものに沿っていること。それが、今現在、一般的に"エピック・メタルの定義"と呼ばれているものだった。

Frost And Fire


Crystal Logic



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2020年1月開催の「Hammer And Iron Festival」でBrocas Helm、Eternal Champion、Lunar Shadowら新旧エピック・メタル・シーンの最重要バンドが共演

The New Epic Metal Festival Here.


hammer-and-iron-festival-2020.jpg

「Keep It True」を目指して……
 2020年1月18日、Turock Essenで新たなメタル・イベント「Hammer And Iron Festival」が開催予定。エピック・メタル、トラディショナル・メタル、スピード・メタル中心のライブ・イベントとなる模様。
 参加バンドは、Excite、Eternal Champion, Brocas Helm, Lunar Shadow、Iron Angel、Iron Kobra、Iron Thor、The Night Eternal等。特にエピック・メタル・シーンの大御所、Brocas Helmの出演とEternal Champion、Lunar Shadowの共演がハイライト。この新たなフェスティバルには、既に世界中のアンダーグラウンド・メタル・ファンたちが注目。
 参加バンドのうち、Eternal Championは、過去「Keep It True」で活躍した実績を持つ、アメリカン・エピック・メタルの代表的バンド。
 Brocas Helmは、80年代のアンダーグラウンド・シーンを代表するカルト・エピック・メタル・バンド。今回、Brocas Helmがヨーロッパのメタル・シーンに帰還することに対して、世界中のエピック・メタル・ファンたちが熱狂。
 Lunar Shadowは、第2作『The Smokeless Fires』(2019)の成功によって、一気にドイツのトップ・メタル・バンドの一人になった存在。
 厳選されたバンドたちによる新たなライブ・イベントは、今後のメタル・シーンにも大きな影響を与えること必死。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

USミネアポリスの中世アトモスフェリック・ブラック・メタル、Obsequiaeの最新作『The Palms of Sorrowed Kings』(2019)が世界中で大絶賛「素晴らしい」

The Introduction To The Middle Ages.


Obsequiae3.jpg

中世世界へのトリップ
 2019年、アメリカ・ミネアポリス出身のアトモスフェリック/メロディック・ブラック・メタル、Obsequiaeの第3作『The Palms of Sorrowed Kings』が「20 Buck Spin」から発売。このアルバムの発売後、世界中のメタル・ファンたちがバンドを絶賛。レビューサイトやSNSなどで大きな話題を集めることとなった。
  当初、Autumnal Windsという名前で活動していたバンドは、2007年頃、新たにObsequiaeを結成。
 2009年、Obsequiaeは、デモ『Obsequiae』を発表。この時点で、世界各地のアンダーグラウンド・メタル・マニアたちからの高い評価を得ていた。
 その後、Obsequiaeは、第1作『Suspended in the Brume of Eos』(2011)、第2作『Aria of Vernal Tombs』(2015)を発表。特に『Aria of Vernal Tombs』には、バンドのエピックなサウンドや中世風の世界観を評価する声が、世界中から集まった。やがて、Obsequiaeは、アメリカのアンダーグラウンド・シーンにおける最重要ブラック・メタル・バンドとなった。
 既に、この『The Palms of Sorrowed Kings』という作品が、世界中のメタル・ファンたちから絶賛されているように、Obsequiaeの成功は明らかなものだった。熱狂的なアンダーグラウンド・シーンのマニアたちは、バンドの作品を取り上げ、その世界観が中世ヨーロッパに傾倒していること、メロディックでアトモスフェリクなサウンドなどを褒め称えた。当然のように、本作は、中世ヨーロッパの世界観を強調した、深遠な内容の作品だった。
 また、Obsequiaeの『The Palms of Sorrowed Kings』は、神秘主義や自然、オカルトといった歌詞をテーマとしており、それを彩るルネッサンス音楽風の美旋律、及びインストゥルメンタルが、独自のエピックな世界観を作り上げていた。更に、唯一無二のアトモスフェリック・ブラック・メタルとして、変幻自在のメロディックなギター・ワークを大袈裟に取り入れていた。
 詰まるところ、Obsequiaeは、この『The Palms of Sorrowed Kings』を経て、深遠で叙事詩的なメロディック・ブラック・メタルの傑作を生み落とした。そして、このバンドの新たな名作は、忘れ去られた中世時代の美意識、甘美なロマンス、雄大な情景なども、雄弁に物語っていた。

1. L'autrier m'en aloie
2. Ceres in Emerald Streams
3. In the Garden of Hyacinths
4. Palästinalied
5. The Palms of Sorrowed Kings
6. Morrígan
7. Per tropo fede
8. Lone Isle
9. Asleep in the Bracken
10. Quant voi la flor novele
11. Emanations Before the Pythia
12. In Hoc Anni Circulo

Palms Of Sorrowed Kings


Aria of Vernal Tombs [Analog]



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【Instagram】2019年に購入した全エピック・メタル・アルバムの画像まとめ









