Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Column the Column

volume 16. 23 October: 2011



ヴァージンスティールと古代ギリシア...

 ヴァージンスティールの「アトレウス二部作(*注釈1)」を聴く際、私には考えることがあった。これまでに古典文学を用いて現代世界の惨劇を代弁させてきたデイヴィッド・ディファイ(*注釈2)だが、何故この作品では古代ギリシアが物語の題材として選択されているのか、という疑問である。また、これとは別に、私には長らく答えの出ない他の疑問があった。キリスト歴のすべての人間にとって知識の故郷である古代ギリシアの世界において、ディファイは人間と神々の悲劇を描き切り、それがさも現実の世界で繰り返されている出来事であるかのような表現を含んでることだ──
 「アトレウス二部作」で過去の偉大な英雄たちは復讐と強欲の虜となり、神々は法廷で争い、壮麗なる王国──例えばトロイアのような──は滅び去った。「戦争は決して栄光ではない」誰かがこの言葉を物語に忠実に当てはめた。しかし、終ぞ私にはどうしても腑に落ちない箇所が残されているようだ。以下の文章は私の個人的なことに過ぎない。

 「アトレウス二部作」の古典的かつ優雅な旋律に聴き入り、私は悲劇と、知性と美を感じ取っていた。それらの世界では、知性とはかつて古代ギリシアの地で培われた偉大な叡智であり、美徳は類まれなる芸術性として神像の面様に刻み込まれていた。この地では、私は人間にとって極めて原始的な感情に囚われており、殆ど不鮮明ではあるが、私たちの世界の閉ざされている真実を一瞬でも垣間見たような気さえした。この時、私は長年探し求めていた"答え"が見出されたような感覚に襲われた。確かに私たちは現実の世界で古代ギリシアの悲劇を繰り返している。暴食や色欲と姿を変えた欲求が現代の私たちの精神を絶えず悩ませ、数えきれない法律が個人の自由を奪っている。"金"の問題がなくなることはない。
 ヴァージンスティールの「アトレウス二部作(*注釈1)」を聴く際、私には考えることがあった。かつて古代ギリシアで誕生していった知識や芸術の類も、再び今の世界で繰り返えされるのであろうか。ヴァージンスティールは私たちの可能性までをも否定してはいなかった。ディファイは古代ギリシアの世界を描くことによって、私たちの遠い記憶の中で失われてしまったはずの原始的な感情を思い出させてくれた。果たして、そこに問題を解決するヒントが隠されているのであろうか?「エピックメタルの始祖」が創造した魅力的な物語は、緩急に富む難曲のような「勃興」と「滅亡」の人類史の顛末をいくらか含んでいた。

Metal Epic, Jan 2011
Cosman Bradley



*注釈1:英名「The House of Atreus」。『The House of Atreus, Act I』(1999)と『The House of Atreus, Act II』の2作品がある。
*注釈2:David Defeis。ヴァージンスティールのヴォーカリスト。作品のほぼすべての作詞、作曲を手掛ける。
▼続きを読む
スポンサーサイト

Land Of The Dead



Country: United States
Type: Full-length
Release: 2011
Reviews: 88%
Genre: Epic Power Metal


アメリカのニューヨーク出身、ジャック・スターズ・バーニング・スターの2011年発表の6th。


元ヴァージン・スティールのジャック・スター(Jack Starr:g)が率いるバンドの第6作目。「Limb Music GmbH」より発表。過去最もエピック・メタルに接近した作風であり、作品全体にヒロイックなムードが漂う。非常に完成度の高い楽曲群は、遂にバンドの才能が爆発したという印象。
なお、ゲストに元マノウォーのロス・ザ・ボスとデイヴィッド・シャンケルが参加。アートワークはお馴染みのケン・ケリー。ドラムは前作に続きライノ(Rhino:d)が担当。このメンバーたちから想像できる通りの音楽を作り上げている。従来のエピック・メタルのファンたちを裏切らない出色の出来。



1. Land of the Dead
2. Sands of Time
3. Twilight of the Gods
4. Stranger in Paradise
5. Here We Are
6. Warning Fire
7. Daughter of Darkness
8. When Blood and Steel Collide
9. On the Wings of the Night
10. Never Again
11. Until the End


▼続きを読む

Defiance



Country: United States
Type: Full-length
Release: 2009
Reviews: 86%
Genre: Epic Power Metal


