FC2ブログ

Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2019




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Battleroar 「Codex Epicus」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

ショットロッカーズ仕様フリンジライダースジャケット 80年代ヴィンテージ アメリカ製


PAP_0434.jpg

PAP_0437.jpg

<商品の説明>
ショットのフリンジライダースジャケットです。
大量のスタッズとワッペンでカスタマイズされた一点モノです。
80年代頃のフリンジライダースジャケットで、ヴィンテージ特有の古着感があります。
しかし丈夫なスエード素材でまだまだ使用可能な状態です。
使用されているワッペンは、90年代イギリス購入のロッカーズワッペン、
80年代イージーライダーバイカーワッペン、60年代ベトナム戦争ワッペンなどです。
ワッペンだけでも非常にレアなので、ヴィンテージ好きにお勧めです。

肩幅 約43cm
身幅 約44cm
袖丈 約58cm

よろしくお願いします。


ヤフオクURL>>https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f254970019


▼続きを読む

ショットダブルライダース スタッズ付きロッカーズジャケット フルカスタム ヴィンテージ 一点モノ


PAP_0508.jpg

PAP_0504.jpg

<商品の説明>
USA製ショットのダブルライダースです。
大量のスタッズとワッペンでカスタマイズされた貴重な一点モノです。
ヴィンテージ特有の使用感やバッジ跡などあります。
使用してあるワッペンは貴重なものが多く、バッジもアメリカ製やヨーロッパ製です。
裏側にはイギリス製の南軍のバックパッチと、トライアンフの文字がスタッズで打たれています。
ここまで重厚にカスタマイズされたダブルライダースは、国内でもあまり見ないと思います。
コレクションやガレージにも似合う逸品です。

肩幅 約44cm
身幅 約45cm
袖丈 約60cm

よろしくお願いします。

ヤフオクURL>>https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e262364009


▼続きを読む
CosmanBradley

RT @metalmaster2017: MR.BIGのドラマー、パット・トーピー死去 https://t.co/RFSWwmKyg7
02-09 21:21

バンドが解散したとしても、ジョーイ・ディマイオやエリック・アダムスには音楽活動を続けて欲しいです。
02-09 21:21

マノウォーの歴史は、エピック・メタルにも大きな影響を与えました。
02-09 21:19

The Last March Of Manowar.


Spoken-World1.jpg

Spoken-World2.jpg

マノウォーの真の最終章
 2016年、"ファイナル・バトル(The Final Battle)"ツアー後の解散を発表したアメリカの伝説的エピック・メタル・バンド、マノウォー(Manowar)。バンドのリーダーであるジョーイ・ディマイオ(Joey DeMaio)は、公式ウェブサイト上で、新たに2019年からスポークン・ワード・ツアー"The Blood of The Kings"を行うことを発表した。
 この「スポークン・ワード」(Spoken Word)とは、言葉による芸術的パフォーマンスのことを指しており、エピック・メタル・シーンでは、ジョーイ・ディマイオの今後の活動に注目が集まっている。また、マノウォーのファンたちは、スポークン・ワード・ツアーの中で、バンドの正式な歴史の全貌をジョーイ・ディマイオの口から聞けるという。
 なお、2019年に開催される予定のスポークン・ワード・ツアー"The Blood of The Kings"の日程は以下の通り。

The Blood of The Kings’ – Spoken Word Tour 2019 – Confirmed Tour Dates:
NOV 01, 2019 – Munich – Technikum
NOV 02, 2019 – Nuremberg – Kleine Meistersingerhalle
NOV 03, 2019 – Stuttgart – Liederhalle (Silchersaal)
NOV 04, 2019 – Frankfurt – Batschkapp
NOV 05, 2019 – Dusseldorf – Savoy Theater
NOV 07, 2019 – Bochum – Christuskirche
NOV 08, 2019 – Hamburg – Kleine Laeiszhalle
NOV 09, 2019 – Berlin – Tempodrom (Kleine Arena)
NOV 10, 2019 – Leipzig – Haus Leipzig

LORD OF STEEL




▼続きを読む

The Barbarians Of The New Era.






 アメリカのエピック・メタルの帝王、ヴァージン・スティール(Virgin Steele)が第11作『Visions of Eden』(2006)からニュー・ビデオ・シングルを公開。公開された"When Dusk Fell"、"Black Light on Black"は、「Barbaric Re-Mix Version」という新しいもので、オリジナルよりも激しい展開が特徴。
 しかし、そのビデオのあまりにも酷過ぎる内容から、ファンたちの間では失笑が巻き起こっている。
 今回、ビデオ撮影された二つの楽曲は、当然のように素晴らしいエピック・チューンだが、全てを台無しにするデイヴィッド・ディファイ(David Defeis)の浮世離れしたファッション・センスが凄まじい。恰も80年代頃のマノウォーを彷彿とさせる風貌だ。
 近年のヴァージン・スティールは、どこか迷走しているように感じる。また、エピック・メタル・バンドのビデオ・クリップが酷いのは、今回の件だけではない。

Visions of Eden




▼続きを読む

The Return Of The Omen.




