Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大橋大希名義の短編小説集『オルグリアス』をAmazonのKindleストアにて無料配布。キャンペーン期間は2016年5月1日~5月5日まで。詳細は以下の通り。

オルグリアス (ハイパーボリア・シリーズ 5)




▼続きを読む
スポンサーサイト
 大橋大希名義の短編小説集『ハイパーボリア断章』をAmazonのKindleストアにて無料配布。キャンペーン期間は2016年4月23日~4月27日まで。詳細は以下の通り。

ハイパーボリア断章




▼続きを読む

ハイパーボリア断章



 短編小説集『ハイパーボリア断章』の第3刷発行が完了。加筆訂正は以下の通り。

・作品に『イグの神殿』(断章)を追加。
・作品に『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』(断章) を追加。
・表紙デザインを変更。



*Kindle本の購入者は、Amazonサポートに連絡して、最新版を無料でダウンロードすることができます。
▼続きを読む
 大橋大希名義で中編小説集『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』をAmazonのKindleストアにて発売。完全新作。『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』には一篇の小説を収録。詳細は以下の通り。

ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国 (クトゥルー神話中編 3)



内容紹介


「コモリオムの南方に伝説の王国ツチョ・ヴァルパノミがあった」
 ――クラーク・アシュトン・スミス

超古代のハイパーボリア大陸を舞台とした中篇シリーズ第3弾。ハイパーボリア大陸の南方の伝説の王国、ツチョ・ヴァルパノミの文明の興亡の他、二人の王が体験した栄光と没落、愛と葛藤、生と死を描く全七章構成のクトゥルー神話叙事詩。

収録作品
・ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国
 1 穴居動物
 2 炎の王国
 3 別れ道
 4 王国の終焉
 5 英雄と大賢者
 6 帰還
 7 文明の曙


▼続きを読む

Nocturnes of Hellfire & Damnat



Country: United States
Type: Full-length
Release: 2015
Reviews: 77%
Genre: Epic Metal


アメリカのエピック・メタルの帝王、ヴァージン・スティールの2015年発表の13th。


2010年代に入り、欧州のイタリアやギリシャへと拠点を移したエピック・メタル・シーンは、それらの地域で様々な実績を残した。近年のアンダーグラウンド・シーンのエピック・メタル・バンドたちは、徐々に新しいファン層を開拓し、従来の音楽のスタイルを更に進化させていった。また、欧州のエピック・メタル・シーンが一時的に活性化したことによって、80年代から活躍していたバンドたちが、それに強い刺激を受けたというファンたちの憶測は、イタリアのアドラメレクやダーク・クォテラー、アメリカのマニラ・ロードやウォーロードなどの復活を見ても、既に明らかな現実だった。

アメリカのニューヨーク出身のヴァージン・スティールは、エピック・メタルというロック音楽のサブ・ジャンルの中では、極めて重要な存在だった。このバンドは、デイヴィッド・ディファイ(David Defeis:vo、key)という特殊なバックグラウンドを持ったミュージシャンがメイン・ソングライターとなり、これまでのキャリアの中で12枚のアルバムを発表してきた。近年では、第12作『Black Light Bacchanalia』(2010)が最も新しい作品だったが、未だ積極的に創作活動を続けるバンドは、2015年に第13作『Nocturnes of Hellfire & Damnation』を完成させた。

『Nocturnes of Hellfire & Damnation』は、ドイツの「SPV GmbH」から発表され、1981年結成のヴァージン・スティールが未だ健在であることをファンたちにアピールした。本作は、従来のヴァージン・スティールの音楽のスタイルを踏襲した内容だったが、実際にはそこに様々な変化を含んでいた。バンドのファンたちが最初に注目したのは、前作『Black Light Bacchanalia』を経て更に変化したデイヴィッド・ディファイの独特なヴォーカル・スタイルだった。実際のところ、1961年生まれのデイヴィッド・ディファイは、既に全盛期を過ぎたヘヴィメタル・ヴォーカリストの一人であり、ロック音楽のファンたちの間では、様々な意見が飛び交っていた。

この『Nocturnes of Hellfire & Damnation』の楽曲の中では、デイヴィッド・ディファイが従来のシャウトを抑え、囁くようなヴォーカル・スタイルを強調している部分がはっきりと表れていた。バンドのファンたちは、この新しいヴォーカル・スタイルを受け入れることには完全に否定的であり、その現実がそのまま作品の評価に繋がった。詰まるところ、『Nocturnes of Hellfire & Damnation』の殆どの楽曲は、デイヴィッド・ディファイの変化したヴォーカル・スタイルによって、全てが台無しになるというのである。

本作のハイライトは、ギタリストのエドワード・パーシノ(Edward Pursino:g)のテクニックを前面に押し出した"Lucifer's Hammer"や"Persephone"にあるが、これらは従来のエピック・メタルの音楽のスタイルを踏襲した、完成度の高い楽曲だった。また、そういった楽曲の間に挟まれている"Queen of the Dead"と"Black Sun-Black Mass"は、ヴァージン・スティールの80年代の覆面バンド、エクソシスト(EXORCIST)のものだった。これらの楽曲は、エクソシストの唯一の作品である『Nightmare Theatre』(1986)の中からリメイクされ、結果的に『Nocturnes of Hellfire & Damnation』に収録されたのである。この過去の楽曲のリメイクという試みは、純粋な「新曲」を求めるファンたちからは、次第に疑問視されることとなった。