アメリカのニューヨーク出身、ジャック・スターズ・バーニング・スターの2009年発表の5th。


「強力な新作を引っ提げて、ジャック・スターが帰還を果たした」
 ──『METAL EPIC』誌



1 経歴

「前作からおよそ20年振りに新作を発表するバンドなどいるだろうか」
それが我々の率直な感想であった。この劇的な復活劇はヘヴィメタル・シーンにおいても極めて珍しい事態であり、困惑と同時に周囲の期待感も高まっていた──

今回の主役ジャック・スターズ・バーニング・スターは、才能に恵まれながらも時代に恵まれなかったギタリスト、ジャック・スター(Jack Starr:g)が率いることでよく知られていた。1985年に第一作『Rock The American Way』(1985)でデビューを果たし、その後第2作『No Turning Back!』(1986)、第3作『Blaze Of Glory』(1987)と作品を発表。アメリカンなサウンドながらもジャック・スターの鋭いギタープレイが注目を集め、マニアの間で人気があった。しかし、ヘヴィメタルから逸脱した作風をなぞった第4作目『Jack Starr's Burning Starr』(1989)での失敗以来、ジャック・スターズ・バーニング・スターの活動は失速。また、その時期がヘヴィメタルの本格的な低迷期の始まりであったことも重なり、バンドは殆ど機能を失った。そして、それらしい傑作も生み出せないまま、ジャック・スターズ・バーニング・スターは時代の影に呑み込まれていった。
ファンなら誰もが承知の事実だが、ジャック・スターは元ヴァージンスティールのギタリストであった。既に"エピックメタルの帝王"として定着したヴァージンスティールのデイヴィッド・ディファイとは旧知の仲にある。ジャック・スターは完全に音楽活動を諦めたわけではなく、時折ディファイと連絡を取り合っていた。ジャック・スターズ・バーニング・スターの解散後、ディファイと共に結成したブルーズバンドは上手くはいかなかったが、1997年頃には『Sacred』なるデモ・テープを制作。これがレコード会社の目に留まり(しかし発売には至らなかった)、ジャック・スターのシーンへの復帰の第一歩へと繋がることになった。しかし二人はジャックの参加していた初期2作品の再発を巡り対立。この事態に決起したジャック・スターは新しいバンド、ガーディアンズ・オブ・ザ・フレイム(GUARDIAN'S OF THE FLAME)を結成し本格的に活動を再開するものの、ディファイとの溝は深まった。その後メディア上でいくつかの口論があり、二人の関係性は更に悪化。しかし苦難を経てシーンに復帰したジャック、同じくどん底からヴァージンスティールを軌道に乗せたディファイは、それぞれの目指す活動を続けていく道を選択する。

2 『Defiance』について...

ガーディアンズ・オブ・ザ・フレイムからのジャックのパートナーとして、トッド・マイケル・ホール(Todd Michael Hall:vo)とネッド・メロニク(Ned Melonik:b)は新生ジャック・スターズ・バーニング・スターに欠かせない人物であった。2008年、マノウォーのジョーイ・ディマイオの協力によってジャックのバンドが復活を遂げる際、ジョーイのレーベル「Magic Circle Music」との契約はもちろんのこと、不足していたドラム奏者に元マノウォーのライノ(Rhino:d)が迎えられることとなった。ようやく時代の風がジャックに追い風となったのである。
役者は揃った。ジャック・スターは長年溜め込んでいた創作意欲と磨き上げたギター・テクニックを観客に披露するように、この超強力な新作『Defiance』を一気に作り上げた。ジャック・スターズ・バーニング・スターの第5作目にあたる本作は、前作からおよそ20年振りの新作ということもあり、発表後、様々な意味でヘヴィメタルのファンを驚かせることとなった。事実、我々の抱いた"驚異"を最も具体的に物語っていたのが本作『Defiance』のサウンドであった。例えば第一作『Rock The American Way』の頃のジャック・スターズ・バーニング・スターのサウンドを想像していた向きは、間違いなく怒涛の衝撃にその身を委ねることになったであろう。過去のアメリカン・ハードロック的な要素は微塵も感じさせない、正しく「正真正銘のヘヴィメタル」が『Defiance』には詰め込まれていたのだ。本作の全体を支配している崇高な緊張感やヒロイック/エピックなドラマ性などは、間違いなくマノウォーからの影響だが、これらの要素が新しいジャック・スターズ・バーニング・スターの方向性を決定付けるものとなっていることも事実である。そしてこの方向性は、ジャック・スターズ・バーニング・スターが長年探していたものに違いない。
確かに時代は変わった。我々は過去に学ぶこともあるが、既に過去の表現方法を選択する必要性などどこにもなかったのである。現代に求められているのは硬派なヘヴィメタルである。本作が物語っていることは、ジャック・スター自身がこの事実を熟知しており、尚且つ『Defiance』に流れているような"正統派"の血脈を強く意識した、というものである。真の意味で爆発したジャック・スターが生み出した唯一無二の傑作──それがこの『Defiance』なのだ。



