Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




夕陽のギャングたち 完全版 [DVD]

監督:セルジオ・レオーネ 公開:1971年、イタリア


「(お前が死んだら俺は)どうしろってんだ」
フアン


 アメリカ西部の雄大な土地で生まれ、男たちの血と汗で育まれていった西部劇は、徐々にその舞台をテキサスやカリフォルニアからメキシコ国境へと移していった。古くからアメリカとメキシコは重要な繋がりで結ばれており、この変化は当然のことのように思えた。かつてハリウッド製の西部劇は娯楽性に満ちた痛快な大活劇であったが、セルジオ・レオーネ監督の登場によりその概念は覆された。

 明確な勧善懲悪の定義はない。主人公のフアン(ロッド・スタイガー)は下劣な山賊であるし、その相棒となるジョン(ジェームズ・コバーン)ですらアイルランドとアメリカ両国の指名手配犯だ。本作では、この二人の人物の奇妙な出会いがメキシコ革命という混乱の渦中に翻弄されながらも芽生えた友情を通して、迫真のカタルシスを伴いながら時に叙事詩的に描かれていく。
 
 冒頭はフアンが蟻に放尿するという衝撃的なシーンから始まる。最初のジョンとのやり取りもユーモラスなものに過ぎない。フアンは山のような黄金があるというメサ・ベルデの銀行を襲うべく、爆発物の使い手であるジョンを仲間に加えようとする。フアンは「ジョンとフアンがいれば最強だ」と言い張って引き下がらない。しかし、メサ・ベルデの銀行に残されていたのは金ではなく、捉えられたメキシコの愛国者たちであったことから話は劇的に変わる。ここから物語は一変し、フアンは革命の英雄として祭り上げられ、否応なしに戦争へと巻きこまれていく。革命家でもあるジョンはメキシコのために戦うが、フアンは納得できない。「メキシコはお前の国なんだぞ」というジョンに対し、フアンは「俺の国は家族だけだ」と言い放つ。しかし迫りくる軍隊を前に二人で戦い橋を爆破するシーンでは、とうとうフアンも折れジョンに協力する。二人の間には友情が芽生え始めるが、現実は常に非情なものである。敵によって家族を皆殺しにされたフアンは、一人で敵地に乗り込んでいく。やがて捉えられたフアンを救ったのはジョンであり、二人は束の間の再会を果たす。列車の中で二人はアメリカへの夢を語り合う。恐らく新天地では良い暮らしが待っている。列車もアメリカ行きのはずであった。しかし革命の火の輪によってまたしても戦いに巻き込まれた二人が隠れる車両の中に、偶然にもメキシコの独裁者ウエルタ将軍が逃げ込んでくる。ジョンはフアンへと拳銃を渡す。ウエルタ将軍を見た瞬間にフアンは思い出す。メキシコ政府とドイツ軍に殺された家族の顔が脳裏を横切る。ウエルタ将軍は金の入った袋をフアンに手渡して一命を取りとめようとするが、フアンはウエルタ将軍に発砲する。

 果たしてフアンが手にしたかったものとは金だったのであろうか。数々の作品で金のために命を落とした人物を描いてきたセルジオ・レオーネ監督がこのシーンを導入した真意にこそ、人間の本質が隠されているように思えてならない描写である。最初フアンは金を手にするためにジョンを仲間にした。その金で家族と裕福な暮らしが送れると信じていた。しかしメキシコ革命の渦中でフアンの置かれる状況は大きく変わった。英雄として祭り上げられ、その代償として家族を失った。道具として利用するはずであったジョンに友情を覚えた。フアンを人間そのものに置き換えてみることも可能であろう。これは叙事詩でもあり、人間の葛藤でもある。そして巨大な社会に抗うことのできない人間の現実だ。最後のシーンにおける美しいジョンの故郷の回想と燃え盛る列車との凄絶な対比は、言い逃れようのない感情を我々に生み残す。ジョンに向かってフアンは叫ぶ──「どうしろってんだ」。果たしてその言葉は、ジョンだけに向けられた言葉だったのであろうか。最後にはタイトルである"Duck, You Sucker(関わるな)"という文字が大きくフアンの下に浮かび上がりエンド・クレジットが流れる。


Review by Cosman Bradley

▼続きを読む

Column the Column

volume 12. 9 June: 2011



 我々はコスマン・ブラッドリー博士のHR/HMレビューに関する心境の些細な変化を見逃すことがない。またその理由も執拗に追求するであろう。仮に、コスマン・ブラッドリー博士の探求が終わりを告げたとしても……