 アメリカのエピック・メタル・バンド、オーメン(Omen)がインターネット上にニュー・シングルを公開。公開された楽曲は、"Alive"というもので、パワフルかつエピックな内容となっている。
 近年のバンドは、ギリシャの重鎮バトルロア(Battleroar)とのコラボレーションの他、ニュー・シンガーにニコス・ミグナス(Nikos Migus A)を迎えるなど、精力的な活動を展開。アメリカのアンダーグラウンド・メタル・シーンの中でも、要注目のバンドとなっている。

Hammer Damage




▼続きを読む
CosmanBradley

ギリシャ人ギタリストのガス・Gは、以前に映画『コナン・ザ・グレート』が好きだと語っていました。ギリシャのミュージシャンの根底には、エピックな血が流れているということです。
02-03 20:38

RT @million_tetsu: ギリシャのエピックメタルVALIDOR。筋肉マンなジャケにBATTLEとかBLOODとかとことんメタルでしかない。 https://t.co/bH9V7XGWCb
02-03 20:35

RT @million_tetsu: イタリアのHOLY MARTYR。見ての通りのエピックメタル!ギリシャのそれ系バンドと同じくシケシケだぜ☆ https://t.co/hNczrmuIGH
02-03 20:35

やはりRunning Wildは、再結成後のアルバムがミドル・テンポ主体なのが、ファンたちから酷評された理由でしょうか?
02-03 20:34

エピックメタルにも影響を与えたRunning Wild。再結成後のアルバムの評価が低いのが気になります。
02-03 14:57

RT @diskunionMETAL: 【予約】2/9発売国内盤:スウェーデンが生んだ不世出の鬼才クリストフェル・ユンソンによるTHERIONのニューアルバム!彼が15年間温め続けてきたロック・オペラによる3CD巨編超大作!!https://t.co/qrQLokA7xI
02-03 14:52

RT @metalmaster2017: 米スラッシュ・メタル・バンド、メガデスが、最新作からトラック「Lying In State」のMVを公開 https://t.co/CFjPyQWxAe
02-03 14:48

別にヘヴィメタルから遠ざかっていた訳ではありませんが、Wrathbladeは完全に買い逃したので、今後は専門店に入荷したら直ぐに買いたいと思います。
02-03 14:46

ギリシャのWrathbladeの新作が、ようやく国内でも買えるようになりました。しかし、早めに買わないと、またSOLD OUTになるかも知れません。
02-03 14:44

日本でも需要アリのエピック・メタル
 HR/HM専門店「S.A.MUSIC」は、エピック・メタル系も取り揃えている良質ショップ。ここには、ギリシャのリタニー(Litany)の激レアアルバムが入荷していた時期もあった。
 しかし、「S.A.MUSIC」で不人気のWrathbladeは、最新作『God of the Deep Unleashed』(2017)も少量入荷だった。
 その後、入荷情報を聞いた国内の一部のエピック・メタル・マニアが「S.A.MUSIC」に殺到。Wrathbladeの最新作は、見事にSOLD OUT状態となった。
 暫くの間、Wrathbladeの最新作『God of the Deep Unleashed』は、国内では何処にも売っていない状況だった。その状況を一変させたのが、「RockAvenueRecords」の存在だった。
 最近になって、「RockAvenueRecords」にWrathbladeの最新作が入荷。これに気付いたのは、国内でも一部のエピック・メタルのマニアたちだけだった。
 この出来事で驚いたのは、日本でもエピック・メタル・バンドの新作CDの需要があるということ。アンダーグラウンド・シーンのマニアたちは、欠かさず世界各地の新作情報をチェックしている。

 最後に、『METAL EPIC』編集部から
 国内のHR/HM専門店のスタッフ様へ
 エピック・メタルの新作CDを一定数入荷して下さい
 よろしくお願いします


S.A.MUSIC>>https://www.metalpesado.com/mailorder/
RockAvenueRecords>>http://www.rockavenuerecords.com/


▼続きを読む

The Legend Of The Mediterranean.


Wrathblade_2nd.jpg


 ギリシャの正統派エピック・メタル・バンド、ラースブレイド(Wrathblade)の第2作『God of the Deep Unleashed』(2017)が「Eat Metal Records」から発売。
 イタリアと並ぶ地中海のエピック・メタル大国、ギリシャの大本命であるラースブレイドは、デビュー以前からマニアたちの間で話題となっていた重要バンド。デビュー作『Into the Netherworld's Realm』(2012)は、アンダーグラウンド・エピック・メタルのファンたちから大絶賛され、バトルロア(Battleroar)に次ぐバンドという評価を得た。
 この『God of the Deep Unleashed』は、前作と同様に臭過ぎる展開、メロディ、ドラマが詰め込まれており、まさにファン待望の内容となっている。今後、バンドが地中海のアンダーグラウンド・シーンを大熱狂させることは間違いない。収録曲は以下の通り。

1. Sheer Vengeance Will Out Upon Thee (God of War Pt. II)
2. Enter the Warrior's Guild
3. Castration of Uranus
4. No Dole for the Blest
5. Vaunted Pride
6. Valiancy, Virtue, Victory
7. Cthonian Echoes Devour then Wane
8. Transcendent Essence
9. Submersion


▼続きを読む