1. Inquisitor
2. Once and Future King
聖歌隊を彷彿させるコーラスから開始されるエピックメタル。静のパートを絶妙に駆使し、ダークでありながらも決して緊張感の途切れない内容が展開する。トッド・マイケル・ホールの大仰な歌唱も見事にはまる。
3. Defiance
タイトル・トラック。神秘的なピアノ・パートから大仰に展開していく正統派エピックメタル。
4. Day of the Reaper
ヒロイックな高揚感に包まれた楽曲。刻一刻と緊張感を高めていくリフ、雄々しいコーラスの導入など徹底してヒロイックな内容。聴き手の興奮は必至であろう。
5. Indian Nation
インディアン風の笛の音色とSEを用いたイントロが印象的。強烈なリフとウィスパーボイスの掛け合いは最高。アメリカ先住民の熱きスピリットに溢れた渾身の一曲である。
6. Black Clouds of Thanos
およそ9分に及ぶ大作。ダークな雰囲気を宿す重厚な楽曲。
7. The King Must Die
スピーディな正統派ヘヴィメタル。荘厳なコーラス、ヘヴィかつメタリックなリフで攻める。
8. Ancient Ones
ヴァージンスティールに通じるエピカル・リフを披露する楽曲。リズミカルなテンポでシリアスな世界観を構築する。耳を惹きつけるエキゾティックな旋律の使用にも注目すべきであろう。
9. Catch the Rainbow
レインボー(Rainbow)のカヴァー。
10. The Beast Inside
11. Evil Never Sleeps
ライブ音源。


▼続きを読む
JACK_STARR'S_BURNING_STARR_4th

Country: United States
Type: Full-length
Release: 1989
Reviews: 30%
Genre: Heavy Metal


アメリカのニューヨーク出身、ジャック・スターズ・バーニング・スターの1989年発表の4th。


本作が発表された頃はヘヴィメタルの衰退期であった。90年代初期にかけて、80年代に活躍したヘヴィメタル・バンドの多くは解散した。巨大なムーブメントといえどもいつかは過ぎ去るもの。ジャック・スターズ・バーニング・スターもその時代の風をすんなりと受け入れてしまった。故に再びジャック・スターが自らのバンドの活動を再開させるまでに、非常に多くの時間を費やさなければならなかったのだ...
第一期のジャック・スターズ・バーニング・スターの最後の作品である本作『Jack Starr's Burning Starr』は、これまでのシリアスな雰囲気が薄れ、第一作目の頃のアメリカン・ハードロック路線に回帰した作風である。要所に70年代ハードロックの影響も垣間見える。恐らく、ヘヴィメタルのファンは本作を受け入れないであろう。ドラマティックな要素が皆無であり、楽曲が短く単調であるためだ。ジャック・スターの良さが完全に死んでいる本作を敢えてシリアスなヘヴィメタルのファンが手に取ることは、今後ともまずないであろう。



1. Send Me an Angel
正統派に相応しいドラマティックな幕開け。70年代ハードロックの雰囲気を宿しながらテンポよく進む。
2. Bad Times
グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad)のカヴァー。
3. Fool for Love
軽快なナンバー。キャッチーなメロディやコーラスはハードロックのもの。
4. Hold Back the Night
スロウなテンポの楽曲。際立ったメロディもなく退屈極まる。
5. Love Can't Wait
キーボードを強調したバラード。
6. Out of the Blue
7. New York Woman
前作『Blaze Of Glory』(1987)の1曲目。何故彼らがこの位置に本曲を配したのかは分からないが、荒々しいサウンドには好感が持てる。リズミカルなテンポも良い。
8. Tear Down the Wall
緊張感が死滅した内容。ギターサウンドも弱々しい。
9. Break the Ice
勢いに溢れた楽曲。ドラマティックなフレーズは後半のソロに見られる。しかし、全盛期の鋭いヘヴィメタル・サウンドはこの時期のジャック・スターズ・バーニング・スターには微塵も残されていない。


