Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

Holy Land

ANGRA the 2nd album in 1996 Release
★★★★★★★★★☆...(傑作)

アングラの1996年発表の2nd。


『METAL EPIC』誌より抜粋:

「"ホーリーランド"というのは実際にある国ではなく、人々の心の中にある国なんだ」
アングラの第2作目にあたる本作『Holy Land』について、アンドレ・マトス(vo)は過去に興味深いことを述べている。ブラジルの過去、現在、未来を叙事詩的に描いたコンセプト・アルバムである本作は、情熱的な民族主義と愛国心に溢れた作品であり、世界中にブラジルという国を認知させることに大きく貢献した。叙事詩的なヘヴィメタルから人間の本質、及び起源を探ることに研究を重ねてきた我々は、本作がその終りなき過程において幾つか重要な意味を持つことを知った。"ホーリーランド"の思想は、紛れもなく我々にとって空想上の理想郷を指し示しており、多くの人間がこれまでに小説や絵画を通してその世界を表現しようとしてきたものである。いかなる人間にでも"ホーリーランド"は存在する可能性がある。しかし、現実という必然性によってそれらを破壊してきたのは、過去も現在も無慈悲な我々であった。
アンドレ・マトスは本作において、この『Holy Land』を通して人間の本質を見出して欲しいと考えている。その例として、16世紀のルネッサンス時代を背景にしているが、芸術的な作品からそれらの真実を引き出すことの可能性についても指摘している。芸術とは人間の最も根源的な想像力や信仰心から生み出されたものだが、それらの断片にこそ人間の本質が宿っているというのである。人間を縛り付ける法律や社会性が我々を軍人めいた役人に変えてしまった現在、芸術的作品に対して人間の極めて抑圧されない部分が解放されるということはあろう。多くのヘヴィメタル作品が攻撃的な人間の本質を包み隠さず表現してきたように、かつての古代ギリシア人らが野蛮ながらも築き上げた芸術の礎を、本作は未来への跳躍という意味合いで用い、深遠なヘヴィメタルとクラシック音楽との融合で完成させた、奇跡的な一大叙事詩なのである。我々は本作を何度も聴き、整然と整った楽曲の奥深くに眠っている真の意味を探し出さなくてはならない。


1. Crossing
16世紀の作曲家、パレストリーナの楽曲をモチーフとしたイントロダクション。内容は、インディアンが遠い国々の音楽を耳にするという設定である。
2. Nothing To Say
アメリカ大陸発見の後、スペイン人らによってアメリカ原住民は虐殺され、その文明は滅亡した。ブラジルのパーカッションを取り入れた緻密なメロディック・パワーメタルである。その疾走は軽やか。
3. Silence And Distance
生命の源である海について歌う。静寂に包まれた冒頭部分は、恰も広大な海洋であるような雄大さを物語っている。また民族的なエッセンスに満ちたヘヴィメタル・パートは、本作でも出色の出来である。アングラは独特な音楽性を極めて繊細にまとめ上げている。
4. Carolina IV
タイトルは船の名前に由来し、本曲はその航海を描いたものである。ラテンのリズムを大胆にアレンジした大作であり、本作を代表する傑作であろう。まさにアングラの音楽的ルーツを感じさせられる独特の内容を有する。
5. Holy Land
アンドレ・マトスが語るには、"ホーリーランド"はすべての人種を一つにしてくれるという。本作はブラジルの文化や歴史を世界に認知させるという目的もあるが、その試みは深淵で素晴らしい本曲によって間違いなく成功した。フルートの音色も相俟って、民族的かつ神秘的な雰囲気を醸し出している。
6. The Shaman
インディアンの呪術師についての楽曲。古い世界の民族には、神の代弁者が必要不可欠であった。強力なメロディを秘めた楽曲であり、後半には実在の呪術師の肉声も登場する。スリリングな展開は強烈に耳を惹きつける。
7. Make Believe
オルガンを使用した、古い時代を彷彿とさせる楽曲。
8. Z.I.T.O.
バロック的なスピード・メタル。前作で提示したヘヴィメタルとクラシックの融合というスタイルの発展型である。流麗なマトスの歌唱によって、楽曲は説得力に溢れている。
9. Deep Blue
死は新たな時代の始まるきっかけでもある。果たして、その時代がルネッサンス時代に似通ったものであるか否かは、誰も知るところではない。神聖な雰囲気を醸し出すバラードである。作品の終盤に向けてバラードを導入するところは、コンセプト・アルバムらしい。
10. Lullaby For Lucifer
善と悪の共存。波の音が静かに聴こえてくる箇所は、#1"Crossing"に繋がる。その瞬間、我々は物語が一つ終わったことを知る。



Review by Cosman Bradley
▼続きを読む
エンジェルズ・クライ

ANGRA the 1st album in 1993 Release
★★★★★★★★★★...(神盤)