──近年あなたのレビューが客観性を欠いているという指摘があるが。
コスマン:音楽の好みは主観的に判断されている。また別の場合、他の影響力のある媒体に感覚が左右されることもある。評価とは個人的産物であり、一概に大衆の意見を組み込んだものではない。
──詰まるところ、あなたは自らの感覚で作品を取り上げていると。 
コスマン:膨大な作品を所有するうち、頻繁に聴くのは数枚に過ぎず、その他は暗い地下室で眠りについている。様々な分野に跨り模索するうち、探求にも終わりが見え始めた。
──あなたの過去のHR/HMレビューには、明らかに内容の質が異なる場合とがあるようだが。
コスマン:作品について語ることは少ない。精神を削るような長文は、特筆すべき作品にのみ贈られる高評価だ。
──個人的な評価の高い作品ばかりが取り上げられているのも問題だ。最も、あなたの過大評価を受けた作品は大衆には向かないようだが。
コスマン:もし生涯の時間が限られているとして、私たちは何を選択していくべきであろうかと考えたことがある。人生は蝋燭の炎のようにぱっと消えていく。それを身近に感じるようになった。
──やはりあなたは個人的感情をレビューに混入させている。
コスマン:私はジャーナリストでもなければ、社会主義者でもない。エピックメタルのファンであり、好古家であり、隠者であり、理想主義者であり、人類の本質と起源を探究する探索者だ。
──望まれるかどうかに関わらず、あなたは今後もHR/HM作品のレビューを続けていくのか。
コスマン:ヴァージンスティール(Virgin Steele)とバルサゴス(Bal-Sagoth)が私にとっての目的地であった。何もない暗黒の荒野から始めた暗澹とした作業は、円環が閉じるように、収まるべきところに収まろうとしている。今やそれらの総評は終わりを告げ、私の絶望的な精神は自由になった。私は束の間の時間を大事にするだろうし、全く無駄に過ごすかも知れない。この世界は怠惰な退屈に満ち溢れており、娯楽と呼べるものは何の快楽も呼び起こす力も持っていない。私はようやく見つけた宝物を持って理想郷に旅立つか、もしくは気紛れにまたこの世界に戻ってくるかも知れない。その時は、昔のように知識を文字にして伝えようと考えている。
──あなたはHR/HMレビューの仕事を放棄して、現実から逃れようとしている。我々の指摘に間違いはないはずだが。
コスマン:真実は、私ですら知り及ばない。
──しかし……、我々の手元にはあなたのHR/HMに関する過去の資料があるから、当分は『METAL EPIC』誌のコラム欄が空白になることはないであろう。
コスマン:それらの資料の権利は既に『METAL EPIC』誌に譲り渡した後であり、私は提示された金額を受け取るのみとなっている。



▼続きを読む

Re-Release of Bal-Sagoth Epics.



The Power Cosmic

Atlantis Ascendant

The Chthonic Chronicles


The Columns...




 私たちがバルサゴスの素晴らしい音楽に出会ってから随分と過ぎたが、私たちはもうバルサゴスの新しい音源など発売されることがないと思い込んでしまっていた。バルサゴスの栄光に満ちた6枚のアルバムを聴くことで、その些細な喪失感は簡単に拭えたものだが、やはりシーンからバルサゴスが完全ではないにしろ消えてしまったことは大きかった。一部の熱心にバルサゴスを追求する地下のファンたちは、もうバルサゴスの新しいアルバムが発表されることはないと思い込んでいるし、バンドのブレインである偉大な詩人のバイロン・ロバーツでさえ、過去の煌く紋章のような──あるいはバルサゴスという焼印を押されたシンボルのような──栄光が失敗によって汚されることをひどく恐れている。
 よく私たちが知っているように、名作と呼ばれた作品の続編が名作を越えるということは少ない。例えばヴァージンスティールの"マリッジ作品"における成功例は極めて異例のことであるし、ヘヴィメタル界では傑作の次に傑作を持ってくるバンドなど極めて少ないのだ。映画の世界でも、名作の続編が退屈で心底がっかりさせられた、などという経験は誰もが持っていることだ。確かにバルサゴスの6thに続く続編が、全く方向性が変わった現代的な内容だとしたらファンは不満を覚えるであろうし、近年のあのブラインド・ガーディアンの失敗例を思い出すことになろう。しかし、私たちが行ったことは膨大なヘヴィメタルの資料の中からバルサゴスを選択したということであり、歴史と同様に、過去は変えられないのだ。バルサゴスのバイロン自体、選択することの重要性をよく心得ていることであろう。
 私たちは正しい選択をした。バルサゴスの忠実なファンでもある私たちは、バルサゴスの残した宝物を聴き込むとして、ここに新しく再発された音質の良い過去の作品を手に取らなければならない。この貴重な機会にバルサゴスを発見した新参者は幸運である。なぜなら、私たちのような古いファンが既に知っているように、バルサゴスの壮大な世界が眼前に広がっていく時の驚異を目にする──耳にする──ことができるからである。開け放たれた知識をどう使うかは全く持って私たちの意志の自由であるが、私たちが最良の選択をしたことだけは確かである。そして私たちは、まさにバルサゴスによって、生涯で最も輝かしい思い出を手に入れることが出来たのだ。

