Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-Thor's Hammer And Fans-



Viking_Jewelry_1.jpgトールハンマーとメタル・ファン
 古代北欧で信仰された雷神トール(Thor)は、今でもその影響をヨーロッパ各地に残している。トールに対する信仰心は、古代人たちが身に付けていたアミュレット(お守り)の中にも見ることができた。それらは一般的に“トールハンマー”(Thor's Hammer)と呼ばれており、北ヨーロッパでは重要な存在だった。
 中世時代に活躍した北欧出身のヴァイキングたちは、自らの信仰を示すため、または戦いの時のお守りとして、様々な形のトールハンマーを製作した。それらは別名ミョルニルとも呼ばれており、ヴァイキングたちの故郷であるノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランドなどの国々からは、特徴的な形のペンダントが幾つも出土した。ヴァイキング時代のトールハンマーのペンダントの実物は、現在では北欧諸国の博物館で目にすることができる。
 近年のヘヴィメタル・シーンを見渡すと、何世紀も前にヴァイキングたちのシンボルとなっていたトールハンマーのペンダントが、時代を超えて受け継がれていることが分かる。その形は様々だが、古代の神々への信仰や戦士の強さの象徴としての意味合いは、ヴァイキング時代の頃から変わっていなかった。現代人たちは、その古代のシンボルに新定義を与え、更にはヘヴィメタルの精神的な世界と結び付けようとした。
 現代のトールハンマーの持つ意味合いは、一般的にはペイガニズムの強調や北欧神話への信仰の表れだと言われている。ヘヴィメタル・シーンの中では、アーティストやファンたちが、古代のアミュレットを模したペンダントを身に付け、バンドの叙事詩的な世界観を表現したり、歌詞の内容を具体的に描き出すためのシンボルとして用いた。そして、アーティストやファンたちは、お互いに共通のシンボルを身に付けることで、より強いコミュニティの形成を目指したのである。
 結果的に、近年のヘヴィメタル・シーンで古代のアミュレットの複製を身に付けるようになった背景には、ファンたちがバンド側と深く繋がりたいという意思もそこに加わっていた。90年代で勢いを増した北欧出身のヴァイキング・メタル・バンドたち──バソリー、エンスレイヴド、ミソティンなど──は、伝統的な形のトールハンマーのペンダントを身に付け、自らが描く8~11世紀頃の西洋の世界観を体現していた。例えば、18世紀中頃から19世紀初頭にかけての新古典主義のように、古代の思想や精神を現代で復活させる時、そこに具体的なシンボルが必要だったのである。
 トールハンマーのペンダントは、北ヨーロッパでは古くから親しまれ、既に日常生活の中に入り込んでいるものだった。それらは北欧の民族にとって、古い時代の信仰や精神性を示しており、自らのルーツを物語っていた。だからこそ、現代のヴァイキング・メタル・バンドたちがトールハンマーのペンダントを身に付けることは、必然的な流れだった。
 元々ヘヴィメタルという音楽は、特徴的なサウンドの他に、ファッション面でも大きな影響力を持っていた。ここには、ブラック・メタルやゴシック・メタルが表現している視覚的に不気味なファッションから、80年代のスラッシュ・メタル・バンドに見られるような、ブラックジーンズとTシャツのラフなスタイルまであった。そして、2000年代に入り、中世時代のノルマン人の精神を受け継いだヴァイキング・メタルへの支持が高まると、当然のように、そのファッションにも注目が集まった。
 現代のヘヴィメタルのファンたちがブックレットやライブなどで目にした、首元から下げられたトールハンマーのペンダントは、強烈な存在感だった。それらはシンプルなデザインだったが、同時に原始的な力強さを持っていた。真性のヴァイキング・メタル・バンドたちが重要に考えたのは、その古代のシンボルが歌詞やサウンドと明確に結びついていることだった。
 このペンダントがヘヴィメタル・シーンに浸透するのに時間はかからなかった。50年代から60年代にかけてのエルヴィス・プレスリーやビートルズ現象のように、ヘヴィメタルのファンたちは、直にこの独特のファッションスタイルを真似しようとした。ヨーロッパで人気の高いスウェーデンのハンマーフォールは、アンダーグラウンド・シーンの流行に乗って、ミュージック・ビデオの中で、このトールハンマーのペンダントを身に付けた。
 一方、ヘヴィメタルのファンたちは、インターネット通販や北欧諸国のアクセサリーブランドなどを利用し、急いで現代風のトールハンマーのペンダントを注文した。その中では、ノルウェーの宝飾ブランド、デヴィッド・アンデルセン(David Andernsen)のヴァイキング時代の装飾品を復刻した“Saga”シリーズが注目され、世界各地のオークションサイトでは、価格が吊り上げられた。そして、流れ行く時代の中で、古代北欧のアミュレットはより親しみやすい存在へと変化していった。
 このような経緯で、ヴァイキング・メタル・バンドたちが身に付けていたトールハンマーのペンダントは、新時代のヘヴィメタルのファンたちの間に広まり、これがファッションアイテムとして生まれ変わった。日本では、トールハンマーをモチーフとしたアクセサリーは殆ど売られていないが、ヨーロッパ諸国では、今でも高い人気を維持していた。実際のところ、流行に敏感でファッションセンスのあるヘヴィメタルのファンたちは、このアクセサリーを幾つも持っていることが多かった。