アングラの1993年発表の1st。


ヘヴィメタルが世界進出した事実を物語るように、アングラのヴォーカリストであるアンドレ・マトス(vo)が以前に在籍していたバンド、ヴァイパーも南米のブラジルの出身であった。ヴァイパーはクラシカルなメロディック・パワーメタルのスタイルで人気を博したバンドであり、その圧倒的な作品の完成度故に根強いファンは多く存在した。その卓越した楽曲群の大部分を担っていたのは、間違いなくアンドレ・マトス本人であったことは間違いない。
ヴァイパーを脱退したアンドレ・マトスはクラシック音楽を深く学び、新たに結成したバンド、アングラで第一作『Angels Cry』を発表した。ガンマ・レイのカイ・ハンセンらが一部で参加した本作は、メロディック・パワーメタルの伝統を踏襲したものであった。しかし、アンドレ・マトスのクラシックに対する深遠な学習は、本作の個性的なヘヴィメタルを創造することにおいて大きな効果を発揮し、各所で魅力的な旋律の導入や有名作曲家の楽曲をアレンジするに至っている。母国ブラジルのラテン音楽や民族的リズムを導入したことも、アングラの根本的な音楽のルーツを表現する意味合いにおいて成功を収めた。細分化したヘヴィメタルにおいても、民族的アイデンティティは忘れてはならない。アングラはそのことを良く知り及んでいたようだ。
疾走するメロディックなリフに壮麗な古典音楽風の旋律が乗る様は、長らく伝統的な分野であり続けたヘヴィメタルに新たな風を吹き込んだ。我々がこれらのスタイルをヘヴィメタルとクラシック音楽の本格的な融合であると指摘するようになるためには、この分野が認知されるのに加え、ある程度の時間を費やしたが、やがて本作をその代表的作品として認めることに落ち着いた。本作は、ヘヴィメタルの歴史の変化を描いた、ある一つの時代の絵画の切り抜きのような、記念碑的な作品なのである。


1. Unfinished Allegro
シューベルトの交響曲第8番"未完成"の第1楽章をモチーフとした劇的なイントロダクション。
2. Carry On
ヘヴィメタル史に残る名曲。壮麗なまでに美しい旋律が激流となって、一瞬のうちに聴者の肢体を駆け巡る。アンドレ・マトスの透き通る声は、芸術的な楽器の如き神妙さである。
3. Time
早くもブラジルらしさが浮き彫りとなっている楽曲である。バンドの実力の他に、この個性が他のバンドと一線を画す原因となったことは、多くの者が知る限りである。
4. Angels Cry
バンド名でもあるタイトルは、ブラジル神話の火の女神を起源としている。楽曲はハロウィンからの影響が顕著なものだが、タイトル・トラックに相応しい劇的な名曲に仕上がっている。
5. Stand Away
ブラジルの古謡的なパートで幕開け、次にクラシカルに展開する。アングラはラテン音楽を巧くメロディック・パワーメタルに取り込んでいる。その情熱的な曲調が更なる高揚感を生み出すことになった。
6. Never Understand
静かに盛り上がる佳曲。プログレッシブな内容も含む。本作の楽曲の完成度には驚かされるものが多々ある。
7. Wuthering Heights
ケイト・ブッシュのカヴァー。この世界的名曲をアンドレ・マトスが歌おうものなら感動は必至であろう。
8. Streets of Tomorrow
メロディアスなフレーズとクラシック、更にはブラジル音楽の雰囲気も宿した楽曲である。静と動を駆使した楽曲の構成も素晴らしいの一言に尽きる。ギターソロのメロディも非常に質の高いものだ。
9. Evil Warning
ジャーマンメタルをベースとしながらも、自己流にアレンジしたメロディック・パワーメタルが見事に花開いたともいうべき名曲。疾走するドラマティックなリフにラテン音楽的旋律が加わる個所は斬新である。
10. Last Child: I the Parting Words/II Renaissance
クラシックからの影響を覗かせる古典的なバラード。組曲であり、緩急に富んだダイナミクスを駆使している。作品の幕引きとしては、余韻を残す手法であり申し分ない。



Review by Cosman Bradley
▼続きを読む
 コスマン・ブラッドリー博士は、記者の「何故文章による総評に拘るのか」という質問に対し、以下の記事を抜粋した。



『METAL EPIC』誌2010年10月23日号より:

 HR/HMのレビューは、古くから行われてきた作業であり、貴重な情報源に等しかったが、時代と共にレビューの方法も変化しつつあるようだ。昔の音楽雑誌を覗いてみると、如何に文章でHR/HMの作品を解説しようかという試みが顕著である。過去のインターネットが普及していないこれらの時代では、バンドや作品の情報量も乏しく、ヘヴィメタル作品は特に購入しなければ聴くことが出来なかった。
 しかし現代、無料動画サイトではあらゆるバンドの楽曲を視聴することが可能となり、我々はレビューの方法を変えることを強いられた。あるいは、より簡易な方法へとHR/HMレビューが移行していったと述べるのが正しいであろう。我々が機能的な生活必需品を即座に購入しようとする動機であるように、ヘヴィメタルのレビューも簡易な方向性へと移り変わる定めにあったのだ。文章で必死めいて作品の内容を伝えようとしていたHR/HMレビュー記事は極端に少なくなり、コードをコピーして貼り付ける動画が作品の内容を饒舌に語るようになっていった。記事に動画を貼り付ける作業は、丁寧な文章を執筆するよりも遥かに楽な作業に落ち着き、制作時間は大いに短縮された。その間、我々は別の作業に勤しむことが可能である。かくして、我々はより多くのHR/HM作品を知ることとなり、検索機能によって即座に希望する楽曲を視聴することが可能となったのである。
 視覚は聴覚に勝るといわれるが、HR/HMレビューに関してもそれは同じであった。目を細める文章を読むことに比べ、動画による視聴の方が有益である事実は既に疑いようがない。ヘヴィメタル作品の文章によるレビューはあくまで個人の感想に過ぎず、動画は確実な信憑性を所有している。ヘヴィメタルに限らず、音楽の無料動画を扱ったサイトの客足は非常にいいようだ。ならば我々は自らのブログに動画を貼り付け、簡潔な言葉と共に、バンドという形態を有する人間が心血注いで完成させた作品をざっくばらんに紹介することは、当然の成り行きであろう。




 
▼続きを読む