『Nocturnes of Hellfire & Damnation』のハイライトの一つである"Persephone"以降は、単純に楽曲の完成度が落ち、第5作『Life Among the Ruins』(1993)と第6作『The Marriage of Heaven & Hell』(1994)の中間に位置するようなサウンドが強調された。しかし、こういった作風は、特にバンドの初期作品のファンたちからは、大きく批難される結果となった。ヴァージン・スティールが本来のエピックな音楽性を取り戻すのは、後半のインストゥルメンタル"A Damned Apparition"からであり、その後の楽曲は、比較的安定した内容だった。特に"Delirium"や"Hymns to Damnation"は、『The Marriage of Heaven & Hell』にも通じるロマンチックなムードを放ち、最後の"Fallen Angels"では、作品の深い余韻に浸ることができた。

結果的に、ヴァージン・スティールの『Nocturnes of Hellfire & Damnation』は、2015年に発表されたエピック・メタルのアルバムの中では、このジャンルのファンたちから最も大きな批判を浴びた。この背景には、バンドのメンバーたちの高齢化やアルバム・コンセプトの排除に加え、かつてアメリカ東海岸で最高のドラマーと評されたフランク・ギルクリースト(Frank Gilchriest)の脱退なども関わっていた。エピック・メタルという音楽のスタイルから考察すれば、やはりヴァージン・スティールは始祖に違いないが、満を持して発表された『Nocturnes of Hellfire & Damnation』は、従来のファンたちと意見が食い違う点が極めて多かったのである。なお、本作は2枚組のデジパック盤と同時発売され、様々なバンドのカヴァー曲を収録したボーナスCDが付属した。



Disc 1:
1. Lucifer's Hammer
2. Queen of the Dead
3. To Darkness Eternal
4. Black Sun-Black Mass
5. Persephone
6. Devilhead
7. Demolition Queen
8. The Plague and the Fire
9. We Disappear
10. A Damned Apparition
11. Glamour
12. Delirium
13. Hymns to Damnation
14. Fallen Angels

Disc 2:
1. Halloween Theme
2. D.O.A.
3. The Witch In The Forest
4. Black Sabbath [Black Sabbath cover]
5. The Immigrant Song [Led Zeppelin cover]
6. Black Sabbath "Reprise"
7. Riderless Horse (Save Your Breath)
8. The Devil Drives
9. Anger Never Dies
10. Funeral Games
11. The Plot Thickens
12. Haunted Wolfshine
13. West Of Sumer
14. A Greater Burning Of Innocence
15. The Birth Of Beauty


▼続きを読む

ハイパーボリアの都市(The City of Hyperborea)


著者:大橋大希
編集:METAL EPIC



 ハイパーボリア大陸の都市と地域の一覧。


主な都市と地域
Hyperborea-map2.jpg ・コモリウム(Commoriom)
 ・ウズルダロウム(Uzuldaroum)
 ・イックア(Iqqua)
 ・ムー・トゥーラン(Mhu Thulan)
 ・オッゴン=ザイ(Oggon-Zhai)
 ・ヴァラード
 ・ザロウル
 ・ザンゾンガ
 ・ムナルディス
 ・エイグロフ山脈(Eiglophian Mountains)
 ・ヴーアミタドレス山(Mount Voormithadreth)
 ・ウルファール峠
 ・アコラヴォマス山
 ・ツチョ・ヴァルパノミ(Tscho Vulpanomi)
 ・セレンゴス(Cerngoth)
 ・レックァン(Lcqquan)
 ・ユルガ山脈
 ・ウルティマ=テューレ(Ultima-Thule)
 ・ヴーアの荒野
 ・ゼンディシュ川
 ・アスファゴス州
 ・プナール
 ・アーチース
 ・トゥール
 ・イズ
 ・ヤズラ
 ・ロールン森林地帯
 ・ヤーラク
 ・サブダマール
 ・インガドス山
 ・バルセイン
 ・クラスコルガウス山
 ・ポラリオン(Polarion)
 ・アボルミス
 ・メッカラム
 ・コザス
 ・オンドーア湖
 ・ンラン山
 ・リムニアス
 ・スパタイン
 ・ウスノール州
 ・カルヌーラ
 ・オスズトロール島
 ・ゼシュの密林
 ・カモルバ
 ・グョルグ・アル
 ・アギル
 ・ズス
 ・トゥーラスク(Thulask)
 ・ファルナゴス(Falenagos)
 ・ウトレッソル



*編注:このコンテンツは未完成です。誤訳、記入洩れ等ございましたら、メールにて正確な情報を提供して頂けると幸いです。
*Map from the 1971 collection Hyperborea.
▼続きを読む

ハイパーボリアの神々(The Gods of Hyperborea)


著者:大橋大希
編集:METAL EPIC



 ハイパーボリア大陸で確認された神性の一覧。


主な神々
Tsathoggua.jpg ・ツァトゥグア(Tsathoggua)
 ・イホウンデー(Yhoundeh)
 ・ウボ=サスラ(Ubbo-Sathla)
 ・ヨグ=ソトース(Yog-Sothoth)
 ・アトラク=ナクア(Atlach-Nacha)
 ・アブホース(Abhoth)
 ・アルケタイプ(Archetype)
 ・イクセエラ(?)
 ・チャルナディス(?)
 ・ラーン=テゴス(Rhan-Tegoth)
 ・ズシャコン(Zushakon)
 ・ズルチュクォン(?)
 ・イェブ(Yeb)
 ・アフーム・ザー(Aphoom-Zhah)
 ・ニョグダ(Nyogtha)
 ・ズヴィルポグァ(Zvilpogghua)
 ・スファティクルルプ(Sfaticllp)
 ・イクナグンニスススズ(Ycnagnnisssz)
 ・ズィヒュメ(Zyhume)
 ・イグ(Yig)



*編注:このコンテンツは未完成です。誤訳、記入洩れ等ございましたら、メールにて正確な情報を提供して頂けると幸いです。
*Depiction of Tsathoggua by Ruud Dirven.
▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。