Metal Epic, Dec 2011
Cosman Bradley


追記:なおバルサゴスの再販盤のクレジットは4th「The Power Cosmic」(1999)、5th「Atlantis Ascendant」(2001)、6th「The Chthonic Chronicles」(2006)となっており、2011年末に欧州で発売された後、2012年の1月に米国で発売された。再販盤は豪華デジパック仕様、デジタル・リマスター、歌詞及びアートワークの追加が施された。 ──『METAL EPIC』誌2012年一月第一号より



▼続きを読む
ザ・ヴァランジャン・ウェイ~大海原の覇者~

TURISAS the 2nd album in 2007 Release
★★★★★★★★★☆...(傑作)

チュリサスの2007年発表の2nd。


シンプルに『Battle Metal』(2004)と題された第一作で鮮烈なデビューを飾ったフィンランドのチュリサスだが、次作で更に濃密な内容のコンセプチュアルな作品を発表することは、安易に予想できた。 前作に収められた内容から我々が感じ取ったことは、まずチュリサスがエピカルでサウンドトラックのような壮大なヘヴィメタルを目指しているということであった。それは『Battle Metal』でも大まかに表現されはしたが、チュリサスは更なる可能性を秘める要素を多く持っていた。事実、普遍的なバンドであるならば途中でやめてしまうような大仰極まりない楽曲を何のためらいもなく作り上げるウォーロード・ナイガルド(vo、key)は、確かにとんでもない才能の持ち主であった。
今回ウォーロードは自らが旅をした体験をヒントにして北欧人の旅の物語を作り上げた。中世のヴァイキングたちはかつて"ヴァランジャン(これはヴァイキングの一派の名でもある)"として知られていたルートを通り、様々な困難や冒険を潜り抜け、最終的にはコンスタンティノープルの城塞を目にすることになる。本作『The Varangian Way』に収録された楽曲群は、すべてそのストーリーに基づくものだ。我々はチュリサスの圧倒的な進化を遂げた本作を聴き、スペクタクル映画のような興奮と感動を味わい、古い時代の人々が体験したことを一瞬垣間見ることになる。広大な大洋に投げ出された一艘のヴァイキング船の如く、我々は新たな土地を、新たな出会いを享受するのである。およそ40分という短い本作を聴き終えるのが如何に早いことを惜しまずにはいられないが、素晴らしい時間とは一瞬にして消え去ってゆくものだ。そう、恰も中世のヴァイキングたちの身をなじる北風のように……


1. To Holmgard and Beyond
勇壮な漢たちによる泥臭い船出の回想を漂わせる、感動的な楽曲。本作ではウォーロードがすべてクリーンヴォイスで歌っている箇所にも注目したい。
2. A Portageto the Unknown
ロシアの地を通るヴァイキング一派の様子を描いた楽曲。方向性は#1と似通っているが、こちらの方が落ち着いた雰囲気を宿している。当然の如く、サビでは大仰なクワイアが聴ける。
3. Cursed Be Iron
デスメタル的な攻撃性を宿すパートが印象的。
4. Fields of Gold
勇猛果敢な雰囲気を纏って突進するチュリサスの真骨頂。無論唐突に勇壮なだけではなく、本作の歴史を題材にしたストーリーであるように、重厚感に伴った説得力も加わっている点は是非とも特筆しておきたい。
5. In the Court of Jarisleif
民族的であり、ダンサブルなナンバーである。
6. Five Hundred and One
本作のハイライト。一同の運命を左右する重要な局面を描く。後半のまるで映画のような展開は、聴き手に怒涛の興奮を引き起こす。
7. The Dneiper Rapids
ギリシアの文化が息づく地域では、その土地にあった音楽性を取り入れる。例えばこの楽曲のように、幽玄なクワイアが追加されるのだ。
8. Miklagard Overture
一行は遂に目的地であるコンスタンティノープルに到達する。まさに栄光を勝ち取ったかのような燦然たる内容は、壮絶な余韻を残し、本作が紛れもない傑作であることを再確認させられることになる。
9. To Holmgard And Beyond
#1の別ヴァージョン。
10. Rex Regi Rebellis 
前作収録の名曲のフィンランド語ヴァージョン。重厚感を増した本作のサウンドによって生まれ変わったこの名曲は、圧倒的な陶酔感を抱かせるまでに壮大な内容となっている。



Review by Cosman Bradley
▼続きを読む