続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

【Instagram】海外の歴史・遺跡マニアのエピック・メタル・ファンが2019年TOP40アルバムを紹介

この投稿をInstagramで見る

Time has Come... My Top 40 Albums of 2019 40-31 40.Pulver-Kings under the Sand (Heavy Metal) 39.Chevalier-Destiny Calls (Epic Speed Metal) 38.Skelator-Cyber Metal (Epic Speed Metal) 37.Legendry-The Wizard and the Tower Keep (Epic Metal) 36.Idle Hands-Mana (Gothic Metal) 35.Denial of God-The Hallow Mass (Heavy/Death Metal) 34.Smoulder-Times of Obscene Evil and Wild Daring (Epic Metal) 33.Troll-Legend Master (Epic Doom Metal) 32.Traveler-Traveler (Epic Heavy Metal) 31.Fvneral Fvkk-Carnal Confessions (Epic Doom Metal) #pulver #chevalier #skelator #legendry #idlehands #denialofgod #smoulder #traveler #troll #fvneralfvkk #topalbums #albumsoftheyear #aoty2019 #epicmetal #epicdoom #heavymetal #doommetal #speedmetal #gothicmetal #metalhead

⛧Heavy Metal is the Law⛧(@divine.victim)がシェアした投稿 -



この投稿をInstagramで見る

20-11 20.Bewitcher-Under the Witching Cross (Black/Thrash Metal) 19.Angel Sword-Neon City (Heavy Metal with Epic Vocals) 18.Insomnium-Heart like a Gravr (Melodic Death Metal) 17.Risen Prophecy-Voices from the Dust (Epic/Trash Metal) 16.Hess-Harpokrates (Heavy Metal) 15.Angel Witch-Angel of Light (NWOBHM) 14.Obsequiae-The Palms of Sorrowed Kings (Medieaval Melodic Black Metal) 13.Assassin's Blade-Gather Darkness (Heavy Metal) 12.Sanhedrin-The Poisoner (Epic Heavy Metal) 11.Midnight Force-Gododdin (Epic Heavy Metal from another Time) #epicmetal #epicdoom #doommetal #heavymetal #speedmetal #thrashmetal #blackmetal #deathmetal #metalhead #aoty2019 #topalbums

⛧Heavy Metal is the Law⛧(@divine.victim)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

It's time for the best 10 Albums of the Year: 10.Amulet-The Inevitable War (Heavy Metal) 9.Isolde-Dystopia (Doom Metal) 8.Screamer-Highway of Heroes (Heavy Metal) 7.Crypt Sermon-Ruins of Fading Light (Epic Doom Metal) 6.Arch/Matheos-Winter Etheral (Progressive Metal) 5.Booze Control-Forgotten Lands (Heavy Metal) 4.Lunar Shadow-The Smokeless Fire (Epic Heavy Metal) 3.Year of the Goat- Novis Orbis Terrarum Ordinis (Hard Rock) 2.Riot City-Burn the Night (Heavy/Speed Metal) 1.Atlantean Kodex-The Course of Empire (Epic Metal) #amulet #isole #screamer #cryptsermon #arch/matheos #boozecontrol #lunarshadow #yearofthegoat #riotcity #Altantean Kodex #heavymetal #doommetal #epicdoom #epicmetal #hardrock #speedmetal #metalhead #aoty2019 #topalbums

⛧Heavy Metal is the Law⛧(@divine.victim)がシェアした投稿 -




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

現代最強のエピック・ヘヴィ・メタル、Eternal Championが新作シングルを発表へ

To A New Battle .


ECep.jpg

 2019年12月、アメリカのエピック・メタル・バンド、Eternal Championが新作シングル『Terminus Est』を『Sword Worship』から発売。本作は、EP『Parallel of Death』(2017)後の初のシングルであり、世界中のエピック・メタル・ファンたちが待ち望んでいたものだった。
 Eternal Championは、2010年以降に登場したエピック・メタル・バンドの代表格であり、サウンドや作品に対する評価は、世界的にも非常に高かった。EP、シングルを経て、バンドの次の行動には大きな注目が集まっている。
 収録曲は以下の通り。

1. Court of the Autarach
2. Flight over the Battle of Orythia

The Armor of Ire



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

USエピック・メタルの人気バンド、Visigothが2曲入り新作EPを発売

The Modern Epic Metal Star Here.


visigothep.jpg

 2019年5月、アメリカのソルトレイクシティ出身のエピック・メタル・バンド、Visigothが新作EP『Bells of Awakening』を『Metal Blade Records』から発売。本作は、2曲入りのEPであり、既に世界各地でファンたちが熱狂的な反応をしている。
 Visigothは、現代のエピック・メタル・シーンを代表するバンドであり、アメリカのアンダーグラウンドにおいて、確かな地位を築き上げてきた。この『Bells of Awakening』も、従来のバンドのサウンドのファンたちを裏切らない出来であり、世界中で高い評価を獲得した。
 そして、新作EPが好評を博したことで、Visigothの次のアルバムへの期待は、ファンたちの間でより一層大きくなった。
 収録曲は以下の通り。

1. Fireseeker
2. Abysswalker

Bells of Awakening


Conqueror's Oath



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

The Course of Empire

by Atlantean Kodex (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Servants of Steel

by Ironsword (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Stone Engraved in Red

by Ravensire (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Comment
Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。