▼続きを読む

Blaze of Glory



Country: United States
Type: Full-length
Release: 1987
Reviews: 78%
Genre: Epic Metal


アメリカのニューヨーク出身、ジャック・スターズ・バーニング・スターの1987年発表の3rd。


元ヴァージン・スティールのジャック・スター(Jack Starr:g)が結成したバンドの第3作目。ドラマティックな楽曲が増し、タイトル曲"Blaze of Glory"では、エピカルな方向性も垣間見せる。従来のアメリカン・ハードロックや正統派メタルなどのサウンド・スタイルを経て、徐々にエピック・メタルに接近している点は興味深い。やはりデイヴィッド・ディファイとジャック・スターの辿り着く道は同じだったのだろうか。



1. New York Woman
2. Tear Down the Wall
3. Stand Up and Fight
4. Overdrive
5. Blaze of Glory
6. F.F.Z. (Free Fire Zone)
7. Go Down Fighting
8. Burning Starr
9. Mad at the World
10. Mercy Killer
11. Metal Generation
12. Excursion


▼続きを読む

No Turning Back [Analog]



Country: United States
Type: Full-length
Release: 1986
Reviews: 85%
Genre: Epic Metal


アメリカのニューヨーク出身、ジャック・スターズ・バーニング・スターの1986年発表の2nd。


元ヴァージン・スティールのギタリスト、ジャック・スター(Jack Starr:g)のバンドであるジャック・スターズ・バーニング・スターは、彼の目標とする方向性を表現するために存在している、と言っても過言ではない。前作『Rock The American Way』(1984)は率直なアメリカン・ハードロックの作品であったし、ファンにはこれがジャック・スターの"やりたかったこと"だと思えたはずであろう。
しかし、本作『No Turning Back!』は前作の軽快なサウンドから一変、シリアスな雰囲気が大幅に増加している。アメリカの正統派メタルのサウンドを基盤とした楽曲の骨組みは相変わらずだが、卓越したメロディのセンス、硬派なヘヴィメタルらしいドラマ性に満ちた展開を有する本作は、どこか他の作品とは一線を画している。「ジャック・スターが目指していたヘヴィメタルはドラマティックなものであったのか」と感じさせる内容である。小奇麗なインストを用いたエピカルな作風は注目に値し、荒々しいリフとメロディアスなフレーズを使い分けるジャック・スターの鋭利なギターサウンドは既に完成の域に達している。同時期に発表されたヴァージン・スティールの『Noble Savage』(1986)も素晴らしいが、こちらも十分に魅力的だ。ジャック・スターには間違いなく才能がある。
恐らく本作『No Turning Back!』は、アメリカのニューヨークの地下で育まれた奇跡的な一枚であろう。この作品には過ぎ去った時代の泥臭い雰囲気が充満している。しかし、それは何処か懐かしく、魅力的なものだ。なお、本作には、デイヴィッド・ディファイ(David Defeis:key)がゲスト参加。これで異様にドラマティックなキーボードのアレンジにも説明がつく。



1. No Turning Back!
メロディックなフレーズから疾走を開始する渾身のタイトル・トラック。楽曲の持つエピック/ヒロイックな雰囲気は、やはりヴァージン・スティールと共通するものがある。
2. Light in the Dark
シンプルな構成ながらもヘヴィメタルらしいドラマティックな展開に彩られた名曲。古き良き時代の思い出として消化するには惜しい楽曲である。
3. Fire & Rain
ジェームス・テイラー(James Taylor)のカヴァー。メロウな雰囲気が憎い演出をする。
4. Call of the Wild
名曲。親しみやすい雰囲気も持つが、根底にあるのはオーソドックスなヘヴィメタルである。ヘヴィなサウンドとキャッチーなメロディが実に絶妙。後半のギターソロは情熱的で素晴らしい名奏。
5. Road Warrior
アップテンポの楽曲。高音域のヴォーカルが特徴的。
6. Prelude in C Minor
キーボードによるクラシカルなインストゥルメンタル。
7. Evil Never Sleeps
疾走感に満ち溢れた漢らしい楽曲。勇壮なメロディは本作の中でも特に抜きん出ている。ドラマ性に満ちた高い構成力は既に完成されているといっていい。後半からのギターメロディは極めて秀逸。
8. Path of Destruction
キーボードを効果的に用いたドラマティックな楽曲。小刻みなリフも良い。
9. M-1
ジャック・スターによる鋭利なギタープレイ。
10. Avenging Angel
ワイルドな雰囲気が漂う。メタリックなリフを刻み、スピーディなテンポで進む。
11. Run for Your Life
ジャック・スターズ・バーニング・スターのドラマティックな手法をすべて結集した名曲。妖艶な旋律、勇壮なムード、情熱的な高揚感を一気に爆発させる内容である。マニアたちにとっては、これが真のドラマティックなヘヴィメタルなのであろう。
12. Coda
ピアノとギターを用いた神秘的なエピローグ。本作に表現されたエピックメタル的なドラマ性は深い余韻を残す。