▼続きを読む
スポンサーサイト

-Leather Jacket And Fans-



96412199f607b35b9280c17ebdc193de.jpgレザージャケットとメタル・ファン
 2010年代を迎えたヘヴィメタル・シーンでは、独自のファッションスタイルと文化が拡大し、既に大量のグッズが売られていた。これらのグッズとは、実際のヘヴィメタルのバンドたちをモチーフとしたパッチ、ステッカー、缶バッジ、アクセサリーなどだった。
 一連のグッズは、現在ではインターネットを通じて世界中に出回っており、基本的にはどの国のファンでも買うことができた。更にヘヴィメタルのファンたちは、「バトル・ジャケット」(Battle Jacket)という独自のファッションアイテムを生み出し、それをライブ会場や音楽ショップの中で着用した。これはヘヴィメタルのファンたちにとって、自らのアイデンティティの証明だった。
 ヘヴィメタルの歴史の中では、音楽以上にファッションも著しく進化した。ヘヴィメタルという音楽のスタイルは、一般的にはロックンロールやハードロックの延長線上に生まれたものだった。そのため、ロックやパンクなどのファッションスタイルから影響を受けることも自然な流れだった。
 そういった歴史的背景がある中で、ヘヴィメタルのファンたちは独自のファッションスタイルを見出していった。前述したバトルジャケットのように、ファンたちは独自のアイテムを生み出すことで、より強烈な個性を表現した。そして、それらのアイテムに共通していたのが、“一点モノ”という部分だった。
 例えば、50~60年代のロッカーズたちが用いた強烈なレザーファンションは、結果的に現在のヘヴィメタルのファンたちが好んでいる服装と類似していた。そういった古い時代のアウトローたちの服装は、常に市販のレザーアイテムを独自にカスタマイズしたものだった。「自分だけのレザージャケットを着ている」ということが、以前からロッカーやメタラーたちの間では、大きなステータスとなっていた。
 過去のロック史の伝統を踏襲したファッションスタイルが、今のヘヴィメタル・シーンでは確立されていた。ファンたちは好きなパーツやグッズを用いて、オリジナルのレザージャケットを作れる環境にいた。そして、自らのバトルジャケットを紹介する意味も込めて、彼らはインターネットのサイトなどにオリジナルの作品を掲載するのだった。当然のように、それらは他のファンたちの作業の参考になっていた。
 様々な種類のヘヴィメタルのファンたちの言動から考察すると、レザージャケットをカスタマイズすることには明確な意味があった。それは自らがヘヴィメタルのファンであることの証明であり、バンドやアーティストたちを称賛するための創作活動だった。だからこそ、ファンたちはリスペクトするバンドのロゴパッチをレザージャケットに貼り、周囲をスタッズで飾って強調し、自らの想いを表現しているのだった。そして、リスペクトするバンドの数が多いほど、レザージャケットのパッチや缶バッジは増え、派手な見た目となった。
 ロック音楽のファンたちは、実際にライブ会場や音楽ショップの中で、奇抜なファッションの人々を目にする機会がある。そういったファンたちとコミュニケーションを図って初めて分かるのが、ヘヴィメタルという音楽に対する情熱が深いほど、身に付けているレザージャケットのカスタムが過激になっている現実だった。これはヘヴィメタルのファンたちにとって、視覚的な感情表現の一つだった。
 
▼続きを読む
 「小説家になろう」に過去の無料ショートストーリーを掲載。詳細は以下の通り。

〈ハイパーボリア〉シリーズ
〈アンティディルビアン〉シリーズ


▼続きを読む
 大橋大希名義で短編小説集『ヴァリシア=ゴトの滅亡』をAmazonのKindleストアにて発売。完全新作。『ヴァリシア=ゴトの滅亡』には三篇の小説を収録。詳細は以下の通り。

ヴァリシア=ゴトの滅亡



内容紹介


神秘の時代、遥かなる東方諸国の下に、
砂漠の大地に王者の如く君臨した、
ヴァリシア=ゴトという名の帝国が在った。
私は見た。老練なる師のアキロンと共に。
私達は、魂を奪われ、只彷徨うばかりの、
故国の地下納骨所にも納められぬ、悲しき亡者らを見た。
異形の亡者らは、同じ出来事を三度物語った。
即ち、ヴァリシア=ゴトの帝国は、
天上の災厄によって、砂漠の塵と化し、
今では、無人の城壁が残るのみであると。
 ――『ヴァリシア=ゴトの滅亡』より

「砂漠」をテーマとした幻想怪奇短篇集第六弾。遥か大昔、東方地帯に興ったという架空の古代帝国を舞台として、二篇の叙事詩と一篇の幻想譚が紡がれる。広大な砂漠を彷徨う一人の放浪者の生涯を辿った「ファズゴモンの砂漠」、東方出身の魔術師がアトランティス大陸で遭遇した奇怪な出来事の顛末を描く「ガザルフタンドの航海」、有史以前の東方の大帝国の滅亡の謎に迫った「ヴァリシア=ゴトの滅亡」の全三篇を収録。

収録作品
・ファズゴモンの砂漠
・ガザルフタンドの航海
・ヴァリシア=ゴトの滅亡


▼続きを読む

ハイパーボリア断章(無料お試し版)



 短編小説集『ハイパーボリア断章』の第2刷発行が完了。加筆訂正は以下の通り。

・作品に『探索者』(断章)を追加。
・作品に『最後の理想郷』(断章) を追加。
・作品に『ヴァリシア=ゴトの滅亡』(断章)を追加。
・奥附にタイトル、発行年、著者名を追加。



*Kindle本の購入者は、Amazonサポートに連絡して、最新版を無料でダウンロードすることができます。
▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。