FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「画廊 」カテゴリ記事一覧


画廊:『伝説となった歯科医』

PAP_0030.jpg

コメント:コメント:実在した西部のガンマン、ドク・ホリデイ(Doc Holiday)の鉛筆画。原画オークション出品中。

ヤフオクURL>>https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x504176557


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:『早すぎた男』

PAP_0033.jpg

コメント:実在した西部のガンマン、ジョニー・リンゴ(John Peters Ringo)の鉛筆画。原画オークション出品中。

ヤフオクURL>>https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t531732449


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:リー・ヴァン・クリーフ

 

コメント:アメリカ人の俳優、リー・ヴァン・クリーフ(Clarence Leroy "Lee" Van Cleef, Jr, 1925 - 1989)の鉛筆画。リー・ヴァン・クリーフは主に1960~70年代のイタリア製西部劇(マカロニ・ウエスタン、スパゲッティ・ウエスタン)で活躍し、西部劇を代表する偉大なスターの一人となった。代表作は『夕陽のガンマン(Per qualche dollaro in più)』(1965)、『続・夕陽のガンマン(Il buono, il brutto, il cattivo)』(1966)、『怒りの荒野(I giorni dell'ira)』(1967)、『西部悪人伝(Sabata)』(1969)等。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:「ヘロドトス」

Herodotus 

コメント:古代ギリシアの歴史家、ヘロドトス(Herodotus)の鉛筆画。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:「西部への憧れ」

 

コメント:雄大な西部を想像した鉛筆画。アメリカ西部は多くの男たちにとって懐かしい故郷であるし、生活していくのが困難な厳しい土地である。しかし私たちの憧れの中では、幼い時に夢見た西部の情景が終ぞ変わることはない。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:「エドガー・ライス・バローズ」

 

コメント:用語集3:"エドガー・ライス・バローズ"』用に書いた鉛筆画。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:「H・P・ラヴクラフト」

 

コメント:用語集2:"H・P・ラヴクラフト"』用に書いた鉛筆画。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:「ロバート・E・ハワード」

 

コメント:用語集1:"ロバート・E・ハワード"』用に書いた鉛筆画。個人的な絵の中では最も気に入っている。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:クラーク・アシュトン・スミス



コメント:若い頃のクラーク・アシュトン・スミス。老齢のスミスも貫禄があるが、若くして知性を秘めた明敏な眼をしている。スミスは若くして詩集を自費出版し、ウェブスター辞書やブリタニカを何度も読み返した。それが後の幻想小説の執筆にも役立ったのだという。自らの思い描く世界を表現するためには優れた言語力がなければ実現しない、というスミスの考えは最もであろう。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

画廊:メガデス2

 

コメント:アメリカのインテレクチュアル・スラッシュメタルバンド、メガデスのマスコットキャラクター"ヴィック・ラトルヘッド(Vic Rattlehead)"の鉛筆画。メガデスに限らず、ヘヴィメタルのアルバム・ジャケットは面白いイメージの作品が多く、このように絵にして摸作することもしばしばであった。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"

CODEX EPICUS

by Battleroar (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Conqueror's Oath

by Visigoth (2nd album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。