▼続きを読む

Rock the American Way



Country: United States
Type: Full-length
Release: 1985
Reviews: 70%
Genre: Heavy Metal


アメリカのニューヨーク出身、ジャック・スターズ・バーニング・スターの1985年発表の1st。


本作は、ヴァージン・スティールを脱退したジャック・スターが初のソロ作品『Out of the Darkness』(1984)を発表後に結成したバンドの第一作目である。内容はジャック・スターの鋭角なギターサウンドを主軸に構成され、アルバム・タイトルに相応しくアメリカンなヘヴィメタルを聴かせる。本作ではヴァージン・スティールで顕著であったシンフォニックなフレーズは大幅に抑えられ、ハードロック影響下の軽快なヘヴィメタルが大半を占めている。恐らく、ジャック・スターは本作に表現されたようなオーソドックスで大仰過ぎないシンプルなヘヴィメタルがやりたかったのであろう。何れにせよ、『Rock The American Way』のサウンドは、まさにアメリカのニューヨーク発祥のものだ。



1. Rock and Roll Is the American Way
キャッチーなコーラスを持つハードロック。まさにタイトルに相応しい内容を持つ。
2. In Your Arms Again
劇的なメロディを聴かせる必殺のアメリカン・ヘヴィメタル。メロディアスな雰囲気はまさにニューヨークの街を彷彿とさせる。
3. Woman
メタリックなリフを刻むミドル・テンポの楽曲。サウンドはヘヴィだが、軽快なノリは心地良い。
4. Heat of the Night
5. Born to Rock
6. She's on Fire
7. Live Fast, Rock Hard
本作は"ギタリスト"ジャック・スターのために制作されたような作品である。本曲でも縦横無尽なプレイが聴ける。
8. Fight the Thunder
軽快なテンポで疾走するが、ジャック・スターの鋭利なギターは冴えている。


▼続きを読む

Enter the World.


Open the Gates

Courts of Chaos

「これらはアーサー王伝説やロバート・E・ハワードの世界観を題材にした真性のエピックメタル作品だ」

 エピック・ヘヴィメタル界屈指の名作『Open the Gates』(1984)と『Courts of Chaos』(1990)は、長らく我々の手の届かない作品であった。過去、これらは辛うじてオークションなどで取引されていた品であったが、もはやその必要はなくなった。エピック・ヘヴィメタルのファンにとってアメリカの始祖マニラ・ロードの第3作目『Crystal Logic』(1983)が「Shadow Kingdom Records」より近年再発したことは記憶に新しい。隆盛の激しい現代において、この再発には意味がある──我々にとって重要な事実は、次に「Shadow Kingdom Records」より再発されるのが第4作『Open the Gates』と第8作『Courts of Chaos』だということだ。マニラ・ロードの叙事詩的なサウンドが完成したことでも知られる上記2作品は、今後は認知度を飛躍的に高める立場にある。アンダーグラウンド的なサウンドが未だに地上界との接触を妨げてはいるものの、『Open the Gates』、『Courts of Chaos』という素晴らしい傑作のアルバム・ジャケットを目にしたマニアたちの好奇心を押し止めておくことはできない。叙事詩的なヘヴィメタルが我々の目を忍んで密かに勢力拡大を図る今日では、始祖マニラ・ロードの遺産がミスティクな効力を発揮して、再びこの分野に貢献することになるであろう。


Open the Gates:

1. Metalstorm
2. Open The Gates
3. Astronomica
4. Weavers of the Web
5. The Ninth Wave
6. Heavy Metal To The World
7. The Fires Of Mars
8. Road of Kings
9. Hour of the Dragon
10. Witches Brew
11. Open the Gates
12. Witches Brew

Courts of Chaos:

1. Road to Chaos
2. Dig me no Grave
3. D.O.A.
4. Into the Courts of Chaos
5. From Beyond
6. A Touch of Madness
7. (Vlad) The Impaler
8. The Prophecy
9. The Books of Skelos


▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。