Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hammer of Destruction



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2006
Reviews: 76%
Genre: Epic Power Metal


ドイツのエピック・パワー・メタル、セイクリッド・スティールの2006年発表の6th。


ドイツという地域は、ロック史においても重要な役割を持っており、これまでに様々なバンドが活躍してきた。この地域では、メロディック・パワー・メタル、スラッシュ・メタル、プログレッシブ・メタルなどが発展してきたが、その中にはエピック・メタルも含まれていた。ドイツ出身のエピック・メタル・バンドの多くは、スピード感のあるサウンドを有しており、楽曲は極めてシンプルだった。そして、そういったバンドに強い影響を与えたのは、アメリカを代表するエピック・メタル、マノウォーだった。

セイクリッド・スティールもマノウォーからは強い影響を受けており、作品の中に表現されているヒロイックな世界観は、先人たちの音楽性に従った結果だった。しかし、やはりドイツ出身という部分が強く表れているこのバンドは、楽曲をよりスピード感のあるものへと進化させ、アンダーグラウンド臭のするトラディショナルなエピック・メタルを作り上げることに奔走した。そういった方向性を持ってデビューを飾ったが、セイクリッド・スティールの初期の作品は、楽曲や音質が極めてチープだった。しかし、バンドは作品を重ねる度に楽曲のクオリティを向上させ、この『Hammer of Destruction』では、既に円熟期のようなサウンドに到達した。これはセイクリッド・スティールというバンドが築いてきたキャリアに相応しいものであり、アンダーグラウンド・シーンで地道に活動を続ける意味を強調していた。



1. Hammer of Destruction
2. Where Demons Dare to Tread
3. Maniacs of Speed
4. Blood and Thunder
5. Impaled by Metal
6. Descent of a Lost Soul
7. Black Church
8. Generally Hostile (Jag Panzer cover)
9. Plague of Terror
10. Sword and Axes
11. The Torch of Sin


▼続きを読む
スポンサーサイト

Iron Blessings



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2004
Reviews: 75%
Genre: Epic Power Metal


ドイツのエピック・パワー・メタル、セイクリッド・スティールの2004年発表の5th。


欧州各地には様々なタイプのエピック・メタル・バンドがいるが、その中でも長いキャリアを持っているバンドは少ない。セイクリッド・スティールは1997年にデビューしたが、スラッシュ・メタル風のエピック・パワー・メタルのサウンドを強調しながら、様々な作品を作り上げてきた。

この『Iron Blessings』は、バンドの第5作目であり、従来のヒロイックなサウンドやその方向性を継承している。また、楽曲はよりヘヴィに洗練されており、過去のアンダーグラウンド臭から脱しようとする意欲に満ち溢れている。しかし、こういったエピック・メタル・バンドに求められているのは、愚直な音楽のスタイルや流行に左右されない世界観である。セイクリッド・スティールの新しい試みは素晴らしいが、シンプルな楽曲たちが以前と似たような印象を持っているのは、既にお馴染みの展開である。



1. Open Wide the Gate
2. Your Darkest Saviour
3. Screams of the Tortured
4. At the Sabbat of the Possessed (The Witches Ride Again)
5. Beneath the Iron Hand
6. Anointed by Bloodshed
7. Victory of Black Steel
8. I Am the Conqueror (Come and Worship Me)
9. Crucified in Heaven
10. The Chains of the Nazarene
11. We Die Fighting


▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。