Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大橋大希名義で短編小説集『ズロヒムの死』、『失われた先史』をAmazonのKindleストアにて発売。本作は過去執筆の幻想怪奇小説をまとめて加筆修正をした内容。『ズロヒムの死』には三篇、『失われた先史』には四篇の小説を収録。詳細は以下の通り。

ズロヒムの死



内容紹介


ズロヒムとアキロンの伝説は、悠久の太古まで遡り、人類に忘れ去られて久しい、原始の太陽煌く神秘の時代の中に生じたものである。人類が完全に忘れ去る以前、数多の怪奇と幻想がこの世の静寂を破り、肥沃なるヴァルーシアの大陸が粉々に砕け散った後、新大陸が海の下より隆起したという伝説がある。ここから誕生した極北の大陸では、荒涼とした神秘の氷河と広がる暗黒の荒野の中で叙事詩が語られ、それらが忘れ去られた虚無の時代において悠然と輝いていた。古き神々はこの終わりなき壮麗な夢が永遠に残ることを望んでいた。私はかの地に魅了された永劫の時代を生きる探索者であり、その奇怪な叙事詩を語る者である。私は恰も現実のように物語を語ろう。大理石の煌く豪華絢爛な王の城塞で、天上を目指して聳え立つ雄々しき久遠の山脈群の峰で、深淵の秘密を探る聡明な魔術師らが太古の夢を見た、太古のハイパーボリアでこれらの伝説が語られるように。
 ――『ズロヒムの死』より

有史以前のパイパーボリア大陸を舞台に展開される幻想怪奇短篇集第一弾。ここでは恐怖の神々や太古の魔術、名もなき英雄や妖術師、輝く都市や国家が変幻自在に活躍する。本編には太古の蛇人間と大学者の悲運を描く表題作「ズロヒムの死」、理想郷を求めた男の奇譚「故郷からの光」、ザロウルの狩猟家とヴーアミ族が戯れる「旧世界への帰還」の全三篇を収録。

収録作品
・ズロヒムの死
・故郷からの光
・旧世界への帰還


失われた先史



内容紹介


が都市の至る所で優雅な影を作り、
遥か遠方を見渡す山脈群が堂々とした威厳を放ち、
勇壮に連なる城塞は大粒の大理石で造られていた。
私達は広大な街道を歩いて渡り、
巨木の豊潤な実りを味わった。
そして、白い花々の中で眠りに付き、
長い旅の間、感じることのなかった幸福な感情を抱いた。
 ――『アムリスの探求』より

悠久の太古の時代に失われた歴史。人類はそれらを知ることなく、その一生を終える――忘却の歴史を紐解くべく著者が有史前の伝承を綴った表題作「失われた先史」、ハイパーボリア大陸を探す男が自らの予期せぬ顛末を語る「アムリスの探求」他全四篇を収めた幻想怪奇短篇集第二弾。

収録作品
・失われた先史
・アムリスの探求
・幽玄なる都市
・時の支配者


▼続きを読む
スポンサーサイト

The Epic Black Metal.


Bal-Sagoth_Demo

 イギリスのヨークシャー出身、シンフォニック/エピック・ブラック・メタルの始祖として活躍したバルサゴスが1993年のデモ音源を再発。本作は『Apocryphal Tales (Demo 1993)』として「Godreah Records」から2013年10月に発表された。内容は1993年のデモ4曲に2曲のボーナストラックを追加収録。マーティン・ハンフォードによる新しいアートワークとバイロン・ロバーツによるライナーノーツにも注目。サウンドは初期の個性的なエピック・ブラック・メタル路線で、当時から強烈な存在感を放っていたことが分かる。音質は現代技術で格段に向上している。なお、現在は活動休止状態に近いバルサゴスだが、2013年2月にメンバーのジョニー・モードリングとクリス・モードリングがシンフォニック・ブラック・メタル、カル(Kull)なるバンドを結成したことが分かっている。

1. Intro
2. Dreaming of Atlantean Spires
3. By the Blaze of the Fire Jewels
4. A Shadow on the Mist
5. Hyperborean Requiem
6. Beyond Hatheg-Kla


▼続きを読む

 エピック・メタルの最新情報の増加に伴って『ヘヴィメタル関連更新情報』を変更。これからは『エピックメタル関連更新情報』として新作発表やエピック・メタル・バンドの活躍を記事にしていく。編集部の方針で『METAL EPIC』の"エピック・メタルを追求する日本最大の専門サイト(自称)"というコンセプトは今後は更に強化される。


▼続きを読む

New Release Epic Metal, 2013 - 2014.


The Holy Empire



Mysterium (CD DVD)



R-Evolution



Battleroar-Blood of Legends



Anthology



IV: Stigmata



Digital Resistance



Ars Musica



Dark Wings of Steel



Altor: The King's Blacksmith



 編集部のお勧めはウォーロードの『The Holy Empire』とマニラ・ロードの『Mysterium』。どちらも正統派エピック・メタルの名作だ。一般ユーザー向けには分かりやすいバトルロアの『Blood of Legends』も良い。アラヤン・パスはエピック・メタル界の新星。インターネットショップ等では入荷未定だが、マニアにはメディーバル・スティールの『Dark Castle』がお勧め。新譜情報を見ると欧州でのエピック・メタルの盛り上がりが分かって面白い。なお人員不足により全てを『METAL EPIC』誌で解説することはできない。記入漏れのエピック・メタル情報があればコメントして欲しい。


▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。